スポンサーリンク

大谷選手、27号、28号連発でついに先発投手がHRランクトップへ

ヤンキース戦でマルチHR

 現地2021年6月29日、エンゼルス@ヤンキースのGame2。このゲームでも大谷選手はまたやってくれましたね。

 27号、28号のマルチHRをマーク。ついにHRランキング・トップに躍り出ました。しかも、2位のゲレロ・Jr.に2本の差もつけて。

歴史的快挙 

 以前、ジェイコブ・デグロムの今季の投球をリアルタイムで見られる状況について書かせていただきました。

 そして大谷選手の活躍もリアルタイムで見られる貴重な体験もしていると言わざるを得ません。まず、先発投手が7月が来ようかという時期に、HRランキングのトップ争いをしているということ。

 そして、先発投手として11試合、59.1イニングを投じ、3勝1敗、ERA2.58、奪三振は82をマーク。現時点でア・リーグの先発試合数NO.1はザック・グレインキの17試合で、イニング数NO.1も同じくザックの103.2イニングですが、週に1度、あるいは5日に1度でローテーションを回しながら、なおかつ前後のゲームにもしっかり出ているという。

 しかも、それをやっているのは日本人です!10年前の2011年にこのようなことを想像した方はいたでしょうか?もちろん、筆者も想像力の乏しさからまるでそのようなイメージの芽さえも持っていませんでした。また、10年前に大きな震災のあった岩手県から生まれた青年が大仕事をやってのけている姿に感動さえ覚えます。こんなストーリーを描けるのはとてつもなく大きな存在しかいないのではないかと思います。

タイヨンの強いボールをHR

 ゲームの方ですが、大谷選手は2番DHでの出場。

 ヤンキースの先発は、ジェイムソン・タイヨンでした。4シームのベロシティーは94-95mphというところでしたが、さすがに強いボールを投げていましたね。数字以上に威力を感じました。

 大谷選手が27号を放ったのは3回表。すでにスコアは2−5とヤンキースがリードという状況。

 大谷選手は4球目の95mphの4シームの後の低めのチェンジアップをうまく拾い、これがRFスタンドにライナーで入るHR。

 そして28号は、2打席連続となりました。5回表にデービッド・フレッチャーを1塁に置いて回ってきました。前の打席でチェンジアップを拾われたバッテリーはこの打席では4シームが多め。ゲーム中盤でタイヨンの4シームの威力も増していました。さすがにこの打席では苦戦するのではないかと思われましたが、どうも大谷選手は打席内でアジャストした模様。5球目の94.7mphの4シームはインハイに投じられたのですが、これをさばくようにバットを出し、前の打席よりもさらに速い打球速度でヤンキー・スタジアムのライトスタンドの最前線に飛び込みました。

 このHRでエンゼルスはスコアを5−10に。

エンゼルス、大敗 

 なお、ゲーム結果の方はエンゼルス投手陣が崩れ、前半4回で10点を奪われ、序盤で勝負がついてしまいました。

 この投手のサイクルをなんとかしたいエンゼルスであります。

Game3は1番投手大谷! 

 なお、現地30日に行われるGame3ではやはりマッドン監督はやるだろうなと思っていた1番投手大谷を実現しました。

 どういうゲーム展開になるのか、ヤンキースがこのまま引っ込むとも思えません。厳しい戦いになるかもしれませんが、楽しみですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました