【MLB2013】フリオ・テヘラン、8回2アウトでNO-NOを逃す

フリオ・テヘランがナイスピッチング

こんばんは(^^)

2013年6月5日、アトランタ・ブレーブスのフリオ・テヘランTeheran)が8回2アウト、あとアウト4つのところでノーヒット・ノーランを逃すという、快投を演じました!

スプリング・トレーニングから好調

今スプリング・トレーニングで、両リーグ通じて1位の35奪三振(26イニング)を記録していたテヘラン。とても綺麗なフォームから繰り出す伸びのあるファストボールが魅力の投手です。

テヘランはその実績を買われ、開幕からローテーションを任されおり、キチンと仕事を果たしていました。

4月は1勝、5月は2勝2敗と徐々に結果も出始めていて、開幕3ヶ月を迎えた2013年6月5日のゲームでついに素晴らしい結果を出すことが出来ました。

パーフェクトは4回で崩れる

この日は4回に四球を出し、その時点でパーフェクトは消えていたのですが、ずっとノーヒット・ノーラン・ペースを維持。あとアウト4つのところでブランドン・インジ(Inge)に安打を許し、惜しくも記録達成ならず。

8回でマウンドを降りましたが、107球を投げ、被安打1、無失点、与四死球4(四球2、死球2)、奪三振11でした。

その素晴らしい投球の動画です↓

すごいボールを投げています(^^)

【動画】Teheran’s spectacular outing(2013年6月5日)

ゲームは、ブレーブスのエバン・ガティスにホームランなどが出て、5-0とブレーブスがパイレーツを下しました。

4月、圧倒的に強かったブレーブスを3連敗させたパイレーツ。

ブレーブスにとって唯一の鬼門チームかと思っていたのですが、この3連戦では逆にスイープされてしまいました。

パイレーツはW・ロドリゲスが途中降板

パイレーツはここ6試合で1勝5敗ながら、5月には4連勝を2度、3連勝も2度するなど、勝ち星は積み上げてきているので、なんとまだ貯金が10もあります。35勝25敗(2013年6月5日)。

ただ、ちょっと心配なニュースがあります。この日先発だったワンディー・ロドリゲス(Rodriguez, W)が左前腕部のハリにより、急遽14球でマウンドを降りました。DLに入る可能性が高いです。

ワンディー・ロドリゲスはここまで6勝4敗(今日の負けを含む)、3.59ERAと大事なローテーションの一角なだけにちょっと嫌なニュースでもあります。大事に至らなければいいのですが。

【Game Score】

【動画】Recap: ATL 5, PIT 02013年6月5日)

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク