スポンサーリンク

【MLB2023】レッドソックス、デバースの2本を含む計6HRでカブスに快勝!TDLではどう立ち回る?

レッドソックス、後半戦を白星スタート!

 現地2023年7月14日、ボストン・レッドソックスはリグレーでのカブス戦で後半戦をスタート。ともに伝統あるクラブ同士、しかもともに歴史のあるスタジアムがホームで、なかなか興味深い対決でもあります。(リグレー・フィールド参照記事)。

 このゲームでレッドソックスは計6本のHRを放ち、8-3のスコアでカブスに快勝。前半戦から続く連勝を6とし、シーズン成績は49勝43敗に。この日はヤンキースがロッキーズに2-7のスコアで敗れたため、両者は勝率で並び、ア・リーグ東地区4位タイとなっております。

MLB Gameday: Red Sox 8, Cubs 3 Final Score (07/14/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

デバースが口火のHR

 先発はレッドソックスがブライアン・ベイヨー、カブスがカイル・ヘンドリクス。

 立ち上がり、レッドソックス打線はカイル・ヘンドリクスの87mphの4シームと81mph前後のチェンジアップに翻弄され、何やら先行きが怪しい感じでスタートします。

 そんな中、嫌な雰囲気を断ち切ったのはやはりラファエル・デバースでした。2回表、先頭のデバースは苦心して配球しているカイル・ヘンドリクスのチェンジアップを「好球は打つ!」と言わんばかりにフルスイング。これが右中間スタンドに入るHRとなり、レッドソックスが1点を先制します。カイル・ヘンドリクスに94mph以上の4シームはないのでタイミングを遅めに合わせていたのだと思います。

計6HR!

 デバースが先制HRを放った後、1人置いてアダム・デュバルもLFへソロHRを放ち、2-0とします。

 3回表、先頭のジャレン・デュランが2塁打で出塁。これはやや暴走気味でLFのイアン・ハップの悪送球に助けられた2塁打でした。吉田選手がCFへ犠牲フライを放ち、ジャレン・デュランは3塁へ進塁。つづくジャスティン・ターナーも犠牲フライを放ち、レッドソックスが追加点(3−0)。

 この直後、ラファエル・デバースが2打席連続となるソロHRをRFへ放ち、レッドソックスが4-0とリードを拡大。

 4回表にはトリストン・カサスがLFへソロHR。7回表にはシングルで出た吉田選手を1塁に置いて、ジャスティン・ターナーがきれいなスイングで左中間にHRを放ち、このゲーム7得点目。

 9回表にはイニング先頭のユー・チャンがLFへソロHRを放ち、8得点目。

 レッドソックスがデバース→デュバル→デバース→カサス→ターナー→チャンと計6HRを放ち、快勝しました。

吉田選手は8試合連続のマルチ!

 吉田選手は2番DHで出場。ちなみにこの日は打線のつながりを優先したメンバーで、LFにはジャレン・デュラン、CFにはアダム・デュバル、SSはユー・チャンで、1Bはトリストン・カサス。ジャスティン・ターナーを2Bにはめるという思い切った布陣でした。キケ・ヘルナンデスとクリスチャン・アローヨが先発から外れたということです。アローヨはゲーム後半に2Bについています。

 吉田選手はカイル・ヘンドリクスにうまく抜かれて最初の3打席はヒットなし。第4打席にLFとCF間にポトリと落ちるシングルを放つと、9回の第5打席にはLF線にシングルを放ち、後半の2打席できっちり8試合連続のマルチ安打を記録しています。

 これまで日本人選手ではオリックスのOB、イチロー選手が2010年5月に達成した7試合連続マルチが最高で、吉田選手は前半戦の最後の試合でそれに並んでいましたが、この日の8試合連続を達成したことでイチロー選手のそれを超えました。ちなみにイチロー選手は7試合連続マルチ安打を5度も達成していたようです。

ベイヨー、7勝目

 コーラ監督が後半戦のスタートに選んだのがブライアン・ベイヨーでした。もう信頼感を得ています。ベイヨーは得意のシンカーを操り、打たせて取る投球を披露。カブス打線にちょこちょこと安打は許すものの、あと1本というところでしっかりと対応。

 3回裏と4回裏にはコディー・ベリンジャーに2打席連続HRを浴びましたが、6回を投げきり、被安打8、失点3、自責点3、BB 0、SO 5、HR 2という素晴らしい投球を見せました。安打は浴びたものの、BBが0だったので球数は93に収まっています。

TDLでは売りか?買いか?

 上述したようにこれで6連勝を達成してシーズン成績を49勝43敗にしたレッドソックスは、上昇機運で非常に良いのですが、一方でトレードデッドライン(TDL)でのポジショニングがますます難しくなりました。現状でワイルドカードの3枠目まであと一歩。

【AL WC枠】(現地2023年7月14日終了時点)

  1. オリオールズ: 55-35
  2. アストロズ:51-41
  3. ブルージェイズ:51-41
  4. レッドソックス、ヤンキース:49-43

 もう射程圏内です。50勝に乗ればそれこそ1枠目もターゲットになってくるような状況。レイズが落ち気味なので、1枠目はオリオールズとスワップするかもしれませんが、2枠目はもう確実に捉えているという状況です。

 つまり、ポストシーズンに進むかどうかの瀬戸際。100%の確率でポストシーズンに進むなら買いモード。逆に、この時期に連敗でズルズルと行くようなら売りモードでした。

 売りモードなら、絶好調のジェームス・パクストンなどはトレードに出すターゲットだと言われています。ポストシーズンに進むなら、当然キープです。

 非常に難しい舵取りです。

 ブルペンのジョーリー・ロドリゲスは後半戦からすでにアクティブロスターに復帰済み。これからクリス・セール、コーリー・クルーバーが割と早い時期に復帰する見込み。顔面にカムバッカーが直撃したタナー・ハウクはその後くらいの復帰になるかと。トレバー・ストーリーはDHオンリーなら復帰させにくいです。

 ブルペンは欲しいですが、果たして交換要員は誰にするのか?ということも難しいですね。先方からの指定もあるでしょうし。

 もう24日から始まる週から市場は動き始めるでしょうから、あと数試合で態度を決めることでしょう。おそらく、若干の買いになるのかと。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました