スポンサーリンク

【MLB移籍噂2020】西武からFAの秋山選手にDバックス、カブスが関心

ストーブリーグ噂 for 2020

 現地2019年11月15日の情報です。

 日本時間2019年10月29日に海外FA権行使を宣言し、MLB挑戦を発表した西武の秋山翔吾選手に複数クラブが熱視線を送っています。

 現地2019年11月11日から始まったアリゾナのスコッツデールで開かれていたGMミーティングも14日にクローズとなり噂が出てきました。

秋山選手にカブス、Dバックスが関心

 ”The Athletic”によれば、カブスがエブリデーCFを強く探しており、秋山選手がその候補の一人だと伝えています。

カブスの事情

 これには2016年のワールドシリーズ制覇のオフにCFのデクスター・ファウラー(Dexter Fowler)をFAで失ったカブスは以降、CFの安定に苦労してきたという背景があります。

2019年はアルバート・アルモラ・Jr.が中心

 2019年はアルバート・アルモーラ・Jr.が125試合を守り、ゲーム途中の守備位置変更も合わせると、イアン・ハップが13試合、ジェイソン・ヘイワードが84試合、その他ニコ・ホーナーとトニー・ケンプがそれぞれ1試合を守ったという状況でした。

 しかし、アルバート・アルモラ・Jr.の成績は打率.236、OBP .271、SLG .381、HR 12、RBI32と今ひとつ決め手に欠けました。

ジェイソン・ヘイワードもいるが

 打席数が550を超え、2019年終了後もオプトアウト条項が残っていたジェイソン・ヘイワードがカブスに”Stay”を決め、一応CFの候補はおります。

カステヤーノスがFA

 カブスのOFはLFはカイル・シュワーバーで決まり。RFはトレードデッドラインで獲得し、大いに貢献したニコラス・カステヤーノスと行きたいところでしたが、FAとなりました。よって、一応ジェイソン・ヘイワードがRFに納まれば$23Mのサラリーも使いようがあります。

秋山選手がフィット

 残ったCFスポットに「インパクトのある選手を」と考えた場合にNPBで直近3年間はずっと3割をキープ、HRも20本以上を放ち、.390以上を誇るOBPの実績をもち、守備もよく、足も速い秋山選手に強い関心を示しているということになっています。

Dバックスも

 そして秋山選手に関してはDバックスも強い関心を示しています。

DバックスにはCFがいるが

 2019年のDバックスのCFを主に守ってきたのは元ロイヤルズの韋駄天のジャロッド・ダイソン。103試合を任されました。彼は今季、打撃が化けました。と言ってもロイヤルズ時代のイメージと比較すればという数字で、打率.230、OBP .313、SLG .320、HR 7、RBI 27、Run 65。そのダイソンは今オフ、FAとなりました。

 そしてなんと言ってもDバックスにはMVP投票で4位に入ったケーテル・マルテがおります。CFを96試合を任されました。

ケーテル・マルテを2Bに

 Dバックスが秋山選手に熱視線を送っているのはやはりCF候補として。ケーテル・マルテのスポットに無理だと考えてしまいそうになりますが、ケーテル・マルテは2019年、2Bで83試合を守っております。つまりもともと内野手で守備がよいため、ユーティリティ的な存在としてCFスポットを任されていたのでした。 

 ケーテル・マルテを2Bに固定して空いたCFスポットに秋山選手をという算段のようです。

その他の候補

 日本のメディアによれば、その他にレッズ、パドレス、ロイヤルズ、メッツも関心を寄せているとのこと。

秋山選手は海外FA権取得

 各クラブが秋山選手に魅力を感じるのは、海外FA権の資格であるNPB在籍期間9年間を満たしているということ。

 プロフェッショナルな選手がこの権利を取得出来ると、クラブは無制限にオファーが可能となります。

 しかもポスティング費用(リリース・フィー)も不要でなお且つ、インターナショナル・ボーナス・プール枠の金額を減らす必要もありません。

 よってコスト的にもダイレクトに秋山選手との契約のみを考えれば良いのでとても気が楽なのです。

 この点が筒香選手、菊池選手と違うところです。おそらく二人よりは先に結論が出るのではないでしょうか。

 International Free Agency — Asia (Professional)

 ということで、カブスとDバックスはかなり熱が高いので、早めに実現しそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました