スポンサーリンク

【MLB2019】エンゼルス、大谷選手のバースデーアーチを含むHR攻勢でバーランダーから勝利

エンゼルス、Big Win!

現地2019年7月5日、明るい話題が入ってきましたので、まずそれをお伝えしたいと思います。

エンゼルスはア・リーグ西地区のライバルとのロードでの対戦が続いています。現地5日からはアーリントンからヒューストンに移してのアストロズとの3連戦です。

このシリーズが前半戦最後。現地9日、日本時間10日にミッドサマー・クラシックを迎えます。

MLBオールスター2019・スケジュール

バーランダーが登板

そのGame1ですが、アストロズはエース、ジャスティン・バーランダー(Justin Verlander)が先発。一方のエンゼルスはリリーバーのノエ・ラミレス(Noé Ramirez)が今季4度目の先発。オープナー使用日です。

タイラー・スキャッグスが急逝し、投手のやりくりに苦心してます。

さすがにトレードデッドラインでは投手を獲得しないと持ちませんね。

大谷選手がバースデーHR

先制点はアストロズ。2回裏、2番手としてマウンドに上がったフェリックス・ペーニャからオールスター・スターターのマイケル・ブラントリーが先制のソロHR。今季12号です。アストロズが1−0とリード。

アストロズ、強いな!という感じのHRでしたね。

被本塁打数が多いバーランダー

ところが、直後の3回表、バーランダーの唯一と言っていい悪い面が出ました。バーランダーはボールのスピンが異常に良いせいか、結構被本塁打数は多いです。その癖が出ました。

【ピッチャー被本塁打数 両リーグ合わせて】

  1. ジャスティン・バーランダー(アストロズ):26HR
  2. マイク・リーク(マリナーズ):23
  3. レイナルド・ロペス(ホワイトソックス):23
  4. ダン・ストレイリー(オリオールズ=DFAに):22

(2019年7月6日時点) 

1アウト後、デービッド・フレッチャーがシングルで出塁した後、コール・カルフーンが2ランHRを放ち、2−1と逆転。

トラウトがセンターフライに終わった後、大谷選手がやりました!

78mphの大きなカーブの後の94.9mphのファストボールをフルスイング。これがアウトハイ気味の高さだったのですが、左中間に大きな当たりのHRとなり、エンゼルスが3−1とリードを広げます。

1994年7月5日が誕生日の大谷選手、自らを祝う特大の一発をバーランダーから放ちました。

シモンズ、トラウトにもHR

エンゼルスは4回に1失点を喫し、3−2とアストロズに迫れれたものの、6回にはアンドレルトン・シモンズにソロHRが出て4−2と再び2点差のリードに。

さらに8回にはマイク・トラウトに26号HRが出て5−2と3点差に。

中盤と終盤に加点という理想的な展開となりました。

8回裏、5番手のキャム・ベドロシアンがユリ・グリエルに2ランHRを打たれ、5−4の1点差に迫られるも、加点が効いて逆転を許さず。

エンゼルスは9回裏、ハンセル・ロブレスがアストロズ打線を3人で抑え、5−4で勝利。

同地区首位のアストロズからシリーズ初戦を取りました。

エンゼルス、この勢いをさらに加速させたいところですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク