【MLB】2020年ドラフト・オーダー(全160位)

良いなと思ったらシェアお願いします

全160位の指名順

 現地2020年6月10日(水)- 11日(木)、日本時間で11日(水)から11日(金)にMLB 2020ドラフトが開催されます。

 10日は1巡目、11日は2巡目以降の指名です。

 下記の記事にて2巡目までのオーダーは書いておりましたが、今回はあらためて全5巡、160位までのオーダーを記載しておきたいと思います。

MLB2020ドラフトは5巡目で終了することに。決め手となったコストセーブ。ドラフト・マネーのスロットとプールとは?

1巡目

 2020年の全体1位はデトロイト・タイガースです。

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. ロサンゼルス・エンゼルス
  11. シカゴ・ホワイトソックス
  12. シンシナティ・レッズ
  13. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  14. テキサス・レンジャーズ
  15. フィラデルフィア・フィリーズ
  16. シカゴ・カブス
  17. ボストン・レッドソックス
  18. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  19. ニューヨーク・メッツ
  20. ミルウォーキー・ブルワーズ
  21. セントルイス・カージナルス
  22. ワシントン・ナショナルズ
  23. クリーブランド・インディアンス
  24. タンパベイ・レイズ
  25. アトランタ・ブレーブス
  26. オークランド・アスレチックス
  27. ミネソタ・ツインズ
  28. ニューヨーク・ヤンキース
  29. ロサンゼルス・ドジャース

 アストロズはサイン・スティーリング・スキャンダルの罰則で1巡目の指名はなし。

MLBドラフト2020は6/10-11開催。ファストボールがキレキレのRHP、エマーソン・ハンコックは何位で指名されるか

Competitive Balance Round A

  1. ボルチモア・オリオールズ
  2. ピッツバーグ・パイレーツ
  3. カンザスシティ・ロイヤルズ
  4. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  5. サンディエゴ・パドレス
  6. コロラド・ロッキーズ
  7. クリーブランド・インディアンス
  8. タンパベイ・レイズ (カージナルスからトレードで獲得)

2巡目

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. シカゴ・ホワイトソックス
  11. シンシナティ・レッズ
  12. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  13. テキサス・レンジャーズ
  14. シカゴ・カブス
  15. ニューヨーク・メッツ
  16. ミルウォーキー・ブルワーズ
  17. セントルイス・カージナルス
  18. ワシントン・ナショナルズ
  19. クリーブランド・インディアンス
  20. タンパベイ・レイズ
  21. オークランド・アスレチックス
  22. ミネソタ・ツインズ
  23. ロサンゼルス・ドジャース
  • アストロズとレッドソックスはサイン・スティーリング・スキャンダルの罰則で指名できず
  • エンゼルス(アンソニー・レンドン)、フィリーズ(ザック・ウィーラー)、ダイヤモンドバックス(マディソン・バンガーナー)、ブレーブス(ウィル・スミス)、ヤンキース(ゲリット・コール)がFA選手を獲得したため指名権を喪失。

Competitive Balance Round B

  1.  マイアミ・マーリンズ
  2. デトロイト・タイガース
  3. セントルイス・カージナルス (トレードでレイズから獲得)
  4. シアトル・マリナーズ (トレードでブルワーズから獲得)
  5. シンシナティ・レッズ
  6. ロサンゼルス・ドジャース (トレードでツインズから獲得)

Compensation picks

  1. サンフランシスコ・ジャイアンツ (FAマディソン・バンガーナー喪失の補填)
  2. サンフランシスコ・ジャイアンツ (FAウィル・スミス喪失の補填)
  3. ニューヨーク・メッツ (FAザック・ウィーラー喪失の補填)
  4. セントルイス・カージナルス (FAマーセル・オズーナ喪失の補填)
  5. ワシントン・ナショナルズ (FAアンソニー・レンドン喪失の補填)
  6. ヒューストン・アストロズ (FAゲリット・コール喪失の補填)

3巡目

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. ロサンゼルス・エンゼルス
  11. シカゴ・ホワイトソックス
  12. シンシナティ・レッズ
  13. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  14. テキサス・レンジャーズ
  15. フィラデルフィア・フィリーズ
  16. シカゴ・カブス
  17. ボストン・レッドソックス
  18. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  19. ニューヨーク・メッツ
  20. ミルウォーキー・ブルワーズ
  21. セントルイス・カージナルス
  22. ワシントン・ナショナルズ
  23. クリーブランド・インディアンス
  24. タンパベイ・レイズ
  25. アトランタ・ブレーブス
  26. オークランド・アスレチックス
  27. ニューヨーク・ヤンキース
  28. ロサンゼルス・ドジャース
  29. ヒューストン・アストロズ
  • ツインズはジョシュ・ドナルドソンを獲得したため3巡目指名権を喪失。

4巡目

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. ロサンゼルス・エンゼルス
  11. シカゴ・ホワイトソックス
  12. シンシナティ・レッズ
  13. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  14. テキサス・レンジャーズ
  15. フィラデルフィア・フィリーズ
  16. シカゴ・カブス
  17. ボストン・レッドソックス
  18. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  19. ニューヨーク・メッツ
  20. ミルウォーキー・ブルワーズ
  21. セントルイス・カージナルス
  22. ワシントン・ナショナルズ
  23. クリーブランド・インディアンス
  24. タンパベイ・レイズ
  25. アトランタ・ブレーブス
  26. オークランド・アスレチックス
  27. ミネソタ・ツインズ
  28. ニューヨーク・ヤンキース
  29. ロサンゼルス・ドジャース
  30. ヒューストン・アストロズ

5巡目

  1. デトロイト・タイガース
  2. ボルチモア・オリオールズ
  3. マイアミ・マーリンズ
  4. カンザスシティ・ロイヤルズ
  5. トロント・ブルージェイズ
  6. シアトル・マリナーズ
  7. ピッツバーグ・パイレーツ
  8. サンディエゴ・パドレス
  9. コロラド・ロッキーズ
  10. ロサンゼルス・エンゼルス
  11. シカゴ・ホワイトソックス
  12. シンシナティ・レッズ
  13. サンフランシスコ・ジャイアンツ
  14. テキサス・レンジャーズ
  15. フィラデルフィア・フィリーズ
  16. シカゴ・カブス
  17. ボストン・レッドソックス
  18. アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  19. ニューヨーク・メッツ
  20. ミルウォーキー・ブルワーズ
  21. セントルイス・カージナルス
  22. ワシントン・ナショナルズ
  23. クリーブランド・インディアンス
  24. タンパベイ・レイズ
  25. アトランタ・ブレーブス
  26. オークランド・アスレチックス
  27. ミネソタ・ツインズ
  28. ロサンゼルス・ドジャース
  29. ヒューストン・アストロズ
  • ヤンキースはゲリット・コール獲得のため、5巡目を喪失。

 権利喪失に関しては下記のサイトをご参照ください。

最多指名数と最少指名数

 5巡目指名という短縮版での各クラブの指名人数は以下の通り。最多はカージナルスとジャイアンツの7名。最少はヤンキースの3名。プロスペクトが枯渇しているブルワーズとレッドソックスはそれぞれ5名、4名となっています。

  • 7名:STL、SFG
  • 6名:DET、BAL、MIA、KCR、SEA、PIT、SDP、COL、CIN、LAD、TBR、CLE、WSH、NYM
  • 5名:TOR、CWS、TEX、ARI、OAK、MIL、CHC
  • 4名:LAA、PHI、HOU、MIN、ATL、BOS
  • 3名:NYY

 2020年ドラフト、楽しみです!

MLBドラフト2019が行われ、オリオールズが指名した全体1位は魅力ある捕手でした!

 お読みいただき、ありがとうございました。

現地2020年6月11日に行われたドラフト2日目、ラウンド2以降のピックアップとアンドラフティッドについて
スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク