スポンサーリンク

【発表】2021オールスターのスターターが明らかに!大谷選手、堂々のDH1位!タティス・Jr.はNL/SSで64%

2nd Phaseの結果

 現地2021年7月2日、2021年オールスター・ゲームのスターターが決定しました。

 現地2021年6月27日にPhase1の各ポジション3名ずつのファイナリストが発表となりましたが、スターターを決めるPhase2の投票が現地2021年6月28日正午スタートし現地7月1日 2:00 PMに終了。デジタルゆえに即発表となっています。

 その結果、以下のポジションでスターターが発表となりました。

各ポジションのスターター

 ではリーグ別に見てみたいと思います。

回数はスターターとしてのカウント

 なお、ポジション、名前、チーム名、回数で記載していますが、回数はスターターとして選出された回数という意味でお願いします。

 たとえば、マイク・トラウトは2019年までの(2020年はキャンセルだったため)出場回数はすでに8回を数え、もしも今回出場すれば9回目となりますが、下記では7度目と記載しています。よって、あくまでスターターとしての選出回数ということで。

AL

  • C:サルバドール・ペレス(KCR): スターター6 度目
  • 1B: ブラディミール・ゲレロ・Jr. (TOR): 初
  • 2B: マーカス・セミエン(TOR) : 初
  • 3B:ラフェエル・デバース(BOS): 初
  • SS: ザンダー・ボガーツ(BOS): 2度目
  • OF: マイク・トラウト(LAA): 7度目
  • OF: アーロン・ジャッジ(NYY):3度目
  • OF: テオスカー・ヘルナンデス(TOR): 初
  • DH: 大谷翔平(LAA): 初

NL

  • C:バスター・ポージー(SFG): スターター5 度目
  • 1B: フレディー・フリーマン (ATL): 3度目
  • 2B: アダム・フレイジャー(PIT) : 初
  • 3B:ノーラン・アレナド(STL): 4度目
  • SS: フェルナンド・タティス・Jr.(SDP): 初
  • OF: ロナルド・アクーニャ・Jr.(ATL): 2度目
  • OF: ニック・カステヤーノス(CIN):初
  • OF: ジェシー・ウィンカー(CIN): 初

投票の結果、大谷選手はDHで63%

 ファイナル投票の結果ですが、ご覧の数字となりました。大谷選手はDHで63%の得票。なお、ポジション別1位のシェアは、AL 1Bのヴラディーミル・ゲレロ・Jr.の75%でした。

DH 

  1. 大谷翔平(LAA): 63%
  2. J.D. マルチネス(BOS): 20%
  3. ヨルダン・アルバレス(HOU): 17%

Cathers

AL

  1. サルバドール・ペレス(KCR): 62%
  2. マーティン・マルドナード(HOU):20%
  3. ヤズマニ・グランダール(CWS): 18%

NL

  1. バスター・ポージー(SFG): 58%
  2. ヤディアー・モリーナ(STL): 25%
  3. ウィルソン・コントレラス(CHC): 18%

1B

AL

  1. ヴラディーミル・ゲレロ・Jr.(TOR): 75%
  2. ユリ・グリエル(HOU): 15%
  3. ホセ・アブレイユ(CWS): 10%

NL

  1. フレディー・フリーマン(ATL): 48%(2位から)
  2. マックス・マンシー(LAD): 34%(1位から)
  3. アンソニー・リッゾ(CHC): 18%

2B

AL

  1. マーカス・セミエン(TOR): 54%
  2. ホセ・アルトゥーベ(HOU): 34%
  3. D.J. ルメイヒュー(NYY): 14%

NL

  1. アダム・フレイジャー(PIT): 47%(2位から)
  2. オジー・アルビーズ(ATL) : 33%(1位から)
  3. ギャビン・ラックス(LAD): 20%

アダム・フレイジャーとは

 1位となったアダム・フレイジャーはパイレーツの右投げ左打ちのユーティリティー。2Bメインですが、LFも守ります。今季は現地2021年7月2日時点で打率.326、OBP .393、SLG .468。HRが4、二塁打がなんと24本。三塁打も4を数えます。二塁打24本はニック・カステヤーノスの27に次いで、ノーラン・アレナドとタイです。2013年パイレーツ6巡目。2016年デビューです。

3B

AL

  1. ラファエル・デバース(BOS): 61%
  2. アレックス・ブレグマン(HOU): 22%
  3. ヨアン・モンカダ(CWS): 16%

NL

  1. ノーラン・アレナド(STL): 40%(2位から)
  2. ジャスティン・ターナー(LAD): 34%(3位から)
  3. クリス・ブライアント(CHC): 26%(1位から) 

SS

AL

  1. ザンダー・ボガーツ(BOS): 42%
  2. ボー・ビシェット(TOR): 37%
  3. カルロス・コレア(HOU): 21%

NL

  1. フェルナンド・タティス・Jr.(SDP): 64%
  2. ハビアー・バイエス(CHC): 19%
  3. ブランドン・クロフォード(SFG): 17%

AL

  1. マイク・トラウト(LAA): 19%
  2. アーロン・ジャッジ(NYY): 13%
  3. テオスカー・ヘルナンデス(TOR): 12% (6位から)
  4. バイロン・バクストン(MIN):12% (3位から)
  5. マイケル・ブラントリー(HOU):10% (4位から)
  6. セドリック・マリンズ(BAL): 10%(7位から)
  7. ランダール・グリチャック(TOR): 8%(9位から)
  8. アドリス・ガルシア(TEX) : 8%(5位から)
  9. アレックス・ベルドゥーゴ(BOS): 8%(8位から)

NL

  1. ロナルド・アクーニャ・Jr.(ATL): 21%
  2. ニック・カステヤーノス(CIN): 18%
  3. ジェシー・ウィンカー(CIN): 16%
  4. ムーキー・ベッツ(LAD): 13%
  5. クリス・テイラー(LAD): 7%
  6. ジョク・ピダーソン(CHC): 7% (8位から)
  7. マイク・ヤストレムスキー(SFG): 6%(9位から)
  8. ブライス・ハーパー(PHI): 6%(7位から)
  9. フアン・ソト(WSH): 6%(6位から)

現地4日にロスターが発表 

 この後、投手を含めたロスターの発表は現地7月4日5:30PMに明らかに。日本時間ですと5日、朝6:30です。

 オールスター本戦は、現地7月13日にクアーズ・フィールドにて。それまでに怪我の選手やあるいは、オールスター直前に登板となる投手の回避など、ファイナル・ロスターはパラパラと最後まで調整されます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました