スポンサーリンク

【MLB2023】監督取り消しから3年、メッツがカルロス・ベルトランをGMの特別補佐に起用

次期監督候補に違いない!

 現地2023年2月5日、ニューヨーク・メッツがクラブOBのカルロス・ベルトラン(Carlos Beltran)をフロント・オフィスに迎え入れることとなりました。

 役職は、GMへのスペシャル・アシスタント。これはアシスタントGMとはまた違います。GMのビリー・エプラーにおそらく現場レベルでの助言などを行う役割になりそうです。

 まもなく、公式となる見込みです。

監督就任キャンセルから3年

 カルロス・ベルトランといえば、2020シーズンに向けてメッツの新監督に指名されていた人物。

 ちょうどミッキー・キャラウェイが現地2019年10月4日に監督を解雇となって1ヶ月に決まった人事でした。ブロディ・バンワゲネンのGM期でしたね。

 ところが、2019年の遅くに嵐のように吹き荒れたサイン・スティーリング問題の余波を受け、指揮を執ることなく2020年1月に解雇となりました。

 2017年当時、アストロズに在籍していたカルロス・ベルトランは、首謀ではなかったものの、スキャンダルに名前が上がった余波を受けての解任でもありました。ただ、当時のメッツの解任理由は、個人的なFinancial Problemによるものとされました。

癖を盗む名人 

 ベルトランの場合、長年の経験から投手の癖を見抜く名人とも言われておりました。癖を見抜くのはまっとうなことかと思います。現場レベルではわかってしまうことも多々ありますし、それを攻撃陣で共有することも非ではないと思います。もしも、そこが拡大解釈されてしまったのなら、本人とすれば納得できないことでしょう。

 果たして、何らかのサインの伝達にも一役買っていたのかどうか??・・・やはりそこはよくわからないところです。

 言えるのは、ベルトランは相当野球に詳しい人物であり、このような人物が野球から離れてしまうのは勿体ないということでした。

 もっとも、外部からの色目を払拭するためにも、より正々堂々としたスポーツマンシップの実行も必要にはなってくると思います。

次への布石

 さて、今回のフロントオフィスへの人事に何やら匂いを感じとっている人も多いかもわかりません。

 現場復帰への布石のようにも思えますね。

 一度現場以外の経営の視点からゲームを見させるという意図もあるでしょうし、それによってフロントオフィスとの意思疎通の風通しをよくしておく目的もあるでしょう。また、編成の立場から選手を見抜くトレーニングも兼ねていそうです。さらに、彼が目にかけるプロスペクトが2-3年後成長し、主力になっていくかもしれません。

 そのようなことを考えると、次の監督に据える要素ばかりが目立ちます。

 現監督のバック・ショーウォルターの契約は、3年(2022-2024)で残り2シーズン。68才の年齢までの契約です。

 もしもメッツが今季、巨大戦力で優勝を逃すようなことがあれば、やはり監督にその火の粉は降りかかりそうですし、高齢という問題もあります。それにオールドスクールでもだめなのか?となれば、次の手は野球博士のようなベルトランくらいしか任せられる人物はいなさそうです。

 上記は筆者の妄想も入っていると思いますので、じっくりと今後を見てみてください。

偉大な選手

【YOUTUBE】Beltran hits three two-run homers on the day

 カルロス・ベルトランの現役最後は上述の2017年のアストロズでした。

 MLB通算20年で、2,586試合に出場。打率.279、OBP .350、SLG .486、HR 435、RBI 1,587、盗塁312四球1,084、敬遠104。

 HRバッターは打率が低くなるケースがよくありますが、ベルトランは.279。このバランスがすごいです。さすがにHRと打率のバランスで言えば、アルバート・プホルズがやはりすごいです。HR703、打率.296です!

 BB%はキャリアを通じて9.8%。これは現役終盤の5%から6%台の数字がやや足を引っ張っているのですが、メッツ時代は軒並み10% オーバー。2006年に至っては、年間 95 BBで、BB%は、15.4%を誇ります。

 盗塁312というのも輝くポイントです!まさに5ツールの偉大な選手でした。なお、現役時代はスイッチヒッターです。

【アウォード】

  • 1999 ROY
  • オールスター9度出場
  • ゴールドグラブ賞3度受賞
  • シルバースラッガー賞2度受賞
  • 2017 ワールドシリーズタイトル 

 メッツとベルトランの動きに注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました