【MLBオープニング2020】レッズ・秋山選手、デビュー戦でタイムリーシングルを放つ

良いなと思ったらシェアお願いします

秋山選手も開幕戦メジャー・デビュー

 今季からメジャー挑戦となる秋山翔吾選手も現地2020年7月24日、筒香嘉智選手と同様に開幕戦でメジャー・デビューを果たしました。

 間違いなく、開幕戦をスターターとしてデビューすると思われていた秋山選手でしたが、意外にもベンチスタートとなりました。

デービッド・ベル監督、固くきました

 対戦相手のデトロイト・タイガースの先発は、ここ数年トレードの引き合いが多い、左腕のマシュー・ボイド。

 相手が左腕のボイドということで、レッズのデービッド・ベル監督は固く来ました。左vs左ということで、レッズはLFに右打者のフィリップ・アービンを起用してきました。

 CFにはニック・センゼルを起用しています。プールで肩を負傷したユージニオ・スアレスは無事に戻ってきました。

アキーノ

 2019シーズン、56試合でOPS .891、19 HR、47 RBIと 衝撃的な活躍をしたアリスティディス・アキーノは調子が上がらず、タクシースクワッド扱いです。

 ちょっと残念ですね。

秋山選手、6回裏に登場

 5回を終了して4-1とリードしていたレッズ。6回裏、タイガースの投手がマシュー・ボイトから、ホゼ・シスネロに代わったところで、秋山選手が登場。

 2アウトランナー1・2塁という場面でした。

初打席で初ヒット

 秋山選手は初球はストライクを見送り。さすがに球筋などを見ていったと思います。2球目は狙いに行くもファウルとなり、2ストライク。3球目はボール。4球目、5球目はファウルで粘り、6球目。相手投手がまっすぐ一本だったために、秋山選手も絞りやすかったのではないかと思います。4シームを叩いた打球は、CF前に抜けるヒットに。

 メジャー初打席での初ヒットとなりました。

 Congratulations!

 これで2塁ランナーのフレディー・ガルビスが還り、秋山選手に1打点。レッズは5−1とリードを広げます。

第2打席は2Bゴロ

 そのままゲームインした秋山選手は、8回裏に第2打席が回ってきましたが、この打席は2Bゴロに終わり、この日は2打数1安打、1打点。

 素晴らしいメジャー・デビュー戦となりました。

 そしてよかったのは打席だけではありません。

8回の守備でナイスキャッチ

 8回表の守備では、左打者のハロルド・カストロの大きな難しい当たりをショルダー・キャッチ。守備でもその片鱗を見せています。

ソニー・グレイ、6回を被安打3

 ゲームはレッズが7−1で勝利。先発、ソニー・グレイが6回を被安打3、失点1、奪三振9に抑える好投を見せ、タイガースに流れを渡しませんでした。

ムース、3安打 

 なお、ニコラス・カステヤーノスとマイク・ムスターカスもレッズ・デビューとなりましたが、カステヤーノスは1安打、ムースに至っては、3安打4打点と大暴れしています。

 レッズ、いい流れですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!