スポンサーリンク

【MLB2022】ホワイトソックス、ダラス・カイケルをDFAに

2015 サイ・ヤング左腕

 すでに夜中にニュースが流れてきましたが、ここでも記載しておきます。

 現地2022年5月28日、シカゴ・ホワイトソックスはローテーション左腕のダラス・カイケルをDFAとしました。ダラス・カイケルは2015年(当時アストロズに在籍)に20勝5敗でサイ・ヤング賞を受賞した左腕です。

Dallas Keuchel Stats | Baseball-Reference.com
2022: 2-5, 7.88 ERA, 20 SO,Career: 101-87, 3.86 ERA, 1193 SO, P, 2015 AL Cy, 2xAllStar, 5xGG, Astros/WhiteSox/... 2012-2022, t:L, 1x W Leader

ラフ・スタートが頻発していた

 ダラス・カイケルの直近の登板は現地2022年5月26日のレッドソックス戦。このゲームはレッドソックスが16-7と完勝したのですが、その要因となったのがカイケルの乱調。ダラス・カイケルは2イニングで55球を費やし、被安打7、失点6、BB2、SO4、HR2とゲームを作ることが出来ませんでした。

カイケルのラフ・スタートは今季3度め

 現地2022年5月28日時点で、ダラス・カイケルは8試合に先発しているのですが、このうちゲーム序盤で崩れたラフ・スタートが3度もあります。

  • 4/20 @CLE: 1.0IP/ 10 Hits/ 10 Runs(10 ER)/ BB1/ SO0/HR1
  • 5/21 @NYY: 4.0 IP/ 6 Hits/ 6 Runs (6ER)/ BB3/ SO0/HR1
  • 5/26 vs BOS: 2.0 IP/ 7Hits/ 6 Runs (6ER)/ BB2/ SO4/ HR2

 上述のレッドソックス戦でのラフ・スタートは2試合連続だったのです。カイケルが投げると、ゲームが崩れてしまうというのが続けばさすがにフロント・オフィスも考えざるを得ないところですが、シーズンの1/4を消化した時点での決断は「早いな!」と驚くばかりです。

 今季のここまでの成績は、8試合、32.0IPでERAは7.88。S09/BB9ともに5.6、HR9は1.7、H9は13.8。もともととびきりボールが速い訳ではないので、被安打数は多い投手。サイ・ヤング賞を獲得した2015年においても7.2。カイケルの場合、せめて一桁に納めたいところではあります。

現契約

 ダラス・カイケルの現契約は2019年12月にホワイトソックスとサインした時のものです。

  • 3年/$55.5M (2020-22) + 2023 $20MクラブOpt($1.5Mバイアウト)
    • 支払い:$18M(2020-2022)

 2023年のクラブオプションはカイケルが2022年終了後にフィジカル的に問題がないこと、そして直近2年の2021-22シーズンに320IP超え、このうち2022年に160IPは超えておかなければならないという設定がされていました。もう、これはべスティング・オプションのようなものですね。

 2022年が崩れた時点で当然オプションには該当しなくなるのですが、2021年は162.0IPを達成していました。よって、もし同じペースであればオプションの成績の部分はクリアーしていたかもしれません。それも数字があってのことということですね。

カノーと同じパターンが予想される

 ダラス・カイケルの$18Mサラリーを日割りにすると、今季の残額は $14,456,044という数字が出ています。これはバイアウトの$1.5Mも入った数字です。

 もし、カイケルをトレードやウェーバーでクレームオフしてしまうと、新しいクラブがカイケルの残額を負うことになるため、それは見送られるでしょう。リリースとなり、FAとなると、新しいクラブがメジャー最低年俸(今季は$0.7M)の日割り分で契約することになります。

 そしてホワイトソックスは残額を負う義務が残ります。

手を上げるクラブは出てくる

 おかしなもので、DFAからリリース、そしてFAとなって、次のクラブに入るときっちりと稼働するケースがあります。これは不振期間がDFAにより断ち切られ、この7日以上空く期間で体調面や精神面でなんらかのリセットが行われるゆえと筆者は推測しています。あとは、追い込まれた感もあるでしょう。選手寿命に関わるような怪我を持っているならそれは難しいですが、そうでないと少なくともDFA前よりはいい成績になったりします。

 左腕で長いイニングを投げる投手が欲しいクラブはありますので、おそらく次の所属先は決まると思います。

34才

 ダラス・カイケルは1988年1月1日生まれで現時点で34才。年齢的には微妙ではありますが、腕に怪我がなければ上述のようにチャンスが生まれてくる投手。

 ドラフトは2009年のアストロズの7巡目指名。デビューは24才の時で、2012年6月です。

 ここまで通算成績は、101勝87敗、ERA は3.86。サイ・ヤング賞を獲った2015年には232.0イニングに登板。短縮シーズンとなった2020年は6勝2敗でサイ・ヤング賞5位の得票。

 打たせて取る投手の真骨頂とも言うべく、ゴールドグラブ賞は5度受賞していました。

 次はいい結果が出ればと思います。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました