スポンサーリンク

【MLB2018】大谷選手が3試合連続HR!エンゼルスは6点差を逆転!

開幕前の評判を払拭

上のツイッターのタイトルの”hype”は「過剰に宣伝された人」という意味ですが、今回の活躍を見るまでは、アメリカではこのような論調が大半でした。”Overrated”「過大評価された人」とか、結構、厳しい言葉を浴びせておりました。

しかし、前評判通りというかそれ以上の活躍だ!という意味の”Believe the hype”。

払拭してくれましたね。

気にしないところが素晴らしい

もっとも、大谷選手ご本人の素晴らしいところは、そんな第三者の目線など気にもとめていないように思えるところですね。全く意に介さず、自分の信じたとおりというか、野球そのものを楽しんでいるふうに見えます。いやはや、本当に大人ですね。

3試合連続HR!

現地2018年4月6日、アナハイムで行われたアスレチックスとの3連戦の初戦でも大谷選手がまたやりました!8番DHで出場。3試合連続のHRを放ちました!しかも、当たりというか音が凄かったです。

ちなみにプホルズは1Bでの出場でした。

しかも、このゲームは大谷選手がHRを放つまでエンゼルスは先発のパーカー・バードレル(Parker Bridwell #62)が2回までに3被弾と崩れて0−6のビハインドであったという状況。

反撃の狼煙は大谷選手のHR

大谷選手のHRで1点を返し、これがエンゼルスの打撃に火をつけました。チーム内で負けてられない!というようないい競争意識が働いているように思います。

リリーフ陣がこらえきれず

エンゼルスは2番手のノエ・ラミレスが代わりばなにタイムリーを打たれたものの、3番手のブレーク・ウッドとともになんとかなんとか火消しに努めました。そして、チームに流れを引き寄せ、4回裏に3本のタイムリーが出て4点を上げ、5−6と1点差まで追い上げます。

しかし、4番手のキャム・べドローシアンがマット・チャップマン(大谷選手の初登板でHRを放った選手)に2ランHRを浴び、再び3点差に。

A・シモンズが追撃のタイムリー

今日のエンゼルス打線は粘りがありました。追加点を奪われた5回裏、シモンズのタイムリーと大谷選手の押出四球で2点を返し、再び1点差に(7-8)。

7回表、またしてもHRを浴びて2点差となったところでさすがに流れはオークランドかと思われましたが、その裏、エラーによる2得点とジャスティン・アップトンの3ランHRで5点を奪い、12−9と逆転。

大逆転

8回裏にも大谷選手が打席の時にワイルドピッチで1点を奪い、13−9で大逆転しました。

ちょうど昨年の今頃もミラクルな逆転勝ちを納めていたエンゼルス。もともと粘りのある打線が大谷選手の加入でさらに得点力が上がりましたね。

このゲームを見たお客さんは、さぞ楽しかったでしょうね!!羨ましい。

大谷選手は4打数1安打2打点と活躍。ゲーム終了時点での打率は.389。

(2018年4月6日の大谷選手の成績)

1打席目 2回 ソロHR

2打席目 4回 CFフライ

3打席目 5回 満塁で四球(押出)

4打席目 8回 空振り三振 (カシーヤのナックルカーブ)

 

大谷選手、投手としての登板は現地2018年4月8日。日本時間2018年4月9日(月)夜中2時の登板です。

登板前日ですから、現地2018年4月7日(土)の出場はないのではないか?と思われますが、どうでしょうか。ひょっとしたら、代打ならあるかもしれません。もし先発で出場したら、アメリカがひっくり返りそうですね。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました