スポンサーリンク

【MLB2021】レッドソックス、白熱の投手戦を制し、アスレチックスに1-0で勝利!

連日の1点差ゲーム

 現地2021年7月4日、コロシアムで行われていたレッドソックス@アスレチックスの3ゲームシリーズが終了しました。

 こちらは連日の好ゲームで、まずGame1はレッドソックスがキケ・ヘルナンデスのスーパー・スローでアスレチックスの同点を防ぎ、3-2で勝利。

Game2はJDもナイス・スロー

 現地3日に行われたGame2では、ギャレット・リチャーズとコール・アービンの投げあいで、7回を終わり、レッドソックスが4−2でリードしていたのですが、8回裏、ヤックセル・リオスとダーウィンゾン・ヘルナンデスの2人で2点を奪われ、4-4の同点に。

 連日の延長戦となったこのゲームは10回裏、アスレチックスがノーアウト満塁の大チャンスを作るも、ブランドン・ワークマンが踏ん張り、トニー・ケンプをポップフライに仕留めてまず1アウト。

 つづく、エルビス・アンドラスはLFへライナー。犠牲フライでサヨナラかと思われましたが、これをLFに入っていたJ.D.マルチネスがホームへ最高の送球を投げ、なんとダブルプレーでこのピンチを脱します。2日続けての犠牲フライのホームアウトはちょっとしびれました。

  打撃が注目されがちなJ.D.マルチネスですが、オフのトレーニングなどはスプリンターかと思うほど、瞬発力を鍛えています。それが守備にも現れ、プロらしい素晴らしいプレーだったと思います。

12回裏、キケ、危うくホームをアウトに

 12回表、2点を勝ち越したレッドソックスでしたが(スコア6-4)、12回裏から登板したマット・アンドリーズが乱調。1アウトも奪えずに3連打、1犠牲フライで3点を奪われ、6-7のスコアでサヨナラ負けを喫した訳でしたが、最後の最後、CFに回ったキケ・ヘルナンデスがトニー・ケンプの犠牲フライに対応したプレーをご覧ください。

 CFの定位置より深いところから、またしてもストライク返球。あの深い位置ゆえ、さすがに間に合いませんでしたが、間一髪でアウトにするところでした。このスローもすごかったです。

Game3は1点ゲーム

ピベッタが力投

 現地7月4日のGame3ですが、これもまたすごいゲームとなりました。レッドソックス先発のニック・ピベッタが、7回2ヒッター、スコアレス、2BB、10SOの力投。

カブリーリアンも好投

 しかし、負けていなかったのはアスレチックス先発右腕のジェームス・カプリーリアン(James Kaprielian)。2015年ドラフトのヤンキース1巡目指名の投手です。2017 年のトレードデッドラインでヤンキースがアスレチックスからソニー・グレイを獲得したトレードでアスレチックスに移籍してきた投手です。

 そのカプリーリアンも7回を投げ、被安打5、失点1、与四球1、奪三振10と素晴らしい投球を披露しました。

併殺崩れが決勝点

 カプリーリアンが唯一捕まったのが、6 回表。ちょうど握力が抜けてきたころではないかと思います。このイニングは先頭のアレックス・ベルドゥーゴに二塁打、続くJ.D.にはシングルを打たれ、ノーアウト1、3塁のピンチ。

 ここでバッターはラファエル・デバース。打ってすっきりと勝ち越したいレッドソックスでしたが、ラファエル・デバースの当たりは、2塁ゴロ。4−6−3のダブルプレー。ただ、この併殺プレーの間に三塁ランナーのアレックス・ベルドゥーゴが還り、レッドソックスがようやく先取点をもぎ取ったのでした。

 レッドソックスは8回裏には、ギャレット・ウィットロックが登板。被安打1を許しましたが、無失点に。

 9回裏は、クローザーのマット・バーンズが登板し、こちらも被安打1を許したものの無失点。

 レッドソックスが虎の子の1点を守りきり、1-0で勝利したというすごいゲームでした。

 シリーズを2勝1敗と勝ち越したレッドソックスは、シーズン53勝目。この日はレイズも勝利したので、ゲーム差は変わりませんでしたが、2位レイズとは4.5ゲーム差です。

 レッドソックスは5日からエンゼルスとの3ゲームシリーズです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました