スポンサーリンク

【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!

ライン・ネルソン、NLトップ2を完全に封じる!

 現地2022年9月12日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのルーキー、ライン・ネルソン(Ryne Nelson)がドジャースを相手に素晴らしい投球を披露。上から下まで一発があり、技ありの打撃もありと、なんでも揃っているドジャース打線を相手に6回、スコアレス投球を演じて見せました。

 なお、最初に断っておきますが、このゲームはDバックスの2番手以降が打たれてドジャースが6−0で勝利しており、ライン・ネルソンに勝ち星がついたわけではありません。自己の責任をルーキーらしからぬ投球で全うしたということであります。

 そのライン・ネルソンですが、この日がデビュー2戦目。デビュー戦はパドレスを相手に7回スコアレス、そしてこの日はドジャースに対して6回スコアレスと、ナ・リーグ西地区トップ2の高いハードルを難なく超えて見せたのでした。

デビュー戦でパドレスを封じて初勝利

 ライン・ネルソンは、現地2022年9月5日にトリプルAからコールアップされ、即パドレス戦に登板。

 ルーキーのデビュー戦とはいえ、パドレスの先発はブレイク・スネル。したがって、理想を言えば、先制点を与えたくないところでした。それを知ってか知らずか、パドレス先発のブレイク・スネルはルーキーの前で凄みを見せました。スネルは初回に先頭のカーソン・ケリーに四球を与えたものの、アウト3つを三振で奪うという立ち上がり。これだけでも相手投手にはかなりのプレッシャーがかかるところです。

 その裏のパドレスの攻撃でマウンドに立ったライン・ネルソン。メジャー初対戦の打者はジュリクソン・プロファー。無我夢中で投げていたせいか、コントロールがまとまりすぎ、96.8mphのファストボールをCFに弾き返されて二塁打となり、いきなりメジャーの洗礼を受けたのでした。

 ところが、ライン・ネルソンはつづくフアン・ソトをポップフライに、マニー・マチャードをSSゴロに打ち取り、さらにジョシュ・ベルからは見逃し三振を奪い、このピンチを切り抜けます。

 強いなあというのがその印象でした。

 その後は2回から5回までの4イニングを三人ずつで斬って取り、2本目のヒットが出たのは6回裏のこと。それを打ったのはまたしてもジュリクソン・プロファーで2アウトから再び二塁打を放ったのでした。

 Dバックスは7回表に、ストーン・ギャレットにソロHRが出て、2点目を計上。ライン・ネルソンの好投に応えます。

 7回裏、さすがに疲れが出たのか、ジョシュ・ベルらに2本のシングルを打たれますが、マット・BTをRFフライに抑え、結局、7イニング、87球で、被安打4、スコアレス、BB0、SO7でマウンドを降りました。

 後を継いだケビン・ギンケル、ケイレブ・スミスがともに1イニングをパーフェクトに抑え、さらに打線も追加点を奪い、5-0でDバックスが勝利。ライン・ネルソンに嬉しいメジャー初勝利がつきました。

Arizona Diamondbacks vs San Diego Padres Box Score: September 5, 2022 | Baseball-Reference.com
Arizona Diamondbacks beat San Diego Padres (5-0). Sep 5, 2022, Attenda...

デビュー2戦目、ドジャースもねじ伏せる

 そしてデビュー2戦目となった現地2022年9月12日のドジャース戦。

 またもライン・ネルソンはルーキーらしからぬ投球で立ち上がりをこなします。2回までドジャース打線を三者凡退に。初ヒットは3回表2アウトからトレイス・トンプソンのシングル。そしてこのイニングから2巡目に入りましたが、ドジャース打線はさらに手こずり始めました。

 最大のピンチは6回2アウトに訪れました。トレイ・ターナーがRFポール際に大きな当たりを放ち、これがトリプルに。つづくバッターはフレディー・フリーマンということでここでバッテリーは敬遠を選択。2アウト1、3塁でバッターはウィル・スミス。

 ウィル・スミスは右中間にライナーを放ち、ドジャースが先制点を奪ったかと思われましたが、これをCFのアレク・トーマスがキャッチ。ライン・ネルソンはこのイニングで降板。

 6回、81球で被安打がたったの2!スコアレスで、BB2、SO6。

 ライン・ネルソンは2試合連続でスコアレス投球を見せたのでした。しかし、この後、ブルペンがせっかくのライン・ネルソンの好投を無にして計6失点。

 6-0でドジャースが勝利しました。勝利投手はタイラー・アンダーソンで15勝目をマークしております。

Los Angeles Dodgers vs Arizona Diamondbacks Box Score: September 12, 2022 | Baseball-Reference.com
Los Angeles Dodgers beat Arizona Diamondbacks (6-0). Sep 12, 2022, Att...

ライン・ネルソンとは 

 ライン・ネルソンは1998年2月1日生まれの24才(現地2022年9月12日時点)。2019年のDバックスの2巡目指名です。

【YOUTUBE】Prospect Spotlight: Ryne Nelson | Arizona Diamondbacks

 ドラフト後にクラスA+に所属。10試合、18.2イニングを投げ、ERAは2.89。

 2020年はマイナー・リーグがキャンセルとなったため、トレーニング・ファシリティーで調整。

 2021年はクラスA+からスタートし、ダブルAまで昇格。2つのレベルを併せて、116.1 IP、ERA 3.17。

 2022年はトリプルAで開幕を迎え、26先発し、136イニングを投げ、10勝5敗でERAは2.52。これは上で使いたくなるのが人情です。

4シームが重くて伸びる 

 ライン・ネルソンのベロシティーはアベレージだとmid-90mphというところ。特別速いわけではありません。

 しかし、ギアを上げると96-97mphをマークし、しかも球質が重そうです。

 うまいのが77mphほどのカーブをよく使うところ。これによって、打者は4シームの球威をよりさらに感じると思います。

 角度のいいボールは伸びが素晴らしく、数字以上のものを感じさせます。

 ライン・ネルソン、今季はあと2度から3度ほどの登板がありそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました