スポンサーリンク

【MLB2018】フィリーズ、ホーム踏まずにドジャースに勝利!ノラが7K! & カーショウがMRIへ

今季、久々の快進撃を見せてくれているフィリーズ。

 

ブレーブスとともに、首位争いを演じていたのですが、ナショナルズが5月に入り調子を取り戻してきたため、現地2018年5月31日現在、ナ・リーグ東地区3位です。

 

もっともこの3位は、上位3チームが混戦ゆえに日替わりで首位が入れ替わるような状態なので気にすることはありません。

 

何と言っても31勝23敗で貯金が8もあります。

 

その好調フィリーズは只今西海岸への遠征中でドジャースとの4連戦中。2018年5月31日はその4戦目。

 

ドジャースがクレイトン・カーショウ、フィリーズがアーロン・ノラという現在のキングみたいな投手と次世代サイヤング候補の投げ合いで始まったこのゲームはロースコアの展開になりました。

 

そして、ドジャースのキャッチャーはどこを見ているんだとツッコミを入れたくなるプレーが勝敗を分けました。

 

先制したのはフィリーズ。2回表、そのキャッチャーのヤズマニ・グランダルにツッコミを入れたくなるプレーでフィリーズが先制しました。

 

グランダルはイチロー選手を敬愛している選手なので、あまりディスりたくはないのですが、さすがにこれはどこを見てたの?と突っ込んでいいと思います。

 

まあ、ランナーもランナーですね。マイケル・フランコですが、踏んでいない自覚はあったと思いますが、タイミング的にアウトだと思ったようで、そのままの歩調でまたぎましたね。

 

振り返っては踏んでいないことがバレるのでそのままベンチに下がったという感じでしょうか。

グランダルはグラブの死角かなにかで見えなかったかもしれませんが、微妙だと思ったらベンチにチャレンジを要求してほしかったですね。アッサリし過ぎでした。

ドジャースは5回に同点に追いつきましたが、終始、フィリーズ先発のアーロン・ノラに手球に取られて、この日は1点が精一杯でした。

7回表にフィリーズが勝ち越し、そのまま2−1で勝利しました。

フィリーズ先発のアーロン・ノラですが、いいピッチングでした。ドジャース相手に7回を被安打2、奪三振7。投げ方が相変わらずかっこいいですね。MAXは95.1mph。低めのノビはしびれます。ノラはこれで7勝目。

 

ドジャースとの4連戦は2勝2敗。フィリーズ、ドジャースとこうやっていい勝負ができるようになったのは久しぶりかもしれません。

次はジャイアンツとの3連戦です!

【動画】Recap: PHI 2, LAD 1

 

■カーショウが腰部MRIへ

5月1日以来のマウンドに上がったカーショウ(Clayton Kershaw )ですが、腰の状態が芳しくないらしく、6月2日にMRIを撮ることになりました。

 

カーショウは腰周辺を慢性的に傷めており、2014年にはシドニーでのオープニングゲームを投げた後に背筋を傷め、約1ヶ月以上登板から遠ざかったことがあります。ちなみにこの年は復帰後に勝ちまくって、21勝3敗でサイヤング賞を獲得!

 

また、2016年にはherniated disk、つまり椎間板ヘルニアで6月後半から9月初旬まで2ヶ月以上にわたり、サイドラインに下がったこともあります(この年は12勝4敗でした)。

詳細はMRIによる検査で判明してから発表ということなのでしょうが、どうも2016年の椎間板ヘルニアが気になりますね。野球選手が椎間板ヘルニアを患って、たった2ヶ月で復帰していたこと自体が驚きであります。

 

カーショウはメジャーの投手の中でも際立ってストイックに練習する人で、尊敬される対象でもあります。

 

MRIの結果次第ではありますが、こう何年も大事な腰に爆弾を抱えていては今後のキャリアにも支障が出ると思いますので、今回は根本治療という決断を下してほしいものであります。

今季はこのゲームを入れてここまで、8試合、42イニング、1勝4敗、ERA 2.76。

新サイトの調整をやっていて、記事更新の時間が遅くなってしまいました。すみません。

眠くて仕方なかったのに、フィリーズの勝利が嬉しくて記事を書いているうちに高ぶってしまいました。

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

Amazon タイムセール

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました