スポンサーリンク

【MLB】2020年ドラフト・オーダー(全160位)

全160位の指名順

 現地2020年6月10日(水)- 11日(木)、日本時間で11日(水)から11日(金)にMLB 2020ドラフトが開催されます。

 10日は1巡目、11日は2巡目以降の指名です。

 下記の記事にて2巡目までのオーダーは書いておりましたが、今回はあらためて全5巡、160位までのオーダーを記載しておきたいと思います。

1巡目

 2020年の全体1位はデトロイト・タイガースです。

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. ロサンゼルス・エンゼルス
  11. シカゴ・ホワイトソックス
  12. シンシナティ・レッズ
  13. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  14. テキサス・レンジャーズ
  15. フィラデルフィア・フィリーズ
  16. シカゴ・カブス
  17. ボストン・レッドソックス
  18. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  19. ニューヨーク・メッツ
  20. ミルウォーキー・ブルワーズ
  21. セントルイス・カージナルス
  22. ワシントン・ナショナルズ
  23. クリーブランド・インディアンス
  24. タンパベイ・レイズ
  25. アトランタ・ブレーブス
  26. オークランド・アスレチックス
  27. ミネソタ・ツインズ
  28. ニューヨーク・ヤンキース
  29. ロサンゼルス・ドジャース

 アストロズはサイン・スティーリング・スキャンダルの罰則で1巡目の指名はなし。

Competitive Balance Round A

  1. ボルチモア・オリオールズ
  2. ピッツバーグ・パイレーツ
  3. カンザスシティ・ロイヤルズ
  4. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  5. サンディエゴ・パドレス
  6. コロラド・ロッキーズ
  7. クリーブランド・インディアンス
  8. タンパベイ・レイズ (カージナルスからトレードで獲得)

2巡目

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. シカゴ・ホワイトソックス
  11. シンシナティ・レッズ
  12. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  13. テキサス・レンジャーズ
  14. シカゴ・カブス
  15. ニューヨーク・メッツ
  16. ミルウォーキー・ブルワーズ
  17. セントルイス・カージナルス
  18. ワシントン・ナショナルズ
  19. クリーブランド・インディアンス
  20. タンパベイ・レイズ
  21. オークランド・アスレチックス
  22. ミネソタ・ツインズ
  23. ロサンゼルス・ドジャース
  • アストロズとレッドソックスはサイン・スティーリング・スキャンダルの罰則で指名できず
  • エンゼルス(アンソニー・レンドン)、フィリーズ(ザック・ウィーラー)、ダイヤモンドバックス(マディソン・バンガーナー)、ブレーブス(ウィル・スミス)、ヤンキース(ゲリット・コール)がFA選手を獲得したため指名権を喪失。

Competitive Balance Round B

  1.  マイアミ・マーリンズ
  2. デトロイト・タイガース
  3. セントルイス・カージナルス (トレードでレイズから獲得)
  4. シアトル・マリナーズ (トレードでブルワーズから獲得)
  5. シンシナティ・レッズ
  6. ロサンゼルス・ドジャース (トレードでツインズから獲得)

Compensation picks

  1. サンフランシスコ・ジャイアンツ (FAマディソン・バンガーナー喪失の補填)
  2. サンフランシスコ・ジャイアンツ (FAウィル・スミス喪失の補填)
  3. ニューヨーク・メッツ (FAザック・ウィーラー喪失の補填)
  4. セントルイス・カージナルス (FAマーセル・オズーナ喪失の補填)
  5. ワシントン・ナショナルズ (FAアンソニー・レンドン喪失の補填)
  6. ヒューストン・アストロズ (FAゲリット・コール喪失の補填)

3巡目

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. ロサンゼルス・エンゼルス
  11. シカゴ・ホワイトソックス
  12. シンシナティ・レッズ
  13. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  14. テキサス・レンジャーズ
  15. フィラデルフィア・フィリーズ
  16. シカゴ・カブス
  17. ボストン・レッドソックス
  18. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  19. ニューヨーク・メッツ
  20. ミルウォーキー・ブルワーズ
  21. セントルイス・カージナルス
  22. ワシントン・ナショナルズ
  23. クリーブランド・インディアンス
  24. タンパベイ・レイズ
  25. アトランタ・ブレーブス
  26. オークランド・アスレチックス
  27. ニューヨーク・ヤンキース
  28. ロサンゼルス・ドジャース
  29. ヒューストン・アストロズ
  • ツインズはジョシュ・ドナルドソンを獲得したため3巡目指名権を喪失。

4巡目

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. ロサンゼルス・エンゼルス
  11. シカゴ・ホワイトソックス
  12. シンシナティ・レッズ
  13. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  14. テキサス・レンジャーズ
  15. フィラデルフィア・フィリーズ
  16. シカゴ・カブス
  17. ボストン・レッドソックス
  18. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  19. ニューヨーク・メッツ
  20. ミルウォーキー・ブルワーズ
  21. セントルイス・カージナルス
  22. ワシントン・ナショナルズ
  23. クリーブランド・インディアンス
  24. タンパベイ・レイズ
  25. アトランタ・ブレーブス
  26. オークランド・アスレチックス
  27. ミネソタ・ツインズ
  28. ニューヨーク・ヤンキース
  29. ロサンゼルス・ドジャース
  30. ヒューストン・アストロズ

5巡目

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. ロサンゼルス・エンゼルス
  11. シカゴ・ホワイトソックス
  12. シンシナティ・レッズ
  13. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  14. テキサス・レンジャーズ
  15. フィラデルフィア・フィリーズ
  16. シカゴ・カブス
  17. ボストン・レッドソックス
  18. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  19. ニューヨーク・メッツ
  20. ミルウォーキー・ブルワーズ
  21. セントルイス・カージナルス
  22. ワシントン・ナショナルズ
  23. クリーブランド・インディアンス
  24. タンパベイ・レイズ
  25. アトランタ・ブレーブス
  26. オークランド・アスレチックス
  27. ミネソタ・ツインズ
  28. ロサンゼルス・ドジャース
  29. ヒューストン・アストロズ
  • ヤンキースはゲリット・コール獲得のため、5巡目を喪失。

 権利喪失に関しては下記のサイトをご参照ください。

最多指名数と最少指名数

 5巡目指名という短縮版での各クラブの指名人数は以下の通り。最多はカージナルスとジャイアンツの7名。最少はヤンキースの3名。プロスペクトが枯渇しているブルワーズとレッドソックスはそれぞれ5名、4名となっています。

  • 7名:STL、SFG
  • 6名:DET、BAL、MIA、KCR、SEA、PIT、SDP、COL、CIN、LAD、TBR、CLE、WSH、NYM
  • 5名:TOR、CWS、TEX、ARI、OAK、MIL、CHC
  • 4名:LAA、PHI、HOU、MIN、ATL、BOS
  • 3名:NYY

 2020年ドラフト、楽しみです!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました