スポンサーリンク

【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成

ニック・ピベッタが完投勝利

 現地2022年5月18日、フェンウェイ・パークで行われたアストロズ@レッドソックス戦のGame3は、レッドソックス先発のニック・ピベッタがアストロズ打線を2安打に抑え、112球の熱投で完投。ハードな相手であるアストロズとの3ゲームシリーズの勝ち越しに大きく貢献しました。

前日の悪夢再び!?しかし、先頭だけ

 前日17日のGame2では、ネイサン・イオバルディが登板。初回の攻撃でラファエル・デバースに一発が出て1点を先制し、連勝も!というスタートでしたが、2回表にイオバルディがヨルダン・アルバレス、カイル・タッカー、ジェレミー・ペーニャ、マイケル・ブラントリー、ユリ・グリエルとなんと1イニングで5本のHRを浴び、9失点。これでゲームが決まってしまいました。

 スコアは3-14と完敗。ネイサン・イオバルディの被本塁打はMLBワーストの14。これまで1位であったハンター・グリーンを悠々と抜いてしまいました。

 イオバルディは球筋が非常にきれいで見やすいのかもしれません。それと回転が良いため、当たれば飛ぶ。また、100mph近くを投げながら、どこかスピードを感じさせないものがあり、そこに関しては、カーブも含め緩急で一応対策は取っています。尚且つ、この日の捕手は相性の良いケビン・プラウェッキ。

 しかし、上記のような悲惨な結果に。ひょっとしたら、アストロズはなんらかの癖を見抜いているのかもしれません(不正ではなく)。ただ、被本塁打がそもそも多いのは事実。次回はどう対策してくるのか、ちょっと見ものです。

ピベッタ、アルトゥーベにHR

 そんな前日の悪夢がありつつマウンドに上がったニック・ピベッタ。正直、イオバルディと同じ右腕で彼よりもスピードで劣るピベッタは、同じような結果になるのではないか?と懸念しておりました。

 先頭のホセ・アルトゥーベに対し、ボールが先行。フルカウントまで持っていったものの、決め手がなく、10球を費やします。この日のレッドソックスの捕手はクリスチャン・バスケス。筆者はバスケスに関しては、打撃と肩は素晴らしいと思うものの、リードはあまり良いとは思っていません。

 その10球目。ピベッタが打たれる典型ですが、甘いところにきたボールをホセ・アルトゥーベに持って行かれました。

 先頭打者にHRということで、先が思いやられるスタートとなってしまいました。

2回から6回まで3者凡退

 アルトゥーベのリードオフHRがある意味、警告のように効いたのか、その後のピベッタは素晴らしい投球が続きました。

 スピードはやはり94-95mphしか出ないのですが、得意のナックル・カーブを非常にうまく使い、アストロズ打線にスイングをさせない素晴らしい投球。これにはリードしたバスケスの功績もあったと思います。見直そうかと思いました。

 そして2回から6回までは3人ずつに斬って取り、2本目のヒットが出たのは7回表。先頭のマイケル・ブラントリーにRFへのグランド・ルール・ダブルを打たれたのですが、後続を抑えピンチを切り抜けました。

 7回表を終わり、レッドソックスは5-1とリード。8回はもう限界かと思いましたが、非常に丁寧で粘り強く投球。

 9回のマウンドに上がった時点で102球。ということはいかにいいペースで投げてきたか?ということになります。ここまで来たら最後までということで、ピベッタはマウリシオ・ドゥバン、ホセ・アルトゥーベ、マイケル・ブラントリーと3人で抑え、見事112球で完投勝利を上げました。最後の2人はこの日、安打を許していた2人で大きな壁になったのですが、見事に乗り切りました。

 ナイス・ピッチング。

ALでは2人目のコンプリート・ゲーム

 完投のことをコンプリート・ゲーム、完封はシャットアウトと言いますが、今季ア・リーグでコンプリート・ゲームを成し遂げたのは現地2022年5月10日のレイズ戦でノーヒット・ノーランを達成したエンゼルスのリード・デトマーズとこの日のニック・ピベッタの2人だけ。

 ちなみにナ・リーグだと、ドジャースのウォーカー・ビューラー、ナショナルズのパトリック・コービンも達成済みで、両リーグを合わせても4人だけという状況です。それだけ現代のMLBでは完投は難しいということですね。

 ちなみに現地2022年5月19日時点でレッドソックスのチームERAは3.79と両リーグを通じて16位。チーム打率の.237は両リーグを通じて14位です。

 なかなか今季は苦戦しているレッドソックスですが、リリーバーの問題も含めて課題を解消し、なんとか波に乗ってもらいたいものです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました