スポンサーリンク

【MLB契約】2019全休のセスペデス、サラリーを29Mドルから14Mドルに下げることに合意(追記あり)

足の怪我が続いて2019年は全休

 現地2019年12月13日、ニューヨーク・メッツが文言最優先の契約に対してやや強めの主張を展開。結果的に双方合意のコスト削減に成功しました。

 メッツのブロディー・バン・ワゲネンGMは選手会にヨエニス・セスペデスの2019年のサラリーに対する苦情を申し入れました。選手会側もメッツ、セスペデス双方の意見を聞き入れ、結果双方合意のサラリー削減となっています。

ヨエニス・セスペデスの現契約

 ヨエニス・セスペデスは2016年11月に、メッツと4年/$110Mの契約延長に合意。支払いは以下のスケジュールでした。

  • 2017: $22.5M
  • 2018: $29M
  • 2019:$29M
  • 2020: $29.5M

 AAV(Annual Average)、つまり年平均の額で$27.5Mとなったこの契約は、アレックス・ロドリゲスのAAVと同額で、当時1位だったタイガースのミゲル・カブレラの$29.2Mに次ぐ高い契約でした。

 現地2019年12月14日時点ではトラウトが$35.5M、レンドンが$35Mで、それを上回っています。

2019年の新サラリー

  今回双方が合意した2019年のサラリーは$14,811,828へ。186日中の95日分稼働という形で$29Mの約半分で合意した模様。

2020年の新サラリー 

 2020年のサラリーは$29.5Mでしたが、こちらも変更を加えたと報道されており、額は明らかにされていません。

 ただ、$10M保証でパフォーマンスボーナスとして$29.5Mになるように設定したとも言われております。アクティブ・ロスターに入るかどうかということも影響してきそうです。

(追記)2020サラリー出ました

 現地2019年12月21日、2020年のサラリーが出ました。$6Mに決定です。ただし、救済策もあって650 PA(打席)で$20 Mになる設定です。

 セスペデスが650PAを達成しているのは過去1度。タイガースとメッツに所属した2015シーズンの676のみ。アスレチックスとレッドソックスに所属していた2014シーズンは645PAのみ。休み明けのシーズンでなおかつ若手が出てきている中でかなり高いハードルと言えるでしょう。

セスペデスの怪我の履歴

 ヨエニス・セスペデスは現地2019年5月19日(土)に自身の牧場で足を穴にはめて右足首を複雑骨折。これからという時にシーズンエンディングとなり2019年は全休。

 それまでも故障が続いていて、2018シーズンは5月半ばからオールスターブレイクまでお尻の屈筋を痛めてIL入り。復帰直後の7月下旬にはカカトの骨棘を取る手術を行ったことでシーズンエンディング。カカトの骨棘の手術は両足でした。

セスペデスの2017年から2019年のスタッツ

 4年の延長契約を行ったものの、契約期間中の過去3年のセスペデスのスタッツをまとめるとこのような数字です。

  • 2017: 81試合/BA .292/ OBP .352/SLG .540/ HR 17/RBI 42
  • 2018: 38試合/BA .262/ OBP .325/SLG .496/ HR 9/RBI 29
  • 2019: 全休

 3年間で486試合中、119試合しか出ていないことになります。

大型契約期間中での見直し

 メッツの手続きが正当だと思うのは一旦は選手会をきちんと通したことだと思います。選手会側としても大型契約で釣っておいて都合よく選手のサラリーが下げられる悪用を防ぐ必要がありますから、合意の上で下げたことはよかったのではないかと思います。

 そうでもしなければ、トロントとトゥロウィツキーのケースにように文言最優先だと返ってこれからの選手の契約にも影響を及ぼしかねないと思いますから。

セスペデスは復帰するか? 

 状況とすれば復帰するしかないわけですが、実際体調はどこまで回復しているのかは定かではありません。11月にマイナーのコーチがセスペデスの打撃練習をSNSにアップしましたが、すぐにデリートしましたので状態はわかりません。

 打撃もさることながら、あの驚異的なスローをまた見てみたいですね。

 メッツはもちろん知っていると思いますが、非常に厳しい立場ですね。状態がヘルシーであることが保証されないと、トレードというカードも切りにくくなるので、これからメッツがセスペデスに対してどういう対応をしていくのかが見ものです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました