スポンサーリンク

【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール

気になるドミニカ共和国のロスター

 日本時間2021年7月28日から野球の競技が開催となります。ドミニカ共和国はアメリカ大陸予選や最終予選とほぼロスターは変わらないのですが、面々を記しておきたいと思います。

ピッチャー

  • 39: ダリオ・アルバレス(Dario Alvarez)/ LHP :
    • 32才。2021はMEX独立リーグ、2017までMLB。NYM→ATL→TEX
  • 33: ハイロ・アセンシオ(Jairo Asencio)/ RHP
    • 37才。2020-2021でDOMウインターリーグに参加。2013までMLB。ATL→CLE→CHC→BAL
  • 46: ヘルソン・バウティスタ(Gerson Bautista)/RHP
    • 28才、SFGマイナー。2019はSEAに所属。
  • 31: ルイス・カスティーヨ(Luis Castillo)/ RHP ←レッズのエースではありません
    • 26才。1995年10月3日生まれ。Dバックス・3A、レノ・エイセズに在籍
  • 15: クリストファー・クリソストモ(=C.C.メルセデスのこと)(Cristopher Crisostomo)/LHP
    • 27才。読売ジャイアンツ所属
  • 70: ジャンボ・ディアス(Jumbo Diaz)/RHP
    • 37才。2021はMEX独立リーグ。2017年までMLB。CIN→TBR。
  • 28: ジュニオール・ガルシア(Junior Garcia)/LHP
    • 25才。Dバックス・3A、レノ・エイセズに在籍
  • 37: ヤン・マルチネス(Jhan Mariñez)/RHP
    • 32才。2020-21にDOMウインターリーグに参加。2018までMLB。最後はBAL。
  • 41: デニー・レイエス(Denyi Reyes)/RHP
    • 24才。レッドソックス、ダブルAに所属。
  • 38: アンヘル・サンチェス(Angel Sanchez)RHP
    • 31才。2021年は読売ジャイアンツ。2017にPITに在籍。
  • 56: ラウル・バルデス(Raul Valdes)/LHP
    • 43才。2015−17は中日に所属。(生まれはキューバ)

キャッチャー

  • 16: ロルダニ・バルドウィン(Roldani Baldwin)/右投げ右打ち
    • 25才。レッドソックスのダブルA、ポートランド・シードックスに在籍
  • 7: チャーリー・バレリオ(Charlie Valerio)/右投げスイッチ
    • 30才。独立リーグ所属

内野手

  • 34: フアン・フランシスコ(Juan Francisco)/ 3B&1B/ 右投げ左打ち
    • 34才。2014までMLB。2015年は読売ジャイアンツ。2021はDOMウインターリーグに参加。
  • 8: ディエゴ・ゴリス(Diego Goris)/3B, SS & 2B/ 右投げ右打ち
    • 30才。2021はDOMウインターリーグに参加。SDPのトリプルAを経験。
  • 10: ジェイソン・グズマン(Jeison Guzman)/SS, 3B & CF/右投げスイッチ
    • 22才。ロイヤルズのプロスペクト。2021はシングルA+
  • 6: エリック・メヒア(Erick Mejia)/2B, 3B & CF/ 右投げスイッチ
    • 26才。ロイヤルズのトリプルAに所属
  • 2: ガスターボ・ヌニエス(Gustavo Nunez)/SS, 2B & LF/ 右投げスイッチ
    • 33才。2021はDOMウインターリーグに参加。DET、NYMのマイナーを経験
  • 3: イエフリ・ペレス(Yefri Perez)/SS&2B/ 右投げスイッチ
    • 30才。2016年にMIAでメジャー。2021年はDOMウインターリーグに参加。

外野手

  • 19: ホセ・バティスタ(Jose Bautista)/ RF, 3B/ 右投げ右打ち
    • 40才。ASG6度、SS賞3度、通算344HR。2018年のPHIがMLB最後
  • 64: エミリオ・ボニファシオ(Emilio Bonifacio)/ OF、2B& SS/ 右投げスイッチ
    • 36才。MLB通算669安打。2020年のWSHがMLB最後
  • 14: メルキー・カブレラ(Melky Cabrera)/ OF/ 左投げスイッチ
    • 36才。安打製造機。2012ASG。お薬がなければ2012はバッティング・タイトル。
  • 36: ヨハン・ミエセス(Johan Mieses)/ OF/ 右投げ右打ち
    • 26才。V・ゲレロ・Jr. 2.0とも呼ばれている。しかし大分年上である
  • 18: フリオ・ロドリゲス(Julio Rodriguez)/ OF/ 右投げ右打ち
    • 20才。2000年12月29日生まれ。マリナーズのトッププロスペクト

 監督は、ヘクター・ボルグ(Hector Borg)。36才で元内野手。選手に年上もいる中、強豪ドミニカ共和国の指揮を任されている。

スケジュール

  • 7/28 (水) 12:00 ドミニカ共和国@ジャパン(福島)
  • 7/29 (木) 19:00 イスラエル@サウス・コリア(横浜)
  • 7/30 (金)
    • 12:00 メキシコ @ ドミニカ共和国(横浜)
    • 19:00 USA @ イスラエル(横浜)
  • 7/31 (土)
    • 12:00 日本 @ メキシコ(横浜)
    • 19:00 サウス・コリア @ USA (横浜)
  • 8/1(日)
    • 12:00 ノックアウトステージ R1(横浜)
    • 19:00 ノックアウトステージ R1(横浜)
  • 8/2 (月)
    • 12:00 ノックアウトステージ R2(横浜)
    • 19:00 ノックアウトステージ R2(横浜)
  • 8/3(火)
    • 19:00 ノックアウトステージ R1敗者復活(横浜)
  • 8/4(水)
    • 12:00 ノックアウトステージ R2敗者復活(横浜)
    • 19:00 準決勝(横浜)
  • 8/5 (木)
    • 19:00 準決勝(横浜)
  • 8/7 (土)
    • 12:00 3位決定戦(横浜)
    • 19:00 決勝戦(横浜)

以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました