スポンサーリンク

【MLB2018】アストロズが50勝に到達!ロイヤルズは泥沼の9連敗でついに借金30

レイズと対戦中のアストロズは、現地2018年6月20日、チャーリー・モートンが登板。レイズ先発のネイサン・イオバルディーとともに中盤までロースコアの展開に持ち込み、ナイス・ゲームメイク。

ところが、ネイサン・イオバルディーが6回裏にジョージ・スプリンガー、アレックス・ブレグマン、ホセ・アルトゥーベに3連発を喫し、これでゲームが決まりました。

アルトゥーベは4回の先制時にもHRを放っているので、この日2HR。ネイサン・イオバルディーは4失点=4被弾ということになりました。

チャーリー・モートンは6回96球、被安打2、奪三振4、与四球が4ありましたが1失点で9勝目(1敗)。モートン、安定感があります。

アストロズはこれで両リーグ最速で50勝に到達。レッドソックスもリーチがかかっていたのですが、この日はツインズに敗れ、49勝止まりです。

なお、ヤンキースはまたしてもマリナーズに勝利。ヤンキースも49勝です。レッドソックス、話されないでついて行ってほしいですね。

■ロイヤルズ、9連敗で借金30

もう戦力的に仕方のないことなのですが、カンザスシティ・ロイヤルズが悲惨な状態になっています。

出口の見えない9連敗で、ついに借金30に達してしまいました。これは現地2018年6月20日時点で両リーグ最多です。

2014年、地区2位でワイルドカードからワールドシリーズに出場、2015年は圧倒的な強さでワールドシリーズ制覇を果たしたあのチームが・・・。

強かった時代は何がかっこよかったかと言えば、その守備力。2013年から3年連続でゴールドグラブ賞に3人が名を連ねました。そして、鉄壁のブルペン陣!さらに、足もありましたね!

こうなってしまえば、勝っているチームがポストシーズンに備えて、主力にオファーするのがMLBで、現地2018年6月18日、鉄壁のブルペンの一人であった100マイル右腕、ケルビン・ヘレイラのナショナルズへのトレードが決まりました。ロイヤルズには3人のプロスペクトが入っています。

ヘレイラもいっときの球威ではありませんが、後ろの弱かったナッツには最適な人材かと思います。

現地2018年6月20日時点でチームERAが両リーグ通じてワーストの5点台のロイヤルズ。ヘレーラの移籍により、ますますチームERAが悪くなりそうです。

サルバドール・ペレス、アレックス・ゴードン、マイク・ムスターカスがまだいるんです!ピッチャーがなんとか頑張ってくれればいいんですけどね。期待しましょう。ここは若手にはチャンスでもありますから、生きのいいピッチングを見せてもらいたいです。

e6Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク