スポンサーリンク

“90mph超えたった1球!Dバックスのルーキー、アレックス・ヤングがレッズ打線をダンス状態にして12K

Dバックス、5連勝でWC枠へ猛追!

ダイヤモンドバックスの勢いがすごいですね。

現地2019年9月7日、グレートアメリカン・パークで行われたダイヤモンドバックス@レッズ戦で、レッズ先発がサイヤング賞候補とも言っていいルイス・カスティーヨ( Castillo, L)だったのに対し、ダイヤモンドバックスはルーキーのアレックス・ヤング( Young, A)を起用。

アレックス・ヤングは相手エースを向こうに抜群の投球術を見せました!

90mph超えたった1球!8回12K!

アレックス・ヤングの投球はすごかったの一言。この日のレッズ打線はもはやダンス状態でした。

レッズ打線は85mph(135.18kmh)ほどのチェンジアップ、83mph(133.57kmh)ほどのカーブ、88mph(141.62kmh)ほどのシンカーで空振りの山。

驚くべきは90mph(144.84kmh)超えは初回にユージニオ・スアレスに投じた4シームの90.2mph(145.16kmh)の1球のみ。

あとは上記のような速度帯で勝負しました。レッズは待ちきれず泳ぎ気味の空振りが目立ちました。

この日の投球は8回、109球を投げ、被安打が2、無失点、四球が1、奪三振が12。

アレックス・ヤングとは

そもそもこのアレックス・ヤングとはどういう経歴の投手かと言いますと、2019年9月9日に26才になる左腕で、2015年Dバックス2巡目指名でプロ入りしました。

マイナーで5シーズン過ごし、2019年6月27日にメジャー・デビュー。今季は当然ルーキーステータスです。

マイナーのオールレベルで104試合75スタート、444.0IPで28勝25敗、ERA 4.34、奪三振が375。

このスピードなので被安打が462、自責点216、被本塁打44とコツコツは当てられますし、たまに飛ばされてはおりました。

2019年のトリプルAの成績は、ERA 6.26と数字は悪かったのですが、現場の目利きでコールアップ。

今季はこのゲームを入れて、13試合12スタート、66.2 IPで7勝3敗、ERA 3.38、奪三振58。

アレックス・ヤングのスタイル

アレックス・ヤングの持ち球は4シーム、シンカー、チェンジアップ、カットボール、カーブ。

4シームは1試合の中で数球のみ。ファストボール系は90%以上がシンカーです。90mph未満のファストボールに少しずつ速度を落としたシンカー、チェンジアップ、カーブ、そしてたまにカットボールを投げ、打者の打ち気を削ぐベテランのようなスタイルです。

現地7月7日のロッキーズ戦では6回を投げてロッキーズ打線をノーヒットに抑えました。

ザック・グレインキがトレードデッドラインで抜けましたが、ヤングの台頭がザックのアストロズ行きの話をまとめた要因の一つと言っていいでしょう。

それにしてもそごいのが出てきましたね。

Dバックス、カスティーヨの一瞬のスキを突く

ゲームの方ですが、Dバックス打線もやはりルイス・カスティーヨに苦労しましたが、4回に先頭打者が四球で出塁したその緩みをついて、ケーテル・マルテ(Marte, K)、エドゥアルド・エスコバー(Escobar, E)、クリスチャン・ウォーカー(Walker, C)が3連打し2点を奪い、これが決勝点となりました。

Dバックスは9回裏のレッズの攻撃に対し、アンドリュー・チャフィン(Chafin, A)とジミー・シェフィー(Sherfy, J)の2人を送り、僅差のリードを守りきりました。

BOX SCORE

Dバックス、5連勝でいつの間にかWC圏内へ

Dバックスはこの日の勝利で75勝67敗とし、ナ・リーグ西地区2位。ペナントは92勝のドジャースで決まりですが、ワイルドカード圏内です。

【ワイルドカード・レース】 現地2019年9月7日終了時点

  • ナショナルズ:78−63
  • カブス:76−65
  • Dバックス:75-67
  • ブルワーズ:73-68
  • フィリーズ:73-68
  • メッツ:72-69

カブスがここに来て失速気味です。ハビアー・バイエスの指のケガ、ダルビッシュ投手の右腕の状態が思わしくなかったことによる登板スキップ、さらにクレイグ・キンブレルのIL入りとまた呪われております。

ブルワーズをケアしつつ2枠目、あるいは1枠目を狙えそうです。フィリーズはどうでしょうかね??

すっかり台風の目になりつつあるダイヤモンドバックスでした。

打者のことは後日に書きます。ジャロッド・ダイソン( Dyson, J)がもうロイヤルズ時代とは別人の顔つきになっているんですよね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました