スポンサーリンク

【MLBトレード2024】タイガースがブルワーズからマーク・カナを獲得

今オフ初の大きめのトレード 

 現地2023年11月4日はまだFA解禁前で、選手は2023年に所属していたクラブとオプションについて話し合っている独占交渉期間ですが、タイガースとブルワーズ間でトレードが成立しました。

 マーク・カナがタイガースに動きます。

トレード概要

タイガースGet

  • マーク・カナ(Mark Canha )35/OF&1B/ Bat: R/Throw: R

ブルワーズGet

  • ブレイク・ホルブ(Blake Holub)25/  2Way(DH/1H/RHP)/ Bat: R/Thr:R

マーク・カナの契約

 さて、マーク・カナはメッツが帝国を崩壊させる時にシャーザー、バーランダーらとともにトレードに出たうちの1人。

 さらにマーク・カナはアスレチックスがリビルド可能か?というくらいに強烈な解体を実施した時にFA市場に出された選手でもあります。

 直近の契約は、FAとなりメッツと契約した際の下記の内容でした。

  • 2年/$26.5M (2022-23) + 2024 $11.5Mクラブ・オプション
    • サイニング・ボーナス:$2M signing bonus
    • サラリー$12M(2022)、$10.5M(2023)、$11.5M (2024 クラブ・オプション /$2Mバイアウト)
    • その他、Awardボーナスもあり。

ブルワーズはそもそもトレード前提で獲得

 ミルウォーキー・ブルワーズと言えば、天才デービッド・スターンズの下、少ないサラリーで大きな成果をものにしてきたクラブ。選手に大枚を叩かないことでも有名です。デービッド・スターンズはもう2023年の編成からは一歩引いてはいたものの、彼が残したノウハウが色濃く残っています。

 ブルワーズは2023年のトレードデッドライン時にマーク・カナを獲得した訳ですが、ポストシーズンに向けた打撃力強化もあったと思いますが、そこを実現しつつも、最終的にはトレード・チップとしてオフシーズンにディールする前提だったと言っていいでしょう。

 トレード・デッドライン時、メッツとブルワーズが合意した条件は、メッツが2023年の残り期間のサラリーを負担しつつも、ブルワーズはMLB最低年俸の日割り分を支払い、それをメッツの支払いから差し引くというものでした。そして2024年のオプションとバイアウトはブルワーズに移譲すると。

 ところが今回、ブルワーズはトレードによってカナの2024年の$11.5Mと、オプション拒否時の$2Mバイアウトをタイガースに預けました。

 結果、ブルワーズは2023年のMLB最低年俸の日割り分のみの負担で、打撃力を上げ、さらにはタイガースからブルペン候補を獲得したという非常にちゃっかりしたディールを達成したことになりました。 本来ならオプションを拒否時の$2Mバイアウト分の支払いが発生しますが、それをうまくすり抜け、同時に25歳のリリーバーを蓄えるということに。

タイガースにマッチ

 ブルワーズのうまいところはこのトレードはタイガースにかなりマッチしてしまう点にあります。タイガースは当然カナの2024年シーズンのクラブオプションの$11.Mを行使するでしょう。

 2023年のカナの成績はメッツで303打席に立ち、.245/.343/.381をマーク。まあまあの数字ですが、メッツにすれば物足りない数字でした。ブルワーズ移籍後は204打席で、.287/.373/.427、5HR、33 RBIと好成績をマーク。

 来季の $11.5Mのサラリーはブルワーズからすると、少し高すぎたとも言え、またOFが余り気味な事情もトレードを決断させた理由でもあると思います。

 タイガースはご承知の通り、ミゲル・カブレラが現役を引退。タイガースは形式的なことですが、ミゲル・カブレラの2024年のクラブ・オプション$30Mを行使せず、バイアウトで$8Mを払います。

  ミゲル・カブレラの8年/$248Mが支払いリストから消えたことで、タイガースはカナへのペイロールも容易に行えるはずです。

 タイガースはミギーが抜けた後、1Bには右打席のスペンサー・トルケルソンが入りますが、良い打撃を見せたケリー・カーペンター、トップ・プロスペクトとしてずっと名前の挙がっているライリー・グリーン、プロスペクトのパーカー・メドウズ、OFとして期待のかかるアキル・バドゥーなど左打者が多い状況。

 OF/1Bを守ってきたマーク・カナはハビアー・バイエス、スペンサー・トーケルソンとともに貴重な右打者として機能するでしょうし、DHとして入るオプションもあります。

 実績のあるカナが中軸近辺を打つことでタイガース打線に与える安定感は非常に大きいです。よって、かなりフィットしてしまう状況でもあります。

【MIL】ブレイク・ホルブ

 ブルワーズに移籍することとなったブレイク・ホルプは2Wayとはなっていますが、右のブルペンと考えるのが良いかと。

【Youtube】Detroit Tigers RHP Blake Holub live look: April 6th, 2023

 ドラフトは2021年のタイガースの15巡目指名。2023年はクラスA+とダブルAを経験。クラスA+では18試合に投げ、25.0 IPでERAは1.80。ダブルAでは30試合に投げ、40.1 IPでERAは4.24。もともとBBが多い投手でしたが、2023年のトータルのBB9は2.3に。SO 9は良く、10.5です。BB%が改善すればMLBデビューも早いかもしれません。

 マーク・カナは2024年2月15日の誕生日が来ればもう35才になります。タイガースで、いぶし銀の活躍を見せてもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました