スポンサーリンク

【MLB2023】マット・マクレインがグランドスラム!レッズ、翌週に向け重要なDバックス戦で勝利

レッズ、6連敗の後の3連勝

 ナ・リーグ中地区でブルワーズとの熾烈な首位攻防を展開するシンシナティ・レッズが現地2023年7月21日、Dバックスの初戦に打ち勝ちました!

 レッズはオールスター前の7月7日からのブルワーズとの3ゲームシリーズを1勝2敗で負け越し。オールスター・ブレイク後の14日から始まったブルワーズとの3ゲームシリーズではスイープされました。そのスイープは内容は良くていずれも1点差での敗戦。

 そして直前のジャイアンツとの4ゲームシリーズのGame1,2で連敗し、後半戦は5連敗となっていました。オールスター前からの敗戦で行くと6連敗。

 しかし、現地19日のジャイアンツとのGame3、4に連勝。ようやく調子と取り戻したところで、Dバックスの3ゲームシリーズを迎えました。

マット・マクレインがグランドスラム!

 乱打戦となったこのゲームは、Dバックスが左腕のトミー・ヘンリー、レッズは右腕のベン・ライブリーが登板。ともになかなか落ち着かない状態で中盤へ。 

 4-2とレッズが2点をリードして迎えた5回表、Dバックスはケーテル・マルテのトリプルで1点を還して3-4。

 そして5回裏、レフティーのジョーイ・ボットを2Bゴロで仕留めたヘンリーはここで降板。豪球のジャスティン・マルチネスがマウンドに上がります。

 レッズはクリスチャン・エンカーナシオン=ストランドと、タイラー・スティーブンソンの連続安打でチャンスメイク。ここでウィル・ベンソンが二塁打を放って1点を追加して5-3に。

 1塁が空いていたことから、エリー・デラクルーズは申告敬遠。1アウト満塁でニック・センゼルの代打にTJ・フリードルが送られるも、フリードルは三振に倒れて2アウト。

 ここで回ってきたのがマット・マクレイン。ジャスティン・マルチネスはここぞとばかり腕を振って、マクレインに100mphを連発。しかし、3球目。真ん中高めに浮いたところをマクレインは逆方向を狙ってスイング。これがRFスタンドに入るグランドスラムとなり、レッズが9−3と一気にリードを拡げます。

 この一発は大きかったですし、100mphの強いボールに対してしっかりと逆方向に対応したのが素晴らしいなと思いました。

 レッズは7回表に、フェルナンド・クルーズがHRなどで3失点するも、8回表はルーカス・シムズが、9回表は、アレクシス・ディアスがしっかりと締めて、9-6でDバックスに勝利。

 マット・マクレインの一発が効いた勝利でした。

MLB Gameday: D-backs 6, Reds 9 Final Score (07/21/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

マット・マクレインはエリーとともに殊勲の活躍

 レッズのマット・マクレインは2021年のレッズの1巡目指名。なお2018年にはDバックスから1巡目指名を受けるも拒否して、UCLAに入りました。

 デビューは今季5月15日。まだ2ヶ月超しか経過していないのですが、レッズのSSに安定感をもたらし、さらにここまで打率.301、OBP .367、SLG .519、9HR、34 RBI、44 RUN、8 SBと活躍。

 見ていて非常に期待したくなる選手。身長は173cm。サイズに負けないパワーとスピード、そしてうまいフィールディングがあります。

 エリー・デラクルーズはマクレインの1ヶ月後にデビュー。ともに1、2ヶ月のビッグリーグ経験者がチームの躍動を支えています。

レッズはこの後、MIL、LADと続く!

 レッズはこのDバックスとの3ゲームシリーズをなんとしてでも勝ち越す必要があります。というのも、24日からミラー・パークで再びブルワーズとの首位攻防3連戦を控え、さらにその後は、ロスに飛んでドジャースとの3連戦。やれやれ首位攻防が終わった!と一息つこうとしたら、さらなる強敵が控えているという鬼のスケジュール設定となっています。

 今調子を落としているDバックスからは勝ちをもぎ取っておきたいところだったので、Game1の1勝は大きいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました