スポンサーリンク

【MLB2020】メッツ次期監督にカルロス・ベルトラン!現場を熟知した指揮官に期待

2020メッツ監督が決定

 現地2019年11月1日、ニューヨーク・メッツは次期監督にOBのカルロス・ベルトランを指名しました。現地2019年10月4日に2年間監督を務めたミッキー・キャラウェイを解雇してから約1ヶ月。多くの候補と面談した末に当初から有力候補と目されていたベルトランにようやく落ち着きました。

 カルロス・ベルトランはメッツ第22代目の監督となります。ブロディ・バンワゲネンGMは来週、記者発表を行うと説明。

ファイナリストは2人

 複数の候補と2次面談までやっていたメッツは、まるで役員をリクルーティングしている企業のようにも見えました。ファイナリストに残ったのはエドゥアルド・ペレスとカルロス・ベルトランの2人。

もうひとりの候補だったエドゥアルド・ペレスとは

Eduardo Perez Minor, Japanese & Winter Leagues Statistics & History | Baseball-Reference.com
All Professional Baseball Statistics for Eduardo Perez.

 エドゥアルド・ペレスは1969年生まれの50才で現役時代は内外野を守れる野手。1991年カリフォルニアエンゼルス1巡目指名。1993年から2006年まで現役。

元阪神

 その間、2001年に阪神でプレーしたこともあります(ネルソン・ペレスではありません)。野村さんの時代でイバン・クルーズもいました。引退後は指導者経験が豊富でマーリンズ・ヒッティング・コーチ(2011)、アストロズ・ベンチコーチ(ポーター時代の2013)、その他、2014年から2年間はプエルトリコ、ベネズエラ・リーグで指導、2016年からはカレッジ・ベースボールで指導していました。

決め手は

 双方ともに監督としては優れた才能を持っていそうです。決め手についてワゲネンGMは語っていませんが、現場の選手がどちらの方が言うことを聞くか?という「重み」で決定したのではないか?と推測します。

卓越したコミュニケーション力

 「俺の頃はな・・・」という程度の監督なら選手がついてこない時代なのはMLBでも同じで、その類なら選ばれなかったと思いますが、ベルトランは名選手でありながら高いコミュニケーション能力を有すると評判です。

癖を見抜く天才でもある

 ベルトランの特徴として、癖を見抜く天才であることはよく知られています。直近ではヤンキースOBでもあるベルトランは今季、ジェームズ・パクストン にカーブの時の癖を指摘。修正させています。

カルロス・ベルトランとは

Carlos Beltran Stats | Baseball-Reference.com
Career: 435 HR (47th), .279 BA, 1587 RBI (41st), CF, 1999 AL RoY, 9xAllStar, 3xGG, Mets/Royals/... 1998-2017, b:B/t:R, born in Puerto Rico. 1977

 カルロス・ベルトランはプエルトリコ出身の42才。現役最後は2017年のアストロズでした。MLB通算20年で、2,586試合に出場。打率.279、OBP .350、SLG .486、HR 435、RBI 1,587、盗塁312、四球1,084、敬遠104。

【アウォード】

  • 1999 ROY
  • オールスター9度出場
  • ゴールドグラブ賞3度受賞
  • シルバースラッガー賞2度受賞
  • 2017 ワールドシリーズタイトル

 キャリアを通じてのWAR 69.6は歴代103位。69.6は現役でミゲル・カブレラ、ロビンソン・カノーも同じ数字です。ちなみに1位はもちろんベーブ・ルースで182.4。現役最高はアルベルト・プホルズの31位、100.3です。

どれだけ選手が残るか?

 ベルトランが舵取りをやりやすくするにはやはり戦力がいたほうがいいに決まっていますが、今ところもしもトレードがなければ、2020年のメッツはジェイコブ・デグロム、ピート・アロンソ、ノア・シンダーガード、マーカス・ストロマン、マイケル・コンフォート、アメッド・ロザリオ、ジェフ・マクニール、ロビンソン・カノというすごいメンバー揃い。

コミュニケーションはオーナーとも

 メッツがサラリーに対してさらに投資する気があるかどうか、微妙なところです。 オーナーである不動産王、ウィルポン家がどうするのか。前年、ワゲネンGMは監督室で椅子を投げたと報道されましたが、それは間違いなくオーナーからのプレッシャーからくるフラストレーション。それを受けていたキャラウェイ監督も大変だったでしょう。

 あまり偏見をもってはいけませんが、コミュニケーションが難しいのは選手よりもむしろこのオーナー層。キャラウェイが対処したラインを超えることが要求されます。とにかく求められるのはポストシーズン出場。2016年以来の達成となるか重い使命を背負います。

 ベルトランに幸運を。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました