スポンサーリンク

コール・ハメルズ、6人ローテーションに異議を唱える

 

MLBは開幕日が年々早くなっていますが、今季は29日がオープニングです。残すところ、あと3週間あまり。

 

移籍が決まって日が浅いエリック・ホズマーがHRを放ち、J・D・マルチネスも生きたボールを打つ機会をつくり、しっかりと調整していますね。まだまだ決まっていない選手も多いですが、開幕に向けてペースが上がってきました。

 

移籍関連で言えば、ジェイク・エアリエッタはフィリーズから声がかかっており、なんか決まりそうな気配です。

 

フィリーズはひょっとしたらカージナルスからFAのランス・リンの獲得にも走るかもしれません。ダブルで獲得したとなると、ナ・リーグ東はなかなか面白いです。

 

なお、ナッツはキャッチャーのジョナサン・ルクロイを獲得するかもしれません。

マット・ウィータースというかつてMLB NO.1と目された捕手がいますが、2人体勢を考えているようです。

 

いずれも噂レベルですが、早く決めて上げてほしいですね。開幕への十分な調整が出来ませんからね。

 

さて、今日はコール・ハメルズについての話題です。

 

 

 

 

現地2018年3月3日、コール・ハメルズは記者に対し、「6 man rotation」に異議を唱えるコメントを出しました。

 

 

”It’s not part of baseball.

 

I know that’s the new analytical side of trying to reinvent the wheel, but I was brought up in the Minor Leagues on the five-man, and that’s what I’m designed and conditioned for.

 

That’s the mental side of how you prepare, how you get ready for games, how you condition your body.

 

You throw in the six-man, you might as well be in college. […] That’s just not what MLB is to me.

 

That’s not how I learned from my mentors, and that’s not the type of way that I’m here to pitch.

 

I’ve never prepared for that, I’ve never had to learn that, and to learn it this late and where I am… maybe if I was 40 trying to still hang on, I’d do anything. […]

 

Thirty-three or 34 starts are what I design, that’s what my goal is and that’s what I intend to do.

 

This is what I’ve done. I’m a guy that pitches 200 innings.

 

 I know that’s something you don’t see as often, but that’s what’s made me and that’s what I’m going to stick to.”

 

 

 

すごく本質的なことだけを抽出しますと、

 

「色んな分析的な見地から割り出して6人ローテーションというが言われていると思うけど、もう自分には5人ローテーションが体に染み付いている。年間33から34試合に先発、200イニングを投げることをゴールとしていて、それに向けて全力で準備している。だから、いまさらリズムを変えられたところで違和感を感じる」

 

ざっとですが、このようなことを考えているようです。

 

一言で言えば、「もう5人ローテが体に染み付いているから、(準備も含めたリズムを)変えたくない」と、こういうことかと思います。

 

キャリア12年のうち、8度も200イニング超えを果たしているコール・ハメルズ。通算147勝の左腕の言うことですから、重みがありますね。

 

ただ、今のMLBの”Torn UCL”、つまり肘の腱が切れて、トミージョン手術へという割合はちょっと多すぎますよね。あと1日休めば肘の回復も十分という見解もあり、それを試す価値は十分にあると思います。怪我予防の切り分けです。

 

6人ローテで回すチームの投手は怪我が少ないというデータが集まればいいなと思います。

6人ローテになりますと、先発投手の年間登板数は多くて28から30試合くらいになるかも

しれませんが、1年半見られなくなるよりマシかと思うんですけどね。

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

Amazon タイムセール

コメント

  1. 赤とんぼ より:

    こんばんは、C Hamelsと同様の思いを持つ、先発投手は他にも大勢いると思われます、特にC Hamelsのようなベテランは今まで中4日が体に染み付いているはずで、さらに先発回数が減少することで勝星を稼ぐ機会が少なくなります。
    チームの6メンローテーションに移行したいの思いには中々「はい、そーですか」とはいかないでしょうね。
    ただ個人的には、色々と課題はありますが、この先6メンローテーションは時間をかけながらも浸透していくのではないかと想像してます。 もしそうなれば20勝投手は昔話に…?

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました