スポンサーリンク

【MLBオープニング2020】レッドソックス、”新”ネイサン・イオバルディで開幕戦に快勝

まさにナスティー・ネイトへモデルチェンジ

 現地2020年7月24日、ボストン・レッドソックスはフェンウェイ・パークでオリオールズを迎えての開幕戦。

 先発はネイサン・イオバルディでした。

2019年のレッドソックス

 2019年のレッドソックスは破壊力のある打線を抱えながらも、ことごとく先発投手が崩れてスタートダッシュに失敗。シーズンを通じて機能したのはエドゥアルド・ロドリゲス一人だけ。頑張ったブルペン陣でしたが、苦心のパッチワーク・リレーもついには限界が来て、最終的には84勝78敗と勝ち越すのが精一杯というシーズンでした。

 また、フィールド外でも厳しいシーズンとなりました。2018年のモニター・ルームの不正使用でサイン・スティーリング疑惑の調査。あらためてクローズ・アップされた2017年のアップル・ウォッチ疑惑。そしてアストロズの処罰に紐付いて当時のベンチ・コーチであったアレックス・コーラが監督解任に追い込まれるなどオフも含めて散々なシーズンでした。さらにはプロスペクトの枯渇、贅沢税の大幅超過など勝ち急いだ負の遺産にも直面。

 2020年は監督、ベースボール・オペレーションのトップも変わり、新た船出でもあります。

 そんな中、進化を見せてくれたのが、ネイサン・イオバルディでした。

イオバルディ、6回1失点!

 クリス・セールのトミージョン手術、エドゥアルド・ロドリゲスのCOVID-19 ILなどでシーズンのオープニングを任されることとなったネイサン・イオバルディ。

 対戦相手のオリオールズはエキシビジョン・ゲームは1勝2敗と負け越したものの、9安打、10安打、10安打と打線が活発。そのオリオールズをいかにリズムよく抑えて攻撃につなげるかが、ポイントでしたが、イオバルディは6回を89球、被安打5、失点1でナイス・ゲームメイク。与四球1、奪三振4というのもリズム感の良さを表しています。

レッドソックス、13得点

 イオバルディがシーズンの入りをスムーズにしたことで、3回裏、ついにレッドソックス打線がトミー・ミローンを捕まえました。

 3回裏は4本の二塁打で4得点。4回裏には4球3つと5本の長短打が飛び出し、一挙6得点。序盤でゲームを決めました。

 終わってみれば17安打で13得点。

イオバルディ降板後は、オースティン・ブライスが7回表を1失点、8回表と9回表はフィリップス・バルデスが2イニングをパーフェクトに抑え、13-2で快勝。

Orioles 2, Red Sox 13 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Orioles vs. Red Sox at Fenway Park

イオバルディの変化

 2018年のポストシーズン・ヒーローはその勢いのあるファストボールが最大の武器。時に100mphを超える剛球で相手打線を封じ込めてきました。

 しかし、2019年はスピードに頼ったのか、どこか単調でせっかくのファストボールもその威力をあまり感じさせない味気ないピッチングに変わっていました。投げても結果が出ず、シーズン途中に関節ねずみで離脱。非常に不本意なシーズンに終わったのでした。

威力を発揮したカット!

 2020年はどう変化したのか楽しみだったのですが、変化どころか進化していました!

 その特徴の一つはカッター投手に変わったのか?というほどカットボールが増えたこと。初回こそ、4シームで押しまくりましたが、2回以降は90mphから93mph近辺のカットボールを多用。

 この速度帯を基準に、さらに遅い86mph-88mph近辺のスプリッターで空振りやファウルでカウントを稼ぎ、78mph近辺のカーブで仕留める。

 そしてフィニッシュはカーブという傾向を見せつつ、実に20mphもの速度差のある100mph近辺の4シームも活用。結果、速いのと遅いのとで的が絞れない中、凡打を積み上げるという非常に寝られたスタイルにモデルチェンジしていました。

 イオバルディ、よかったです。今年が60試合で残念というくらいに勝ち星は期待できそうです。

ユニフォームも変化!? 

 なおイオバルディは3回表、なんとクリスチャン・バスケスの7番のジャージを着てマウンドに。

 開幕戦でさすがに神経をつかったのか、2回を終えてジャージは汗まみれに。それを着替えにロッカーに行ったところ、ジャージがバスケスと同じところにかけてあったため、ついそれに手をかけてしまったとのことです。一応、番号も確認したつもりが一桁目の7番を見てこれだと思い、着てしまったと。

 4回以降はまた17番に着替え直しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました