【MLB契約2019】ブルワーズ、2019開幕投手のジョーリス・チャシーンをDFAに

チャシーンがDFA!

驚きましたね。

現地2019年8月24日、ミルウォーキー・ブルワーズは2019年開幕投手のジョーリス・チャシーン(Jhoulys Chacin )をDFAとしました。

この日、ロスタームーブとなったのはチャシーンのDFAとともに、2Bコーリー・スパンジェンバーグのメジャーコールアップ、ベン・ギャメルのトリプルA降格です。

2018年最も信頼できた右腕に何が?

ジョーリス・チャシーンはブルワーズの2018年NLCS進出に大きく貢献。シーズンの成績は35スタートで、15勝8敗、ERA 3.50、192.2IP、HR/9が0.8。

2018年10月1日、カブスとのタイブレーカーにも先発。5.2イニング、75球を投げ、被安打1、失点1。

さらにポストシーズンではロッキーズとのNLDS Game2にも登板。5回を被安打3、無失点で勝利に貢献(SCORE)。

史上初、2地区同時のタイブレーカー 現地2018年10月1日、レギュラーシーズン163試合目のタイブレーカーがNL中地区と西地区で地...

また、ドジャースとのNLCSにおいてもGame3Game7の2試合に登板。

ブルワーズの2018年を大いに盛り上げたヒーローの一人。そのチャシーンに一体何が?

99mph vs 90mph キロ換算で159.33キロ vs 144.84キロ。 これはドジャースのW・ビューラーとブルワー...

確かに31才となった2019年はつまづきました。

19スタートで3勝10敗、ERAが5.79、WARは-0.5(現地2019-08-24時点)。

そして7月以来、IL入りとなっており、まず腰を傷め、今度は右腹斜筋痛でなんとか8月24日からスローイングプログラムに入ろうかという状況でした。

でもなぜ今?

疑問なのが、なぜ今DFAなのか?ということ。

カウンセル監督によれば、ジョーリス・チャシーンはチーム構想上ローテーションスポットに当てるのが難しいグループの中にいるとのこと。つまりはILからの復帰が難しいというふうに考えているようです。

また9月のコールアップに向けて、40人枠を広げたかったという思惑もあったようです。今回のスパンジェンバーグは内野手ですが、彼はポストシーズンにも出られます。

なら60Day ILで逃げる手もあったのではないか?という点に関しては、ブルワーズでキープするよりも一刻も早く次のチームでの機会を提供するほうがチャシーンのキャリアにとっても良いという判断も。

ロスター空けは他にまだやる

カウンセル監督は9月のコールアップに向けてまだ40人枠空けを行うつもりであることを記者に伝えています。

今回のベン・ギャメルのトリプルAはルーキーのトレント・グリシャムとのスイングの比較によって行ったとのことで、ポストシーズンも考えてまだロスタームーブは発生しそうだとのこと。

MILのオープニングデー・スターター

  • 2015 カイル・ローシュ →5勝13敗、ERA 5.85
  • 2016 ウィリー・ペラルタ→7勝11敗、ERA 4.86
  • 2017 チェイス・アンダーソン→12勝4敗、ERA 2.74
  • 2018 ジュニオール・ゲラ→6勝9敗、ERA 4.09
  • 2019 ジョーリス・チャシーン→3勝10敗、ERA5.79

ご覧の通り、2017年のチェイス・アンダーソンを除いてはオープニングデーのスターターとなった投手はかなり悲惨な成績となっています。

これには何かジンクスなどがありそうですが、チェイス・アンダーソンが例外を作っているのでオープニングデーでスターターとなった場合はそのシーズンが崩れるという呪いにまでは発展していません。

しかし、結構な酷さであることは確かです。

チャシーンの動向を見守っておきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク