スポンサーリンク

【MLB移籍For2018】トッド・フレイジャーがメッツと2年で合意!

MLB移籍/FA情報

大きなFAが1つ決定

現地2018年2月5日、2017年ヤンキースで活躍した3Bのトッド・フレイジャーがメッツと合意です。2年1,700万ドル。

本来ならこの時期に残っていないような選手なのですが、メッツはスロー・ペースのFA市場に助けられました。デビッド・ライト(35才)の腰が不確定な要素なので、経験値の高いいい選手を補強できたと言えるのではないでしょうか。

3BならロイヤルズからFAのマイク・ムスターカスの方が早く決まると思っていたのですが、意外でした。

トッド・フレイジャーとは

トッド・フレイジャーは2011年にレッズでメジャーデビュー。2007年アマチュア・ドラフト1巡目の選手です。2013年からは毎年150試合前後に出場。2016年のホワイトソックス時代には40HRを達成しています。

2017年はCWSとNYY

2017シーズンはホワイトソックス、ヤンキースの2球団でプレー。打率.213、HR 27本、打点 76という成績でした。

打率が低いのが気になります。ただ、2016年と比較すると面白いデータがありました。

三振数が大幅減!

三振数は163個から125個に減少。得た四球は64個から83個へ増加。つまり、四球を選ぶ機会が増えたことで出塁率がアップしています(.302 から.344へ)。

なんとしてでも塁に!というのがよく数字に出ていると思います。確実性アップというところまでは行っていないことが、ポイントですね。

その方が投手にとっては長打力の恐怖を残しているという点で不気味な感じがすると思います。

メッツでの活躍を期待したいと思います。

コメント

NEW

【MLB】大谷選手、23号HR!プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれる!ナ・リーグはカイル・シュワーバー!
【MLB】エンゼルス、3連勝!大谷選手が22号HR! OPSは.998に
【MLB】ジョーイ・ボット(レッズ)、野球ファンの流出を防ぐ!罪深さから一転、ヒーローに(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、HRダービー出場表明直後に1試合2発(20号、21号)
【MLB2021】大谷選手、6回1失点で3勝目!デビュー戦となったマット・マニングも好投
【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】強粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり2)
【MLBボール】投球時の強粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
タイトルとURLをコピーしました