スポンサーリンク

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き

急遽、トレードが決まっていた!

 現地2022年5月16日、フェンウェイパークではアストロズ@レッドソックス戦が行われていました。

 今オフ、FAでツインズに移籍したカルロス・コレアの後のSSは、開幕からプロスペクトのジェレミー・ペーニャが守っていました。しかし、この日のラインナップを見ると、マウリシオ・ドゥバンの名前が。

 実はマウリシオ・ドゥバンはジャイアンツからアストロズへトレードされていたのです。

トレード概要

 ドゥバンのトレードが決まったのは現地2022年5月14日のこと。ジャイアンツはドゥバンを出して、キャッチング・プロスペクトを獲得したのでした。

アストロズGet

  • マウリシオ・ドゥバン(Mauricio Dubón/27)SS, 2B, 3B & CF/右投げ右打ち

表記

 過去、当ブログではDubonの日本語表記をドゥボンと記しておりましたが、どうやら正解はドゥバンのようです。Baseball Referenceの発音表記を見ると、 \do-BAHN\となっているのですが、ドゥバーンと伸ばすよりも、ドゥバンと普通に読めば、バーンと伸びるように聞こえるため、ドゥバンと記すようにしたいと思います。

ジャイアンツGet

ドゥバン、新天地でチャンスを

 今季、ジャイアンツで23試合に出場していたドゥバンは、途中交替を入れたスタメンでの出場は10試合、このうちフル出場は8試合でした。後はほぼゲーム終盤の守備固めという出場に留まっておりました。

 SSのブランドン・クロフォードの壁は厚く、SSに就くのはクロフォードが後半に退くパターンのみで、最も多く守備に就いたのはCFとしてでした。本来はSSで、2Bはチャンスでもあったのですが、タイロ・エストラーダの後塵を拝しており、立場は厳しいところに置かれていたのも事実。

 ドゥバンにはすでにマイナーリーグ・オプションが残っていないこともこのトレードが決まる決定打の一つとなってしまいました。

 これらを総合してドゥバンも、何が起ころうとしているのかはわかっていたらしく、妻にもその旨を話し、準備をしていたとのことでした。ただ、どこのクラブへの移籍になるのかまではわからなかったようです。

ダスティー・ベイカーのアストロズへ

 そして決まったのはアストロズ。

 14日のトレード決定時、アストロズは11連勝中で、ドゥバンはそんな強いクラブの一員に加わることに興奮していたようです。アストロズも上述の通り、メインはジェレミー・ペーニャを起用すると思われますが、ドゥバンがいることで内野に厚みが加わります。

 ドゥボンはまた、ダスティ・ベイカーとも縁があったようで、ベイカー監督の息子のダレンは、高校時代にドゥバンのワークアウトのパートナーの一人だったようです。そんなドゥバンにベイカー監督は、「何も変えずに、自分らしく、プレーする準備をしてほしい」と伝えており、ドゥバンも燃えているようです。

 アストロズでのデビュー戦は移籍翌日の現地2022年5月15日のナショナルズ戦。8回から守備固めとして入りました。一応、打席も回り、芯で捉えたサード・ライナーを放ったものの移籍後初安打はお預け。

 そして現地2022年5月16日のレッドソックス戦では9番SSとして先発出場。9回の第4打席に先頭打者としてハンセル・ロブレスからシングルヒットを放ち、移籍後初安打を記録しています。 

マウリシオ・ドゥバンとは?

 あらためて、マウリシオ・ドゥバンについて簡単に記しておきます。1994年7月19日生まれの27才(現地2022年5月16日時点)。ホンジュラスの出身(外部動画リンク)。

実は元レッドソックス

 ホンジュラス生まれのドゥバンですが、高校はカリフォルニアの高校に通いました。ドラフトは2013年のレッドソックスの26巡目指名。

 2016年12月、レッドソックスがタイラー・ソーンバーグ(現ブレーブス)を獲得し、トラビス・ショーをブルワーズに渡したあのトレードの1員としてブルワーズに移籍。

 そしてブルワーズではトップ・プロスペクトとして非常に期待されておりました。

 しかし、2019年のトレード・デッドラインでブルワーズがドリュー・ポメランツとレイ・ブラックを獲得したトレードで、ジャイアンツへ移籍。

  ジャイアンツではすぐにゲームに出ましたが、バックアップロールに近い出場でした。ジャイアンツ移籍後はカイ・コレアが手塩にかけて育てた内野手でもあります。

 メジャーでの通算成績は、打率.258、OBP .300、SLG .393、OPS.694、HR15、RBI 58。打撃に今ひとつ決め手がないのが、もったいないところもでもあります。

 ただ、その甘いマスクなどもあり、ジャイアンツではとても人気のある選手でした。今回のトレードではジャイアンツ・ファンにはかなり衝撃的だったようです。

ジャイアンツは捕手の中間層不足に対応

 マイケル・パピエルスキを獲得したジャイアンツですが、その目的は捕手の層を厚くするため。

 ご承知の通り、2021シーズンをもってバスター・ポージーが引退。ジャイアンツの成績の浮沈はポージーの活躍次第と言われていたほどでしたね。それだけインパクトのあった選手が引退したことで、ザイディ社長も相当頭を悩ましたようですが、開幕すれば、25才のジョーイ・バートをメインに、33才のカート・カサリをバックアップロールで起用しています。

 ただ、ジャイアンツはキャッチング・プロスペクトはいても、すぐにメジャーに呼べるようなマイナー上位のMLB候補が不足していたため、今回のパピルエンスキを獲得に動きました。

 捕手は特殊ですから、難しいですね。

マイケル・パピエルスキとは?

 マイケル・パピルエンスキは1996年2月26日生まれの26才。ドラフトは2017年のアストロズの9巡目指名。2021年からトリプルAでプレー。2021年は103試合に出場し、打率.246、OBP .379、SLG .375、HR7、二塁打 18をマーク。まあまあ打ちますね。

 マウリシオ・ドゥバンも決して容易い道ではありませんが、ぜひこの機会に羽ばたいてもたいたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました