スポンサーリンク

【オークランド2018】コロシアム、ついに56,000人超え!

好調アスレチックス!

前日にメッツのクローザー、ジェウリス・ファミリア(J. Familia)のオークランド入りについて述べさせていただいた通り、オークランド・アスレチックスが非常に好調です。

まだ気は早いですが、ワイルドカードを狙える位置につけており、ファミリアの獲得もシーズン後半のための布石です。

現地2018年7月20日から始まったジャイアンツとのベイブリッジ・シリーズ3連戦においても2勝1敗で勝ち越し。特に3戦目の2018年7月22日のゲームでは延長10回にサヨナラ勝ちを収め、ジェウリス・ファミリアが移籍早々に勝利投手になるハッピーなシナリオも描きました。

名手ブランドン・クロフォードにしては珍しい失策でしたが、これもオークランドの勢いがなせる業でしょうか。とにかくアスレチックスは非常に元気があります。

今季は集客多し

なかでも驚くべきはその観客動員。今季のオークランドはものすごく入っているんです。

その最たる結果がトップのツイッターの埋め込みにもあるように現地2018年7月21日のジャイアンツ戦の56,310人! あやうく、56,416-コ・ロ・シ・ア・ムの語呂を踏むところでした。

もともとそのキャパシティは驚くべき収容力があるこのスタジアム。

しかし、チームが2012年、2013年の地区優勝、2014年のALCS進出を果たしたのを最後に、2015年からは3年連続最下位に低迷。

弱いときはカバーをかぶせて

当然、観客動員にも翳りが見え、このようにトップのブリーチャー(最上階のスタンド)にカバーをかぶせてあえて収容力を落として見栄えもよくする苦肉の策を演じることもしばしばでした。

ところが、ファンも今年の成績に手応えを感じているのでしょう。熱心に球場に通う人が増えて、観客動員もうなぎのぼりです。

好調例 45,606名

20日のジャイアンツ戦は45,606。当然、最上階のブリーチャーにもファンが詰まっています。ちょっとわかりにくいですが、CF後方のトップだけはまだ開放していませんでした。

しかし、上述しましたように現地2018年7月21日(土)のスタンドはCF後方のトップ・ブリーチャーにもお客さんが溢れくらいに大盛況に。

強いとお客さんも盛り上がりますね。

さて、そもそものこのスタジアムについて関連情報を記しておきます。

オークランド・コロシアムとは

英語では”Oakland-Alameda County Coliseum”(オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム)。これを通称「オークランド・コロシアム」または単に「コロシアム」と呼びます。

名称は権利として販売されていますので、何度か名前は変わっていて、2011年 から2016年までは「オー・ドットコー・コロシアム」とも呼ばれていました。現在の名称は元に戻ったような形です。

1964年4月15日オープンで、1995年にリノベーションを開始し、1996年に終了。現在の形となっています。

競技別収容力

公式サイトによると、収容力は以下の通りです。

46,765 (baseball)

63,024 (football)

70,000 (concerts)

この収容力に関しては、おそらくブリーチャーにシートをかぶせた場合の人数を書いているのだと思います。フットボール時にはシートを増設するものの、6万3千人が入るわけですから、6万近くは収容できると見ていいのでしょう。もう少し正確な数字を発表してもらいたいのですがね。

現在の甲子園でも4万7千人が最大です。昭和の後半はかなり適当で5万8千人とか平気で新聞でも発表していましたが、改装前の甲子園でも実質5万人は入っていなかったと思われます。

サッカーでは10万人規模のスタジアムがいくつもありますが、野球でこれだけ大きいスタジアムも珍しいです。

フィールドのスペック

ちなみに野球時のグランドは左右100m、センター122mほどのバランスの取れた形のフィールドです。

Left Field Line: 330 feet  (100.6 meter)
Left Center Power Alley: 388 feet (118.2 meter)
Straight Away Center Field: 400 feet (121.9 meter)
Right Center Power Alley: 388 feet (118.2 meter))
Right Field Line: 330 feet (100.6 meter)

2018年現在も、コロシアムはNFLのオークランド・レイダースの本拠地でもあります。

フットボール場へのトランスフォーム

フットボールの会場にトランスフォームする時の動画がありましたので、つけさせていただきます。なかなか大変です。

ブルペンは鉄板の上に載っているんですね。

有名な日本人元MLB投手が「史上最悪のブルペン」と言っていたのを思い出しましたが、位置が悪すぎますね。18Mの取り合いが難しいんですかね。もう少しベンチ側に設けられないのでしょうか。

さて、そのレイダースですが、今季でコロシアムは最後になりそうです。

レイダースはラスベガスへ

アメリカではNFLが4大スポーツの中で最も人気がありますが、オークランドと言えば、やはりレイダースというくらい人気のあるチームです。

そのレイダースも2017年3月のオーナー会議でラスベガスへの移転が承認されました。

ラスベガスのスタジアムの進捗具合にも依りますが、2019年からの移転も可能と会議で決定されましたので、移転までは現在のコロシアムを使うものの、オークランドから去ることは避けられない模様。

理由は収益が上がらないというのが大きな理由のようですが、レイダースはアスレチックス同様、オークランドに新スタジアム建設の道も探っていましたが、叶わなかったようです。収益もさることながら、建設費も集まりにくいのでしょうね。

アスレチックスの新本拠地移転問題もこうしたレイダースとの関係という背景もあります。

サンフランシスコは人口の多い都市でもありますから、アスレチックスはここで根を下ろしてやっていきそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
【MLB2024】メッツがアダム・オッタビーノ、藤浪投手、ジェイク・ディークマンを獲得
【MLBトレード2024】オリオールズがブルワーズからコービン・バーンズを獲得!
【MLB2024】コーリー・シーガーがスポーツ・ヘルニアの手術を受けるも、シーズンへの影響は最少
【MLB2024FA】注目FAのジャスティン・ターナーはブルージェイズと1年契約で合意
【MLB2024】マリナーズがツインズからホルヘ・ポランコをトレードで獲得!
【MLB2024FA】ロイヤルズがアダム・フレイジャーと1年契約で合意
【MLB2024FA】注目リリーバーのヘクター・ネリスはカブスとサイン!
【発表!】MLB 2024トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのジャクソン・ホリデー!
【MLB2024FA】レンジャーズがデービッド・ロバートソンを獲得!1年/11.5Mドル保証でサイン
【MLB2024FA】Dバックスがジョク・ピダーソンを獲得!1年/12.5Mドル保証で合意
タイトルとURLをコピーしました