スポンサーリンク

【サイン・スティーリング・スキャンダル】カルロス・ベルトラン、指揮を執らず退任へ

メッツ、ベルトラン双方のもと

 エレクトリック・デバイスを使ったサイン・スティーリング・スキャンダルの余波はやはりこの人にも及びました。

 現地2020年1月16日、ニューヨーク・メッツは2020年から指揮を執る事を決めていたカルロス・ベルトランの解雇を決めました。これでサイン・スティーリング・スキャンダルによる監督辞任はA.J.ヒンチ、アレックス・コーラに続き、3人め。

 メッツの短い発表には”mutually part ways”、「互いに別つ」という言い方で表現されていました。

MLB側からは処罰なし

 ヒンチ監督とルノーGMが解雇となる直前に出たMLBロブ・マンフレッド・コミッショナーが出した公式声明にはカルロス・ベルトランの名前は一度しか出ていません。

Approximately two months into the 2017 season, a group of players, including Carlos Beltrán, discussed that the team could improve on decoding opposing teams’ signs and communicating the signs to the batter. 

Statement of the Commissioner 

 選手全員の中の一人としての記載です。声明内にはベルトランの処罰の記載はありません。当時選手だったベルトランがセンターカメラを用いたサイン・デコーディング(解読)からバッターへリレーした行為の首謀ではないという声明文でもありました。

メッツ、解雇に踏み切る

 しかし、メッツが解雇に踏み切ったのは、ブロディー・ヴェン・ワゲネンGMが発表した下記のコメントによることになります。

“This was not an easy decision. Considering the circumstances, it became clear to all parties that it was not in anyone’s best interest for Carlos to move forward as Manager of the New York Mets.

ESPN

 このコメント自体は単に余波を受けた上、この状況では監督としての道を開くわけにはいかないという曖昧なものでもありますが、こうせざるを得なかったとと思います。

 メッツがベルトランを監督して採用すると決めてすぐに今回のThe Athleticによる独占記事が発表されたのでした。

指揮執らず退任は2人め

 ベルトランは指揮を執ることなく退任となった訳ですが、これはMLBでは2度目のことで、2004年アリゾナ・ダイヤモンドバックスがウォリー・バックマンの監督就任発表から4日後に解任された例以来です。

Wally Backman Stats | Baseball-Reference.com
Career: 10 HR, .275 BA, 240 RBI, 2B/3B, Mets/Phillies/... 1980-1993, b:B/t:R, born in OR 1959

 ウォリー・バックマンは1986年のメッツのワールドシリーズ・チャンプ戦士。何の因果か、彼もメッツの選手でした。

 解任された理由は個人的なFinancial Problem(破産かと)と逮捕歴によるものとされています。リーダーとしての資質に大きな難点があったため、ギリギリのところで解任に至ったのでしょう。

ベルトランは癖を見抜く名人

 カルロス・ベルトランは投手の癖を見抜く名人だったとも言われています。これは打者としてなんらかの違和感を配球の読みにつなげるという点では筆者は特に問題とは思っておりません。わかるものはわかりますから。

 その顕著な例はALDS 2019 Game5でタイラー・グラスノーのグラブの位置に関するものです。わかりやすい例としてこれを上げましたが、念の為これにベルトランが関わったということではありません。癖を見抜くわかりやすい例として上げました。

  残念なのは、ベルトランは本来、野球博士とも言えるような資質をもった人だったということです。彼の知恵が今後現場に活かされない可能性が高いことは野球界にとってはマイナスでしょう。ゆえに報告書上ではベルトランの関与は明確に触れられていなかったものの、火のないところに煙は立たないというスタンスで野球に関わって欲しかったなと思います。

 メッツはレッドソックス同様にこれからマネジリアル・リサーチということになりました。ピッチャー&キャッチャー・レポートまで一ヶ月を切っております。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました