スポンサーリンク

【ロッキーズ2017】ノーラン・アレナドのサイクルヒット

アレナドのサイクル

2017 06 19 NA

こんにちは!

現地2017年6月18日(父の日)のゲームの中で最も輝いたのは誰かというと、コロラドロッキーズのノーラン・アレナドでした。

この日のノーランアレナドはサイクル・ヒットを達成。 しかもサイクル・ヒットを決めた最後の当たりは何とサヨナラホームラン!

非常に劇的な結果となりましたね。

5打数4安打4打点

この日のノーランアレナドは 5打数4安打4打点の活躍 。初回にいきなり三塁打を放ち、勢いに乗ります。もっとも出にくい3塁打で始まったのは記録達成に大きな追い風となりましたね。

4回の第2打席にはシングルヒット、6回の第3打席はタイムリー・ダブルを放ち、 ホームランが出ればサイクル達成というところまでこぎつけます。

7回の第4打席は力みのせいか、三振に終わったものの、9回には劇的な展開が待っていました。

その前に、ジャイアンツは9回表に豪腕マギーから3点を奪い、5-3と2点リードしてクローザーのマーク・メランコンをマウンドに送ります。

9回に集中打で3点を奪うところがジャイアンツらしいところですね!しかし、ジャイアンツの勝利に立ちはだかったのがノーラン・アレナドでした。

ロッキーズは9回裏、1アウトから3連打で1点を返し、5-4と1点差に。

さらに、塁上にチャーリー・ブロックモンとD・J・ ルメイユをおいて、バッターはノーラン・アレナド。

ジャイアンツ、勝負を選択

ジャイアンツ・バッテリーはHRでサイクルを達成というのがわかっていますから、内野が全員集まって慎重に討議します。

難しいところですね。日本なら間違いなく敬遠でしょう。しかし、メジャーは地元チームの看板選手がサヨナラのチャンスの打席に立つ状況で、敬遠など許されるわけがありません。

しかも日曜でお客さんは満員。尚且つサイクルがかかっているわけですから、この状況で敬遠などしようものなら一生野次られます。

勝負をしてくれてラッキー」とアレナドは思ったでしょう(推測です)。

サヨナラ3ランでサイクル達成

それに応えるかのように、ノーラン・アレナドは初球をフルスイング!そしてこれがサヨナラ3ランHRに。

なかなか書けるストーリーではないですね。サイクルの最初の三塁打から収録している動画がこれです。

ロッキーズが7対5でジャイアンツを下したというゲームでした。

スコア

ジャイアンツはなかなか勝てませんね。

ロッキーズは5連勝でがっちり首位をキープです。ナリーグ西地区は同率2位でアリゾナ・ダイヤモンドバックスとドジャースが並んでいます。

ロッキーズ、この調子でまずはオールスターまで持ちこたえてほしいですね

コロラドの二遊間の好プレー

なお、この日とても素晴らしいダブルプレーがありました。2B のD・J・ ルメイユとSSのトレバー・ストーリーの見事なコンビプレイをご覧下さい。

ルメイユのトスも素晴らしかったですが、やはりトレバーストーリーの一塁への送球が見事でしたね。絶妙な体のバランス感覚を使ってバッター・ランナーをアウトにしました。 

これはカッコいいプレーでしたね!

2017 ファザーズ・デーのジャージ

現地2017年6月18日の MLB は ファザーズ・デイで、全チームともにパウダー・ブルー(言い方がお洒落ですね)のジャージを身につけました。

今年のファーザーズ・デーのキャップやジャージのデザインはなかなかいいですね。

特にブルーがチームカラーのクラブのジャージはとても綺麗でした。反対に、赤やオレンジを基調としたチームの場合はさすがに赤目の色が浮いた感じになってしまって、残念なところもありましたが。

これはマジェスティックにとって来年の課題ですかね。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました