スポンサーリンク

【MLB2017年3月】メッツのクローザー、ジェウリス・ファミリアがDVポリシー違反で15試合のサスペンション

ジェウリス・ファミリアに15試合出場停止処分

こんにちは。

現地2017年3月29日、メッツのクローザー、ジェウリス・ファミリアJeurys Familia)に奥さんへのドメスティック・バイオレンス(DV)が発覚。

MLBのDVポリシーに反するということで開幕から15試合のサスペンション(出場停止)の処分がくだされました。

ファミリアは2016年10月31日、奥さんを傷つけた容疑で逮捕、起訴されています

今回、機構側がこの件に関して、ファミリアと奥さんの双方から聴取し、この裁定がくだされました。

ちょうどワールドシリーズの時期に起こしていたようです。

アンチDVのアドにも出ていたのですが、これは皮肉以外の何ものでもありませんね。

過去のDVポリシー違反

過去、MLBではDVポリシー違反で、ヘクター・オリビアに82試合、ホセ・レイエスに52試合、アロルディス・チャップマンに30試合の出場停止処分をくだしています。

今回のファミリアの15試合が1番軽い処分ですが、DVはだめですね。

メッツのキープレーヤー

ジェウリス・ファミリアは2016シーズンに78試合に登板、51セーブを上げ、オールスターにも出場する、メッツのキープレーヤー。

アディソン・リードがクローザー代役

メッツはファミリアのサスペンションの間は、昨季80試合に登板のアディソン・リードで乗り切るつもりです。

お読みいただき、ありがとうございました。


Amazon タイムセール

スポンサーリンク