スポンサーリンク

【MLB2022】ホワイトソックス、ダラス・カイケルをDFAに

2015 サイ・ヤング左腕

 すでに夜中にニュースが流れてきましたが、ここでも記載しておきます。

 現地2022年5月28日、シカゴ・ホワイトソックスはローテーション左腕のダラス・カイケルをDFAとしました。ダラス・カイケルは2015年(当時アストロズに在籍)に20勝5敗でサイ・ヤング賞を受賞した左腕です。

Dallas Keuchel Stats | Baseball-Reference.com
2022: 2-5, 7.88 ERA, 20 SO,Career: 101-87, 3.86 ERA, 1193 SO, P, 2015 AL Cy, 2xAllStar, 5xGG, Astros/WhiteSox/... 2012-2022, t:L, 1x W Leader

ラフ・スタートが頻発していた

 ダラス・カイケルの直近の登板は現地2022年5月26日のレッドソックス戦。このゲームはレッドソックスが16-7と完勝したのですが、その要因となったのがカイケルの乱調。ダラス・カイケルは2イニングで55球を費やし、被安打7、失点6、BB2、SO4、HR2とゲームを作ることが出来ませんでした。

カイケルのラフ・スタートは今季3度め

 現地2022年5月28日時点で、ダラス・カイケルは8試合に先発しているのですが、このうちゲーム序盤で崩れたラフ・スタートが3度もあります。

  • 4/20 @CLE: 1.0IP/ 10 Hits/ 10 Runs(10 ER)/ BB1/ SO0/HR1
  • 5/21 @NYY: 4.0 IP/ 6 Hits/ 6 Runs (6ER)/ BB3/ SO0/HR1
  • 5/26 vs BOS: 2.0 IP/ 7Hits/ 6 Runs (6ER)/ BB2/ SO4/ HR2

 上述のレッドソックス戦でのラフ・スタートは2試合連続だったのです。カイケルが投げると、ゲームが崩れてしまうというのが続けばさすがにフロント・オフィスも考えざるを得ないところですが、シーズンの1/4を消化した時点での決断は「早いな!」と驚くばかりです。

 今季のここまでの成績は、8試合、32.0IPでERAは7.88。S09/BB9ともに5.6、HR9は1.7、H9は13.8。もともととびきりボールが速い訳ではないので、被安打数は多い投手。サイ・ヤング賞を獲得した2015年においても7.2。カイケルの場合、せめて一桁に納めたいところではあります。

現契約

 ダラス・カイケルの現契約は2019年12月にホワイトソックスとサインした時のものです。

  • 3年/$55.5M (2020-22) + 2023 $20MクラブOpt($1.5Mバイアウト)
    • 支払い:$18M(2020-2022)

 2023年のクラブオプションはカイケルが2022年終了後にフィジカル的に問題がないこと、そして直近2年の2021-22シーズンに320IP超え、このうち2022年に160IPは超えておかなければならないという設定がされていました。もう、これはべスティング・オプションのようなものですね。

 2022年が崩れた時点で当然オプションには該当しなくなるのですが、2021年は162.0IPを達成していました。よって、もし同じペースであればオプションの成績の部分はクリアーしていたかもしれません。それも数字があってのことということですね。

カノーと同じパターンが予想される

 ダラス・カイケルの$18Mサラリーを日割りにすると、今季の残額は $14,456,044という数字が出ています。これはバイアウトの$1.5Mも入った数字です。

 もし、カイケルをトレードやウェーバーでクレームオフしてしまうと、新しいクラブがカイケルの残額を負うことになるため、それは見送られるでしょう。リリースとなり、FAとなると、新しいクラブがメジャー最低年俸(今季は$0.7M)の日割り分で契約することになります。

 そしてホワイトソックスは残額を負う義務が残ります。

手を上げるクラブは出てくる

 おかしなもので、DFAからリリース、そしてFAとなって、次のクラブに入るときっちりと稼働するケースがあります。これは不振期間がDFAにより断ち切られ、この7日以上空く期間で体調面や精神面でなんらかのリセットが行われるゆえと筆者は推測しています。あとは、追い込まれた感もあるでしょう。選手寿命に関わるような怪我を持っているならそれは難しいですが、そうでないと少なくともDFA前よりはいい成績になったりします。

 左腕で長いイニングを投げる投手が欲しいクラブはありますので、おそらく次の所属先は決まると思います。

34才

 ダラス・カイケルは1988年1月1日生まれで現時点で34才。年齢的には微妙ではありますが、腕に怪我がなければ上述のようにチャンスが生まれてくる投手。

 ドラフトは2009年のアストロズの7巡目指名。デビューは24才の時で、2012年6月です。

 ここまで通算成績は、101勝87敗、ERA は3.86。サイ・ヤング賞を獲った2015年には232.0イニングに登板。短縮シーズンとなった2020年は6勝2敗でサイ・ヤング賞5位の得票。

 打たせて取る投手の真骨頂とも言うべく、ゴールドグラブ賞は5度受賞していました。

 次はいい結果が出ればと思います。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました