スポンサーリンク

MLBロンドンシリーズ2019はヤンキースが連勝!2日間で11.7万人がMLBのプレーや文化に熱狂

ヤンキースがスイープ

現地2019年6月30日、ヤンキース@レッドソックスのMLBロンドンシリーズ2019のGame2が行われ、ヤンキースが連勝してMLB初のヨーロッパ開催が終了しました。

中盤に膠着したGame2だったが

とにかく乱打戦となったGame1。

落ち着く雰囲気がないままGame2が始まった訳ですが、我々日本在住のファンにとっては、BST(British Standard Time)の午後3時10分開催というのは、起きている時間帯(夜11:10開始)にもちょっとかかっていたので非常に嬉しいものがありました。途中で寝てしまいましたが。

Game2は初回に3HR

Game2はヤンキースがスティーブン・タープリー、レッドソックスがエドゥアルド・ロドリゲスが先発。

荒れるだろうとは思った立ち上がり。エドゥアルド・ロドリゲスが無失点で切り抜けたのは何やらホッとした感じがしました。

しかし、レッドソックスが狼煙を上げました。

2番デバースを1塁に置いて、3番ザンダー・ボガーツが2ランHRで先制。さらに、J.D.マルチネスが2者連続のソロHR。マイケル・チャビス凡退後、クリスチャン・バスケスにもソロHRが出て、レッドソックスがなんと初回に3HRを打ち、4−0という展開に。

2回表、E・ロッドは四球が絡んでしまったもののなんとか2失点で留める投球。

中盤に落ち着き

ヤンキースのマウンドは2回の先頭からルイス・セッサに交代。

レッドソックス、ヤンキースともにランナーは出すものの、なんと6回終了まで4−2のスコアでゲームが膠着しました。

このままレッドソックスが自慢のブルペンで逃げ切れるか?と思ったのですが・・・

ヤンキース、7回表に9得点

やっぱりそのようにはなりませんでしたね。

ヤンキースは7回表に打者14人中6人が打点を上げ、9点を奪う猛攻。

レッドソックスは7回表から、マーカス・ウォルデンがマウンドに上がっていましたが1アウトも取れず。代わったマット・バーンズも1アウトを取っただけでジョシュ・テイラーに交代。

結局、3人の投手で被安打6、失点9、与四球4。

レッドソックスは8回裏にチャンス・アダムスから3本のタイムリーを集め、4点を還すも、及ばず。

12−8でヤンキースがこのシリーズ、レッドソックスをスイープしました。

初のヨーロッパシリーズは50得点!

Game1のスコアが17−13、Game2のスコアが12−8。2ゲームを合わせて得点はなんと50。

安打数に至っては、Game1がヤンキース19安打、レッドソックス18安打。Game2はヤンキースが13安打、レッドソックスが15安打。2試合合わせて65安打が飛び出すという恐ろしい打撃戦に。

HRはGame1が8本、Game2が4本。

観客は満足したのではないか

凄まじい乱打戦となったこのシリーズですが、野球に詳しくない人が見た場合、得点が入る方が面白いのが通常。よって、お客さんは満足したのではないかと思っています。

仮に投手戦となったとして、野球場の離れたスタンドからピッチャーの投じるスライダーを見ても、「なんだ、このピッチャー、遅い球だな」としか思えない面が残念ながら投手戦にはあります。

打ち取ったボールを野手が見事なプレーでさばくのは面白いですが、とにかくボールが動いてこそ。

このシリーズの四球数ですが、Game1はヤンキースが6、レッドソックスが6。Game2はヤンキースがたったの1、レッドソックスが9個もありました。

四球はちょっと嫌だったかもしれませんね。

試合時間は長かった

Game1の試合時間は4時間42分、Game2は4時間24分かかりました。ティータイムを挟むと言われるクリケットと比較しては野球に甘い判定しか下りませんが、ゲーム時間がハーフタイムを含めて2時間で終了が見込めるサッカーと比較すると、厳しいかもしれませんね。

別物だからときちんと認識してもらえたらいいのですが。

そのための7th inning stretchもあります。

上のツイートを見ると前半は戸惑いを隠しきれない感じですが、もともとはサッカーで歌いまくる人達ですので、こういうのは好きでしょうね。後半は慣れた感じがしました。

Sweet Carolineでもよかったかもしれません。

2日間で11万8,718人

それにしても2日ともよく入りましたね。Game1が 59,659人、Game2が 59,059人の観衆が集まりました。

2日で約12万人近くも集めたとは。

施設も五輪並みの統一感があり、なかなか力が入っていました。

ロンドンシリーズは2年契約。来年のカブス、カージナルスを含めた2年の成果をじっくりと見てみたいですね。

商売としては下記の記事で書いたようにゲーム、ストリーミング、ファッションは成功するでしょう。

ビデオゲームをやって、ストリーミングを見て研究して、遊びにいくときにラフな格好をして、たまに広場で三角ベースもみたいなものをやってくれれば儲けものなんではないでしょうか。

選手もお疲れさまでしたが、フィールドをはじめとした施設を整えた施工の人、サインボードの動画や静止画の編集などデザイン面、そもそものお金の工面を考え出した人などこれに関わった全ての人の仕事ぶりが驚異です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました