スポンサーリンク

【MLB2023】ルーキーながらオールスターのスターターとなったDバックス、コービン・キャロルの後半戦にも期待!

ROYへ

 ルーキーながらオールスターのスターターにも選出されたDバックスのコービン・キャロル。Dバックスをナ・リーグ西地区の首位争いの好位置に上げている原動力の1人でもあります。

 投手ではオールスターでスターターも務めたザック・ギャレンの投球が際立っており、打者ではアレク・トーマス、クリスチャン・ウォーカーとともにやはりコービン・キャロルの活躍は目を引くものがあります。

 2022シーズンのデビューからそのスピードには驚かされるばかりでした。

長打もあるコービン・キャロル

 コービン・キャロルの身長は5フィート10インチ。177.8cmほどです。打撃が期待されるOFとしてサイズはかなり小さい方。しかし、前半戦の成績は、86試合ですでに89安打を放ち、打率.289、OBP .366、SLG .549、OPS.915をマーク。HR 18、二塁打 20、三塁打 3、RBI 48、盗塁 26、BB 32、SO 67。

 サイズだけで見れば、スピードのある安打製造タイプの打者と思いきや、本塁打が18で、SLGを .549も叩き出しているのがコービン・キャロルの驚異的なところです。

 オールスターの中継でも紹介されていましたが、シアトル出身で子供の頃のヒーローはイチロー選手だったとか。

 6月には打率.291、OBP .348、SLG .631、HR 8、RBI 22、RUN 25でナ・リーグのROM(Rookie of the Month)にも選ばれました。

コービン・キャロルとは

 コービン・キャロルは、2000年8月21日生まれの22才(現地2023年7月14日時点)。まもなく23才となります。ワシントン州シアトルのレイクサイド・スクール出身。左投げ左打ち。

 オールスターでも特別にシアトル出身ということでアナウンスされていました。

 2019年のアマチュアドラフト1巡目(全体16位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名されてプロ入り。AZLダイヤモンドバックス(ルーキー・リーグ)にてプロキャリアをスタートさせ、31試合に出場した後、クラスAマイナスのヒルズボロ・ホップスに昇格。さらに11試合に出場。この年は併せて42試合に出場し、打率.299、OBP .409、SLG .487をマーク。しかも、この限られた期間にトリプルを7本も記録しています。

 2020年はコロナ・パンデミックでマイナーがキャンセルとなったため、欠場を余儀なくされました。これがなければもう1年早くデビューしていたかもしれません。

2021年に右肩手術でシーズン・エンディング

 2021年、シーズン前のマイナーリーグの再編成でハイAのヒルズボロに昇格し、最初の1週間で23打数10安打、二塁打2本、三塁打2本、HR 2本を放ち、打率.435、OBP .552、SLG .913と驚異的なスタートを見せます。

 ところが、この年は7試合のみの出場にとどまります。右肩の手術を余儀なくされたのです。この年のシーズン・エンディングの右肩手術が2023シーズンのオールスター前の欠場の遠因でもあります。 

 2022年、ダブルAのアマリロ・ソッド・プードルズで開幕を迎え、58試合で打率.313、16HR、39 RBIをマーク。6月後半から7月上旬にかけて一旦、ルーキー・リーグに所属しますが、これはフューチャーズ・ゲームのNLのメンバーに選ばれた関係のロスター上の都合でそうなっただけだと考えられます。

 7月10日にはトリプルAのレノ・エイセス(Aces)に昇格。リノでの33試合で打率.287、OBP .408、SLG .535、二塁打11、HR 7、RBI 22。盗塁は両レベルを併せて31。

2022年にMLBデビュー

 2022年8月29日のフィリーズ戦で8番RFとしてメジャー・デビュー。クリストファー・サンチェスから二塁打を放ち、勝利に貢献。この試合は、Dバックスが4回途中まで0-7とリードされていたものの、4回と5回の両イニングで6得点を奪い、大逆転劇を演じました。コービン・キャロルは、4回にエラーで出塁して得点。5回には2点タイムリー2塁打を放っています。

 MLBでは32試合で打率.260、OBP .330、SLG .500、HR 4、RBI 14。この時点でとんでもないルーキーだと大きな注目を浴びたのでした。

2023年3月に長期契約

 そして2023年のシーズン前の3月11日、Dバックスは早速、手を打ちました。以下の内容でコービン・キャロルと契約です。

  • 8 年/$111M (2023-30) + 2031 $28M クラブ・オプション
    • サイニング・ボーナス:$5M (2023年5月15に支払い)
    • $1M (23) 、$3M(24)、$5M(25)、$10M(26)、$12M(27)、$14M(28)、$28M(29)、$28M(30)、$28M(31)クラブ・オプション($5M バイアウト)
    • 2028-30の間にMVPを獲得すれば、次ぎの年からサラリーは$5Mアップ
    • 2028-30の間にMVPの投票で2-5位に入れば次の年から$2.5Mアップ
    • 両条件を達成すれば最大で $7.5Mのベース・アップ

心配なのは右肩

 コービン・キャロルはオールスター前の6月29日と7月6日にスイングで右肩を傷め、1週間で2度も離脱。オールスターの出場も危ぶまれました。これは上述で記載した、古傷です。幸い、怪我は深刻なものではなく、すぐに戦列に復帰し、オールスターにも出場しました。

デラクルーズ出現

 NLのROYはコービン・キャロルで決定と思われた6月上旬。すごいのが出てきましたね。レッズのエリー・デラクルーズです。21才のスイッチ・ヒッター。

 あまりにセンセーショナル過ぎて、かなり目立ってしまいますが、デラクルーズは現時点でデビューしてまだ1ヶ月。

 ROYレースはコービン・キャロルが一歩リードというところですが、コービン・キャロルの懸念点はこの右肩の調子ということになります。

【YOUTUBE】Corbin Carroll is having a MONSTER season!! Is he the leader for NL Rookie of the Year?!

 どうなるでしょうかね?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました