スポンサーリンク

コール・ハメルズ、6人ローテーションに異議を唱える

 

MLBは開幕日が年々早くなっていますが、今季は29日がオープニングです。残すところ、あと3週間あまり。

 

移籍が決まって日が浅いエリック・ホズマーがHRを放ち、J・D・マルチネスも生きたボールを打つ機会をつくり、しっかりと調整していますね。まだまだ決まっていない選手も多いですが、開幕に向けてペースが上がってきました。

 

移籍関連で言えば、ジェイク・エアリエッタはフィリーズから声がかかっており、なんか決まりそうな気配です。

 

フィリーズはひょっとしたらカージナルスからFAのランス・リンの獲得にも走るかもしれません。ダブルで獲得したとなると、ナ・リーグ東はなかなか面白いです。

 

なお、ナッツはキャッチャーのジョナサン・ルクロイを獲得するかもしれません。

マット・ウィータースというかつてMLB NO.1と目された捕手がいますが、2人体勢を考えているようです。

 

いずれも噂レベルですが、早く決めて上げてほしいですね。開幕への十分な調整が出来ませんからね。

 

さて、今日はコール・ハメルズについての話題です。

 

 

 

 

現地2018年3月3日、コール・ハメルズは記者に対し、「6 man rotation」に異議を唱えるコメントを出しました。

 

 

”It’s not part of baseball.

 

I know that’s the new analytical side of trying to reinvent the wheel, but I was brought up in the Minor Leagues on the five-man, and that’s what I’m designed and conditioned for.

 

That’s the mental side of how you prepare, how you get ready for games, how you condition your body.

 

You throw in the six-man, you might as well be in college. […] That’s just not what MLB is to me.

 

That’s not how I learned from my mentors, and that’s not the type of way that I’m here to pitch.

 

I’ve never prepared for that, I’ve never had to learn that, and to learn it this late and where I am… maybe if I was 40 trying to still hang on, I’d do anything. […]

 

Thirty-three or 34 starts are what I design, that’s what my goal is and that’s what I intend to do.

 

This is what I’ve done. I’m a guy that pitches 200 innings.

 

 I know that’s something you don’t see as often, but that’s what’s made me and that’s what I’m going to stick to.”

 

 

 

すごく本質的なことだけを抽出しますと、

 

「色んな分析的な見地から割り出して6人ローテーションというが言われていると思うけど、もう自分には5人ローテーションが体に染み付いている。年間33から34試合に先発、200イニングを投げることをゴールとしていて、それに向けて全力で準備している。だから、いまさらリズムを変えられたところで違和感を感じる」

 

ざっとですが、このようなことを考えているようです。

 

一言で言えば、「もう5人ローテが体に染み付いているから、(準備も含めたリズムを)変えたくない」と、こういうことかと思います。

 

キャリア12年のうち、8度も200イニング超えを果たしているコール・ハメルズ。通算147勝の左腕の言うことですから、重みがありますね。

 

ただ、今のMLBの”Torn UCL”、つまり肘の腱が切れて、トミージョン手術へという割合はちょっと多すぎますよね。あと1日休めば肘の回復も十分という見解もあり、それを試す価値は十分にあると思います。怪我予防の切り分けです。

 

6人ローテで回すチームの投手は怪我が少ないというデータが集まればいいなと思います。

6人ローテになりますと、先発投手の年間登板数は多くて28から30試合くらいになるかも

しれませんが、1年半見られなくなるよりマシかと思うんですけどね。

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

Amazon タイムセール

コメント

  1. 赤とんぼ より:

    こんばんは、C Hamelsと同様の思いを持つ、先発投手は他にも大勢いると思われます、特にC Hamelsのようなベテランは今まで中4日が体に染み付いているはずで、さらに先発回数が減少することで勝星を稼ぐ機会が少なくなります。
    チームの6メンローテーションに移行したいの思いには中々「はい、そーですか」とはいかないでしょうね。
    ただ個人的には、色々と課題はありますが、この先6メンローテーションは時間をかけながらも浸透していくのではないかと想像してます。 もしそうなれば20勝投手は昔話に…?

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました