スポンサーリンク

【MLBドラフト2013】ヤンキース2巡目66位で日本人カトウを指名!

日本人INF加藤豪将”Kato Gosuke”

おはようございます!

驚きましたね!

ヤンキースは2巡目、全体順位66位で日本人を指名しました。

加藤豪将選手とは

指名されたのは、加藤豪将(Katoh, Gosuke)選手。1994年10月8日生まれの18才の2塁手です。 幼少時にご両親とともに東京からアメリカに渡り、現在サンディエゴのランチョ・バーナード高校に通っています。

幼少時は右打ちでしたが、イチロー選手に憧れて左打ちに変えたとのエピソードが披露されています。

身長が6フィート2インチですから、187.96 センチ!(デカイですね!)体重は180ポンドで、81.65 キロ。上の動画のお顔を拝見すると、か細い選手のように見えますが、結構しっかりした体ツキのようです。

アメリカのドラフト・サイトによると、守備のグラブさばきが非常にうまく、タイプ的にはアストロズのホセ・アルチューブ(身長165センチの選手です)と分析されています。

UCLA入学が決まっていた

名門UCLAへの入学が決まっていたと言いますから、相当高い評価を受けていたのは間違いないですね。

日本人としては肩も相当強い方だと思いますが、ドラフトの分析家はショートストップは難しいだろうとの見方です。アメリカのショートで求められる肩の強さは想像以上に強いものですからね。

そして、加藤選手がメジャーに昇格できるかどうかのポイントはズバリ打撃のパワー・アップ。これにかかっているとのことです。

これは頑張って欲しいですね!

加藤選手はUCLAへの進学しか考えていなかったところに、ヤンキース2巡目指名という思いがけないことが舞い込んだためにいい意味でやや困惑している模様。プロへの道を歩むと見られています。

本当に守備はうまいです。

加藤選手、楽しみですね。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました