【AFL2017】MVPを獲ったのはブレーブスのロナルド・アクーニャ

マイナーのプロスペクトが集まって繰り広げられていたアリゾナ・フォール・リーグが終了し、MVPにアトランタ・ブレーブスのロナルド・アクーニャが選ばれました!

このフォール・リーグでMVPを獲るというのは非常に名誉なことで、かつてここでMVPを獲った選手がその後どれだけ活躍しているかを見れば、プロスペクトにとって非常に重要なリーグということが言えます。

2016: グレイバー・トーレス(現NYY)・・・これから出てくる選手です。

2015:アダム・エンゲル(現CWS)・・・CF。2017年デビュー。

2014: グレッグ・バード(現NYY)・・・ALCSでのスライディングが問題になりましたが。

2013:クリス・ブライアント(現CHC)・・・もうスターですね。

2011: ノーラン・アレナド(現COL)・・・こちらも大スターです。

2010:ダスティン・アックリー(当時SEA)・・・期待していたのに何している!

など。

MVPを獲った翌年にその名がMLB中に轟くということになるケースが多いです。

ちなみにアリゾナ・フォール・リーグは東西に3チームずつ、計6チームにわかれて戦われます。混合チームでMLBは30球団ありますから、1チームあたり5球団が参加。

今回、ロナルド・アクーニャが所属していたチームはピオリア・ハベリーナズ。ブレーブス、レッドソックス、パドレス、マリナーズ、ブルージェイズが参加しています。

ハベリーナとは、スペイン語でイノシシの意味。英語ではペッカリー(Peccary)。アメリカ大陸にいるイノシシから取ったようです。

ロベルト・アクーニャはフォールリーグ23試合で打率.325、OBP.414、SLG.639、7HR、16RBIを記録しました。

アクーニャは、ベネズエラ出身の19才(間もなく20才)。当然、まだデビューしていません。右投げ右打ちの外野手で、2017シーズンはシングルAプラスのフロリダ・ファイアー・フロッグス→ダブルAのミシシッピ・ブレーブス→トリプルAのグイネット・ブレーブスに所属しました。

マイナーを垂直に経験できたことはよかったのではないでしょうか。また、このフォール・リーグで結果を残せたのはやはり首脳陣の素質の見方が誤っていなかったということになりますね。

来季、ブレーブスの外野に名を連ねるでしょうか?

注目ですね。(たぶん、マイナースタートかと思います。)

アクーニャだけでなく、ピッチャーでいいのもたくさんいました。

パドレスのアンドレス・ムニョス(Andres Munoz ※読み方がわかりません)にも注目です。速い!!

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    いやいや
    今年はA+スタートで2A→3Aでフィニッシュです。

  2. Hirotee より:

    >いやいや
    >今年はA+スタートで2A→3Aでフィニッシュです。
    ご指摘ありがとうございます。それととともに、誤った記載を大変失礼致しました。
    開幕は4月6日、A+のFire Frogs、5月9日にAA ミシシッピ・ブレーブス、7月13日以降、 AAAグイネット・ブレーブスでございました。
    見識、恐れ入ります。
    記事内訂正させていただきます。
    ありがとうございました。