スポンサーリンク

【2021NLCS_G3】ベリンジャーが8回に同点3ラン!ドジャース生き返る

スペシャル・イベント

ブレーブス 5, ドジャース 6 (ATL 2勝1敗)

 現地2021年10月19日、NLCSのGame3がロサンゼルスで行われました。東部時間で17時過ぎに開始のゲームはロサンゼルスのローカルタイムでは午後2時のファーストピッチ。

 日差しの強いデーゲームで、波乱の展開となりました。

ブレーブスにスイープされると思ったものの

 ここまではブレーブスの2連勝。いずれもサヨナラ勝利で、しかも内容がよく、特にブルペンが素晴らしく機能。さらに攻撃では好走塁が要所で見られ、良い要素しか見たりません。

 一方のドジャースはレギュラー・シーズン後半とNLDSでジャイアンツと死闘を演じ続けたがゆえに、投手が枯渇状態。さらに、打線も元気がない状態。

 このままブレーブスがスイープしてしまうのではないか?とさえ思ってしまいました。

 そしてこの日の序盤もそのような展開。かなりまずい展開だったのですが、終わってみれば8回にドジャースが大逆転。強さがもどってきたようなすごいゲームとなりました。

ビューラー、モートンともに今ひとつ

 先発はドジャースがウォーカー・ビューラー、ブレーブスがチャーリー・モートン。ポスト・シーズンにめっぽう強いモートンに対して、NLDS Game4以来、中6日を空けての登板となったウォーカー・ビューラーでしたが、前回登板のショート・レストの疲れが取れないのか、中盤に捕まり、4回途中、被安打7、失点4、与四球3、奪三振3という内容でした。球数は76球。

 一方、チャーリー・モートンもこの日は苦戦。前回登板はNLDS Game4で中6日空いていたのですが、こちらはコントロールに腐心しました。

 モートンは5イニングで被安打3、失点2ながらも与四球が6。これが響いて、球数は96球を数えました。ちなみに奪三振は5。

流れ

 両先発が苦戦したわけですが、流れを見ていきます。

2021 NLCS G3 ATL@LAD
  • 1回表
    【ATLANTA】

    ウォーカー・ビューラーの立ち上がり。ブレーブスはアルビーズ、フリーマンが連続シングルでチャンスメイクするも、アルビーズが併殺打でチャンスを活かせず。

  • 1回裏
    【LOS ANGELES】(2-0)

    チャーリー・モートンは立ち上がりに大苦戦。

    1番のムーキーに四球を与えた後、2番のコーリー・シーガーに2ランHRを浴び、先制点を許す展開(2-0)。

    被弾後も3つの四球を出し、大ピンチを迎えますが、なんとか2失点で食い止める。

  • 2回表
    【ATLANTA】

    先頭のジョク・ピダーソンが四球で出塁するも、トラビス・ダーノーが併殺打に倒れ、反撃ならず。

  • 4回表
    【ATLANTA】(4-2)

    オースティン・ライリーの右中間の塀際の当たりをCFのギャビン・ラックスがグラブに当てるも落球。これはデーゲームの影響も。

    その後、ピダーソン、デュバル、スワンソンの3本のタイムリーで3得点。さらに満塁でロザリオが押し出しの四球を選び4点目(4-2)。

    これでこのゲーム、ブレーブスがかなり優位に立ったかと思われました。ビューラーはここで降板。

  • 5回表
    【ATLANTA】(5-2)

    アダム・デュバルがタイムリーを放ち、ブレーブスが追加点(5-2)。

  • 6回表
    【ATLANTA】

    ランナーを2人出し、追加点のチャンスもジョー・ケリーがアルビーズを打ち取り、無得点。

  • 8回お表
    【ATLANTA】

    2つの四球でチャンスメイクするも、またしてもアルビーズが打ち取られ、無得点。これは嫌な流れになりました。

  • 8回裏
    【LOS ANGELES】(6-5)

    ピッチャーはルーク・ジャクソンにスイッチ。

    ここまで好投してきたジャクソンでしたが、この日は2本のシングルを浴び、ピンチに。

    ここでコディー・ベリンジャーが2ストライクと追い込まれるも高めのボール球を上からかぶせるようにスイング。これがぐんぐん伸びて、右中間に入る同点3ランHRに(5-5)。同点劇は一瞬の出来事でした。

    さらにクリス・テイラーにヒットを許したところでブレーブスは、ジャクソンからジェシー・チャベスにスイッチ。

    クリス・テイラーはマット・ビーティーの打席で2盗に成功。逆転のランナーをスコアリング・ポジションに進めました。

    ムーキーがタイムリー2塁打を放ち、ついにドジャースが6-5と逆転。

  • 9回表
    【ATLANTA】

    最後はケンリー・ジャンセンがライリー、ピダーソン、デュバルと3者連続三振に斬って取り、ドジャースが6-5で逆転勝利を収めたのでした。

ルーク・ジャクソンがつかまる

 今ポストシーズンは、タイラー・マツェックとともに、ゲーム中盤を圧倒してきたルーク・ジャクソン。ここまで全試合に登板し、Game2まではERA0.00でした。

 しかし、この日は代わりばなからつかまり、コディー・ベリンジャーの同点3ランを浴びるなど、被安打4、失点4と荒れてしまいました。確かにキレはなかったように思いますが、癖を捕まれたかもしれません。これは憶測ではありますが。Game4以降も簡単に打たれるようであれば、そういうことかもしれませんね。

ベリンジャー、今PS初HRが価値ある一発

 なんと言ってもヒーローはコディー・ベリンジャーですが、このゲーム前までは打率.286をマークするも、長打はNLDS Game2で放った二塁打の1本のみ。ドジャースの苦戦の一つでもあったわけですが、これは、マックス・マンシーが不在による影響かもしれません。

 そんな中、今ポストシーズン初HRが同点HRとなり、良い仕事が出来ましたね。

勝利を呼び込んだ6、7、8回のブルペン 

 またベリンジャーの同点HRの背景には、序盤まで完全なブレーブスの流れだったものをくいとどめた6回、7回、8回のブルペンの好投があったと思います。ゲーム後半にきっちり仕事をした、ブルール、ケリー、フィリップス、ゴンソリンの4名のリレーも称賛ですね。

 まだまだ先発投手が厳しいドジャースですが、Game4は予告どおり、フリオ・ウリアスが登板します。Game2でリリーバーで投げたばかりですが、ここは踏ん張りを見せるようです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました