スポンサーリンク

【ア・リーグ東地区2018】レッドソックス、ヤンキースに連勝し、ついに8.5ゲーム差

ア・リーグ東地区が、ちょっと決定的なゲーム差になってまいりました!

現地2018年8月2日から始まったヤンキース@レッドソックスの4ゲーム・シリーズですが、ちょっとヤンキースに元気がありません。

トレードデッドラインで大物を獲得したにもかかわらず、何か機能していない雰囲気が漂っていますね。

Game 1はレッドソックが打ち合いを制す

Game1は打ち合いの末、レッドソックスが15−7で勝利。

Game score

Game2はリック・ポーセロが無双状態

現地2018年8月3日のGame2は、死球とビーンボールの応酬から始まる不穏な空気で始まりましたが、スティーブ・ピアスが前夜の3HRに続く快心の当たりを2ランHRをLFに放ち、一気に空気を一掃しました。

ヤンキース先発はエースのルイス・セベリーノでしたが、調子が出る前にHRとヒットで3点を奪われたという感じ。

序盤はまったく読めない展開でした。

ヤンキースは3回にDHのミゲル・アンドゥハーのソロHRで1点を返し、スコアは3−1。

しかし、この日のヤンキースはほんとうに1チャンスだけでした。レッドソックス先発のリック・ポーセロが完全に無双状態。終わって見ればなんと1ヒット、シャットアウト。あのヤンキース打線をしかも、ヒッターズ・パーク(打者有利)と言われるフェンウェイでこの成績です。しかも、球数がマダックス並みの86球!ポーセロ、神がかっていました。

左打者への鬼のようなツーシームがよくわかる動画がこちら↓。内外角によく決まっています。

ボーセロの2シーム

【動画】Recap: BOS 4, NYY 1 (現地2018年8月3日)

レッドソックスの金曜ホームのジャージ

ちなみに蛇足ですが、この日のレッドソックスは上が赤色のジャージでしたが、金曜日限定で、HOME開催は赤、ROADゲームは紺を着用します。そのほかはホームは白で、ロードはグレーです。

MLBはホーム or ロードでパンツの色を変える

なお、MLBはロードのチームは必ずグレーのパンツ(白以外)を着用します。近年、オルタネートで色々な色のトップスを着用しますが、パンツだけはホームチームが白、ロードチームはグレー(白以外)というのが決まっていて、それでホーム・ロードの区別をつけています。そこはロードでも白パンツを着用するNPBと違う点でもあります。

Game3はイオバルディが好投

現地2018年8月4日の土曜日のゲームもレッドソックスは先発投手が好投。ネイサン・イオバルディーが移籍2戦目のマウンドに立ち、8回を被安打3、無失点に抑える好投を見せています。

スライダーとカットボールで右打者を翻弄しています↓。よく曲がっています。

打の方ではJ・D・マルチネスに33号が出ています。

ヤンキースは23才のチャンス・アダムス(Chance Adams #43)がメジャー・デビュー。HR2本は痛かったですが、5回を被安打3、失点3は今後につながる投球ではないかと思います。あの層の厚い中、よく上がってきました。

【動画】Final: BOS 4, NYY 1(現地2018年8月4日)

イアン・キンスラーがDL入り

さて、3日(金)のゲームで、イアン・キンスラーがハムストリングを傷め、10日間のDL入りとなりました。ちょっと痛いですね。3Bのラファエル・デバースも3日付けで10 Day DLとなっていますから、攻撃力がちょっと落ちます。

レッドソックスはヌネスホルトという前半戦で活躍してきた二人をそのまま使っています。二人とも残しておいてよかったですね。トレードに出していたら、目も当てられない状況でした。

けが人で行きますと、投手ではクリス・セールが3日付けで肩の炎症により10 Day DLとなっています。これはちょっと時間がかかりそうな感じです。よって、土曜日の勝利でヤンキースと8.5ゲーム差がつきましたが、まったくどうなるかまだまだわかりません

下手をすると、誰かトレードで誰か獲るかも!!??

油断できない要素はまだあります。

シーズン後半の絶妙なスケジュール!

この両チームの直接対決、8月はこの4ゲーム・シリーズで終了です。しかし、すごい時期に2回も顔合わせするんですね。明らかに盛り上げるために組んだでしょ!と言わんばかりのスケジュールが用意されています。

  • 9月18日-20日 @ヤンキー・スタジアム
  • 9月28日-30日 @フェンウェイ・パーク

9月後半に2回で、しかも2度めのシリーズはシーズン最終戦です。ほんとうに最後まで何が起こるかわかりません。

【編集後記】

前夜はちょっと事情が出来まして、ブログを複数回更新するといいつつ、1つだけの更新で失礼しました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました