スポンサーリンク

【オープナー2018】レイズ、S・ロモを2試合連続で先発起用

レイズが奇策

考え方を柔軟に!というのは、ビジネスでも野球でも同じですね!

現地2018年5月19日(土)、エンゼルスVSレイズ戦で、元ジャイアンツのクローザーで、スライダーが非常にいいセルジオ・ロモ(Sergio Romo)が先発し、初回を三者三振に仕留めました!

ロモはここで交代。なんと初回のみの先発でした!

オープナーとは

先発をあえて短イニングで降板させてブルペンで9回までつなぐこの作戦を「Opener(オープナー)」と呼ぶことになりました。先発投手というと5回、100球目安の起用が今までの野球界では一般的ですが、今までのStarter(スターター)という位置づけとは意味合いが違うということで、1番めに投げる投手という意味でOpener(オープナー)と呼ぶようになりました。

2回以降のリレー

レイズは2回から本来の先発ローテであったライアン・ヤーブロー(Ryan Yarbrough)を起用。8回1アウトまで投げ、被安打4、失点1と本来の先発以上の働きを見せました。

レイズのキャッシュ監督の狙いは、右の好打者が多いエンゼルス打線に対して、左のヤーブローが立ち上がりに苦戦し、ゲームメイクに失敗するのを避けるため、右スライダー投手であるロモを起用したとのこと。流れをうまくつくりましたね!

2日連続の先発が決定

そして、キャッシュ監督ですが、大谷投手が先発する20日にもロモを先発させると発表。本日のように、立ち上がりをロモに任せ、それ以降は本来の先発である左腕のアンソニー・バンダ(Anthony Banda #53)に切り替える見込みです。

【動画】Recap: TB 5, LAA 3

好調レイズ、6連勝

レイズはこれで6連勝!一方のエンゼルスは5連敗で、マリナーズに2位の座を奪われました。もっとも、ア・リーグ西地区の2位、3位、4位は混戦で、日替わりで順位が入れ替わる状況です。

さて、同じピッチャーの話題で行きますと、今日はやはりこの人の話題をあげずにはいられません。

先発の鑑、M・シャーザーが13K

ナショナルズのマックス・シャーザーです。

レイズのオープナーとは正反対の位置づけのスターターとしての堂々とした存在感を放っております。

絶好調のシャーザー

2018年5月19日のドジャース戦に登板。ここのところのピッチングは本当に無双状態が続いています。この日も7回を投げ、被安打5、失点2、奪三振13!

ERAは1.78です。シーズンの奪三振が早くも100を超えて、104! 両リーグ通じても2位のゲリット・コール(登板が1回少ないのですが)に11個の差をつけています。

ゲーム展開

このゲームは初回にドジャースが先制。先頭のジョク・ピダーソンが2塁打を放ち、続くマックス・マンシー(3B)のシングルで1点を上げます。

ドジャースは5回にもマックス・マンシーが活躍。ソロHRを放ち、シャーザーを相手に2−0で前半を折り返します。

バットでも

辛抱強く投げていたシャーザーに援護がめぐってきたのが、6回裏。複数のタイムリーで4−2と逆転します。この時、自身でもタイムリーを放ち、勝利への執念を見せます。

シャーザーは逆転直後の7回表のマウンドも0点で抑え、いい流れをつくって交代となりました。

ナショナルズの流れではあったのですが、8回に2番手のサミー・ソリスがコーディー・ベリンジャーにソロHRを許し、リードは1点差に。

実は逆転負け

最終回、ナショナルズはクローザーのショーン・ドゥーリトルをマウンドに送りますが、先頭から3長短打を許し、まさかの逆転を許す展開に。シャーザーの好投虚しく、5−4でドジャースが勝利しました。

リッチ・ヒルが2球で降板

ドジャース先発のリッチ・ヒルがマメの影響で2球で降板。その後、小刻みな投手リレーで目先を狂わされたとは言え、ナショナルズが放ったヒットはたったの4本。ドジャースのピンチにつけ込むことができませんでした。

【動画】Recap: LAD 5, WSH 4

日曜日は、ストラスバーグが登板します。

ダブルヘッダーは大変

さて、選手は大変という話しなのですが、この日のこのカードはダブルヘッダー。Game1は4−1でドジャースが勝利。

2試合目ですが、ゲーム開始がなんと夜8時05分!3時間半ほどかかりましたので、11時過ぎの終了。

ダブルヘッダー翌日にデーゲーム

さらに言えば、翌日の日曜日のゲームは現地時間お昼1時30開始! 睡眠不足にも程があるでしょ。メジャーは本当に過酷ですね。

日本時間2018年5月21日の朝、大谷投手も登板します!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました