スポンサーリンク

【MLB2023】ブレイディー・シンガー、終盤までノーヒッターを演じるも、ブルペンにリードを吹き飛ばされ、勝ち星つかず!

ノーヒッター・アラートが点灯するも・・・

 今日はちょっと切ないゲームのお話を。と言ってもロイヤルズは勝つには勝ったのですが、あまりに先発のブレイディー・シンガーが可哀想というお話です。

 現地2023年8月14日、カウフマン・スタジアムで行われたマリナーズ@ロイヤルズ戦は、ロイヤルズ先発のブレイディー・シンガーが素晴らしい投球を披露!ゲーム速報ではノーヒッター・アラートが点灯するほど、彼の投球はヒートアップしていました。

今季のブレイディー・シンガー

 今季のブレイディー・シンガーは春先にWBCのUSA代表にロスターインしましたので、かなり早い時期から仕上げてきていました。ただ、WBCでは1試合2.0イニングのみの登板で終わっています。4失点しましたので、登板機会が無くなりました。

 シーズンが始まり、今季初登板の4月3日のトロント戦では、5.0 IPで2ヒッター、1失点で勝利投手となり、非常によい滑り出しを見せました。

 ところが、4月はそれ以降は大量失点が続き、ラフ・スタートなり、4月のERAは8.49。その後も非常に良い日と悪い日の両極端な登板が続き、このゲーム前までは8勝8敗、ERA 5.05。

今季はここまでX/H%が悪化

 2022年のQS%(Quality Start %)は、57.2%を誇ったブレイディー・シンガーですが、今季はここまで35%と低下。ちなみに2022年は10勝5敗、ERA 3.23です。

  ブレイディー・シンガーが今季、特に悪くなっているのは、エクストラベース・ヒット・レート(X/H%)。これは打たれたヒットのうち、エクストラベース・ヒットがどれだけあるか?という比率ですが、過去3年は26-27%前後だったものが41%にアップ。長打を打たれることが多くなっています。

 またBB%が前年の5.6%から7.2%にもアップしていることから、ランナーを貯めては長打を打たれる確率が高まっているということに。

 今季は4シームを投げず、ファストボールはシンカーのみです。このシンカーのアベレージ・ベロシティーが93.8mphから92.3mphに下がっているのも大きな要因かと思います。これは2021年に肩の炎症を起こした影響があるのかもしれません。

 なお、2022年にリストリクティッド・リストに入っていますが、これはカナダ遠征の際のワクチン未接種からくるリスト入りです。

7.2イニングまでNO-NO

 さて、この日のブレイディー・シンガーの投球ですが、とにかく低めを丁寧にという投球。シンカーと高速スライダーが非常に切れており、マリナーズ打線に全くと言っていいほど、付け入る隙を与えませんでした。

 あれよあれよという間に、ノーヒットのままイニングは進み、出塁は5回表にケイド・マーローに与えた四球のみ。6回を終え、ついにノーヒッター・アラートが点灯しました。

 迎えた7回表、エウヘニオ・スアレスとカル・ラレーを2者連続三振に斬って取ったブレイディー・シンガー。ノーヒッターが現実味を帯びてきました。

 しかし、2アウトから、ドミニク・カンツォーネを打席に迎え、スライダーがインローの甘めに入ったところをRFに弾き返され、ここでノーヒッターは終了。7.2イニングまで継続という素晴らしい投球でした。

 その後、8回表もマウンドに上がったブレイディー・シンガーでしたが、1アウトからマイク・フォードに二塁打、ディラン・ムーアに死球を与えたところでお役御免に。

 ブレイディー・シンガーは7.1イニング、106球で被安打2、失点2、BB 1、SO8という内容でした。失点に関しては後述します。

B・シンガー降板時は5-0でKCがリード

 ロイヤルズ打線はリズムの良いブレイディー・シンガーの投球に呼応するかのように、序盤から爆発。1回表は、マリナーズ先発のローガン・ギルバートの立ち上がりを捉え、サルバドール・ペレスが3ランHRで先制。

ボビー・ウィットのランニングHR 

 さらに5回裏にはボビー・ウィット・Jr.のインサイド・パークHRが飛び出して、追加点。6回裏にも押し出しで1点を追加するなど、ブレイディー・シンガー降板時には5−0と試合を支配します。

カルロス・ヘルナンデスが3連打

 ブレイディー・シンガー降板後、リレーされたのはカルロス・ヘルナンデス。カルロス・ヘルナンデスはブレイディー・シンガーの出した2人のランナーをきっちり返してしまいます。まず、ジョシュ・ロハスにシングルを打たれて満塁とされた後、フリオ・ロドリゲスに走者一掃のタイムリー・ダブルを打たれて3-5に。さらに、フリオには盗塁を決められ、スコアリング・ポジションにランナーを置いた状況で、エウヘニオ・スアレスにタイムリー・シングルで4-5。この3連打で一気に1点差ゲームにされてしまいます。カル・ラレーとドミニク・カンツォーネは2者連続三振に。

 そして9回表、ロイヤルズはオースティン・コックスをマウンドに送りましたが、1アウトを奪うも、四球を2つ出したところで、ニック・ウィットグレンにスイッチ。ニック・ウィットグレンは2アウト目まで奪いましたが、この後、まさかの2者連続タイムリーでついにマリナーズに6-5と逆転を許してしまいます。

KC、スクイズでサヨナラ

 しかし、ロイヤルズはさすがに負けられないと思ったようで、9回裏、マット・ブラッシュからボビー・ウィットとマイケル・マッシーが連続シングルを放ち、ノーアウト1、3塁とチャンスメイク。 

 ここでサルバドール・ペレスが犠牲フライを放って6-6の同点に。そして1アウトランナー3塁となったところで、ロイヤルズが採った作戦はスクイズでした。打席のダイロン・ブランコが初球をきれいに転がし、これで代走で出ていた3塁ランナーのサマド・テイラーがホームイン。確実にサヨナラを取りに行った作戦が見事に当たりました。

 これはセイフティー・スクイズでした。

 これでロイヤルズは7-6で勝ちました。

MLB Gameday: Mariners 6, Royals 7 Final Score (08/14/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 しかし、ブレイディー・シンガーは5点リードで降板してまさかひっくり返されるとは思わなかったでしょうね。力投も虚しく、勝ち星がつきませんでした。ちょっとかわいそうな投球でした。

 ブルペンが弱いロイヤルズの弱点がもろに出てしまったゲームでもありました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBトレード2024噂】打撃不振が続くマリナーズ、オリオールズのライアン・マウントキャッスルに手を出すか?!
【MLB2024】ドジャース、ジェームス・パクストンをDFA!25才の右腕を招集
【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?(追記あり)
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
タイトルとURLをコピーしました