スポンサーリンク

【MLB2022】ブレーブス、注目のマット・オルソンを4人のプロスペクトとのトレードで獲得!

1:4のトレード

 現地2022年3月14日、ブレーブスとアスレチックス間で大きなトレードが成立。FAではないものの、このオフに大きな噂の立っていたマット・オルソンのブレーブス入りが決まりました。

 ロックアウトを挟み、その前後でとかく騒がれていたマット・オルソンでしたが、ヤンキース、レンジャーズなどの声が上がる中、射止めたのはブレーブスでした。

フレディー・フリーマンの再契約はほぼ消えた

 非常に残念ではありますが、このトレード成立により、ブレーブスからFAとなり、長年、クラブの柱的な存在であったフレディー・フリーマンの再契約はほぼなくなったと見ていいでしょう。

 アンドレルトン・シモンズを出しても、フレディー・フリーマンだけは残してきたブレーブス。もうチッパー・ジョーンズのような存在にするのかと思っていましたが、ここで新たな関係を築いていくべく舵を切ったというふうに見ていいと思います。

 ファンならずとも、どんなスローイングでもキャッチしてしまうあの1塁守備を見たら、「本当に手放すのか!」とアレックス・アンソポロスの肩を両手でゆさぶりたくなるくらいです。特に、ブレーブスの内野陣は辛いところでしょう。

トレード概要 

 トレードの詳細です。

ブレーブスGet

  • マット・オルソン(Matt Olson /28)1B/右投げ左打ち

アスレチックスGet

  1. ライアン・キュージック(Ryan Cusick/22)RHP: 2021年ドラフトのATL1巡目
  2. ジョーイ・エステス(Joey Estes/20) RHP: 2019ドラフトの16巡目
  3. シェイ・ランジェリアス(Shea Langeliers /24) C&LF/ RR: 2019ドラフトの1巡目
  4. クリスチャン・パーチェイ(Cristian Pache/23) CF/RR: B.AmericaのPre-2021では7位にランク 
    • 読みは、パチェ、パシェなどゆらぎがありますが、Baseball ReferenceではPronunciationを \PAH-chay\ と記載しているので、それに倣いました。

 ナンバリングは人数を即明確にするためにつけているだけで、ランキングなどではありません。1:4のトレードがすぐわかるようにするためです。

2021 rWAR 5.8、OPS .911、39HRのマット・オルソン

 ブレーブスが獲得したマット・オルソンは、MLSが4.103でまだ調停資格の選手です。1994年3月29日生まれの28才(2022年の開幕での年齢です)。

 ドラフトは2012年のアスレチックス1巡目指名、全体47位でプロ入り。

ジョージア・ネイティブ

 高校卒のときにプロ入りしたのですが、もともとはジョージア州アトランタ生まれ。ジョージア州はフロリダ、カリフォルニア、テキサスなどとともに野球選手を多く生んでいる地でもあります。 

 ジョージア・ネイティブということも、地元ファンを引きつけるという意味で、今回、獲得に動いた要素の1つかもしれません。

 2016年のセプテンバー・コールアップでメジャー・デビュー。本格稼働となった2017年には59試合の出場ながら、24HRを放ち、ROYの投票で4位に入るなど、若手の頃から注目されていた選手。

 2018年には162試合にフル出場。29HRを放ちつつも、1Bのゴールド・グラブ賞を受賞。

 菊池投手のデビュー・イヤーとなった2019年の日本開幕シリーズにも出場。このシリーズでは有鉤骨を骨折しました。

 この骨折が響き、出場試合は127試合となりましたが、36HRを放ち、尚且つ2年連続でゴールドグラブ賞を受賞。

  短縮シーズンとなった2020年には60試合にフル出場。14HRを放ち、いっときは、HRしか打たない時期があったほど、長打力のある選手でもあります。

 2021シーズンは156試合に出場し、153安打、39HR、111 RBIといずれもキャリアハイの数字をマークし、素晴らしいシーズンを過ごしました。

 打撃のスキルも年々向上しており、2018年には163をマークした三振数は、2021年では113と大きく減らしていることも、このオフに人気が出た理由でもあります。

 守備といい、フレディー・フリーマンに代わる選手なら、彼しかいないかもしれません。

 2021年のBaseball ReferenceのWARでは5.8。これはア・リーグで9位に入る数値です。ちなみにWAR1位は大谷選手の9.1です。

ハイ・ランクのプロスペクトをA’sへ

 そんなマット・オルソンを出すということで、アスレチックスはブレーブスからかなり優秀なプロスペクトを4名もゲットしました。

 特に、シェイ・ランジェリアス、コリン・パーチェイは、もう有名な選手ですね。シェイ・ランジェリアスは2021年は、ダブルAが中心だったものの、22HR、打率.258、OBP .338、SLG .499をマーク。これはほぼ捕手として出場したときの数字。よって、かなり攻撃力の高い捕手ということが言えそうです。

 クリスチャン・パーチェイは、2020年にデビュー。2021年にもメジャーの試合に22試合出場。上では結果が出ていませんが、トリプルAでは89試合で、44 RBIをマーク。HR 11、二塁打 15と足も絡めた攻撃が出来る選手でもあります。

 アスレチックスはもうバーゲンセール状態になっていますが、残り二人の右腕も含め、これからを背負うプロスペクトでいい選手を育ててもらいたいと願うばかりです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました