スポンサーリンク

【Pre 2021ALCS】ランス・マッカラーズ・Jr.がALCSでの登板を回避する可能性!(追記)

スペシャル・イベント

前腕部の痛み

 現地2021年10月14日、レッドソックス@アストロズのALCSを前に驚きのニュースが入ってきました。

 アストロズのローテーションの柱で、かなりの確率で1勝を計算できるランス・マッカラーズ・Jr.が右前腕部痛でNLCSの登板を回避する可能性が出てきました。

 報道では、もうNLCSでは投げないと断定しているソースも多いのですが、まだ1日ありますから、様子見したいと思います。

Game1はバルデス

 ALDSのGame4で登板したばかりというのもあるのですが、アストロズはGame1の先発にフランバー・バルデスを起用する見込み。

 これはもう順番という感がありますが、いずれにせよ、Game1、2でフランバー・バルデス、ルイス・ガルシア(面白いワインドアップの体のでかい右腕)が投げる見込みです。

 ランス・マッカラーズ・Jr.は2018年11月にトミー・ジョン手術を行い、2019年は全休。ショートシーズンで7月終わりに開幕となった2020シーズンは、開幕から登板。今季はフルシーズンでの復帰を果たしていました。

 ALDSではショートレストで登板しましたので、大怪我につながらないことを祈りたいと思います。

 また、BIG GAME前の情報ですから、あと1日、様子を見てみたいというのもありますね。怪情報も飛び交うのがBIG GAME前ですから。

 様子見しましょう。

追記:ALCSロスターに入らず

 ランス・マッカラーズ・Jr.はやはり前腕部を傷めており、このALCSではロスターには入りませんでした。マイナーへアサインということに。ただ、ベンチには入っています(これはもちろん、アクティブ・ロスターという意味ではなく、単に応援です)。

 ただ、症状は現時点ではそれほど重いものではなく、この10日ほどの期間は様子見し、場合によってはアストロズがワールドシリーズに進出した場合、復帰する可能性も。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【2021NLCS_G2】今度はロザリオがサヨナラ安打!ブレーブスが連勝
【2021 NLCS_G1】ブレーブス、ライリーのサヨナラヒットで初戦をゲット
【2021ALCS_G2】J.D.とデバースがグランドスラム!レッドソックスが大量リードを守りきり、勝利。
【2021ALCS_G1】キケが大活躍するも、アストロズが逆転で初戦に勝利
【2021 NLDS_G5】ドジャース、しびれるゲームを制し、NLCSへ
【Pre 2021ALCS】ランス・マッカラーズ・Jr.がALCSでの登板を回避する可能性!(追記)
【2021NLDS_G5先発】ドジャースがサプライズ!決戦の先発マウンドにコーリー・クネイブル!
【2021NLDS_G4】ドジャースがウィル・スミスのHRなどで勝利!
【2021 NLDS_G4】F・フリーマンがJ・ヘイダーから勝ち越しHR!ブレーブスがNLCSへ進出
【2021ALDS_G4】アストロズ、完勝で5年連続のALCSへ
【2021NLDS_G3】ジャイアンツ、ロンゴリアの一発のみでシャーザー相手に勝利
【2021NLDS_G3】タイム・プレーも出たゲーム!ブレーブスがシャットアウト勝利で2勝目
【2021ALDS_G4】レッドソックス、粘るレイズを退けALCSへ
【2021ALDS_G3】ホワイトソックス、劣勢を跳ね返し12得点で1勝目
【2021ALDS_G3】レッドソックス、バスケスのサヨナラHRで延長13回の死闘に決着
【2021NLDS_G2】ドジャース、中盤に一気に勝ち越し!ウリアス先発ゲームで勝利
【2021NLDS_G2】マックス・フリードが6回スコアレス!ブレーブスがタイに
【2021NLDS_G1】ジャイアンツ、ローガン・ウェブの好投でまず1勝
【2021ALDS_G2】レッドソックス、ハウクの好投と5HRで逆転勝利
【2021NLDS_G1】投手戦を制したのはブルワーズ!
タイトルとURLをコピーしました