スポンサーリンク

大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!

8イニング目に最高の盛り上がり

 現地2021年9月19日、大谷選手が、復帰マウンドで輝きました!

 右腕の痛みから17日の登板予定をキャンセルした大谷選手。最後まで二刀流を貫けるよう、今季はヘルシーなまま終わって欲しいと多くの方が願ったと思います。

 そしてラッキーなことに、腕の痛みも無くなり、登板OKということで、たった2日のスライドだけで済みました。

 復帰した大谷選手でしたが、どこまで行けるだろうと冷静に見ていましたが、なんと8イニングまで投げ、しかも熱投でしたね!

 この日、大谷選手は2番Pに入りました。

負けられないアスレチックスを相手に熱投

 とにかく、格上との分が悪いエンゼルス。やはりアスレチックスはあとひと押しできる強さがあります。エンゼルスの戦いぶりを仮に高校野球で例えるなら、強豪私学にあと1歩のところで勝たせてもらえない公立校、あるいは県NO.1の強豪私学に挑むも、最後はひっくり返されてしまうライバル私学といったところでしょうか。

 しかも、現時点のアスレチックスはポストシーズン進出に負けられない戦いを強いられており、さらに覚醒している状態。そのアスレチックスを相手に、いい投球を見せてくれたと思います。

8イニング108球

 腕の痛み直後の投球で8イニングを投げた大谷投手ですが、この日は108球。もう全開という投球内容でした。

  1. 9球
  2. 12 球
  3. 20球(申告敬遠はノーカウント)
  4. 15球
  5. 12 球
  6. 8球
  7. 14球
  8. 18球(申告敬遠の1球はノーカウント)

2被弾

 すでにご承知のように、この日はアスレチックス打線を被安打5に抑えたものの、2失点。2本のHRを浴びました。

 1本目は、3回表にヤン・ゴームズに浴びたソロHR。ハンギング・スライダーになってしまいましたね。CFへの大きな当たりでした。

 2本目は4回表に、マット・オルソンに浴びたソロHR。こちらは95.4mphの4シーム。こちらも甘めに入ってしまいました。

スプリッター全開!55球!

 驚いたのはこの日のスプリッターの多さ。これは識別間違いもあるかもしれませんが、公式サイトでは計55球。この日投げたのは上記の通り、108球ですから、もはや半分ですね。

  • 1回:5球
  • 2回:4球
  • 3回:9球
  • 4回:9球
  • 5回:7球
  • 6回:4球
  • 7回:9球
  • 8回:8球

 次回以降に影響がなければと思いますが、これだけアスレチックス打線を相手に挑んで行ったということも言えるでしょう。

8回の満塁のピンチを切り抜け、盛り上がる

 0-2と2点ビハインドで推移したこのゲーム。8回表、大谷選手に試練が訪れました。

 先頭のトニー・ケンプにストレートの四球。際どかったのは初球のみでしたから、疲れが出ていたと見ていいでしょう。

 1アウト後、マット・オルソンには3ボールとなったところでこの日、2度めの申告敬遠を選択。マーク・カナとの勝負を選んだものの、死球。これで1アウト満塁の大ピンチに。

 つづくジェド・ラウリーはスライダーでうまくタイミングを外し、SSポップフライで2アウト。ここでマット・チャップマンを迎えます。勝負どころです。初球のスプリッター以外はほぼ枠近辺に。ファウルで粘られ、並行カウントまで持ち込まれましたが、最後はスプリッターで空振り三振に仕留め、ガッツポーズ。

 追加点を防ぎました。

 この日の大谷投手は、被安打5、失点2、与四球3(うち申告敬遠2)、与死球1、奪三振10、被本塁打2。熱投でした。

エンゼルス、ロモから同点打!

 大谷選手に負けがつきそうなペースで進んでしまいましたが、エンゼルスは9回裏、クローザーで上がったセルジオ・ロモからフィル・ゴセリンが二塁打で出塁。つづくジャレッド・ウォルシュもシングルで続き、ノーアウト・ランナー1、2塁と同点のランナーを出しました。

 つづく、ホセ・ロハスがRFへタイムリーを放ち、まず1点。そしてRFのセス・ブラウンの暴投で、ジャレッド・ウォルシュも還り、2−2のタイスコアに持ち込みます。

 このままサヨナラと行きたかったところですが、ルー・トリビーノがマウンドに上がり、ノーチャンスに。

 迎えた10回表、アスレチックスはマーク・カナがライセル・イグレシアスからシングルを放ち、オートマチック・ランナーのマット・オルソンが3塁に。つづくジェド・ラウリーが犠牲フライを放ち、3-2と勝ち越しに成功。

 ゲームは3-2でアスレチックスが勝利しました。

アスレチックスがエンゼルスをスイープ!

 アスレチックスはエンゼルスとの最終戦を終え、今季15勝4敗と、大のお得意様にしてしまいました。

 そしてシーズン成績を82勝67敗とし、首位アストロズとは依然6ゲーム差。ワイルドカードの方ですが、現時点で4位。しかし、まだ10%ほどポストシーズンへの可能性を残しています。

【AL ワイルドカード順位】

  • レッドソックス: 86-65
  • ブルージェイズ: 84-65
  • ヤンキース:83-67
  • アスレチックス: 82-67
  • マリナーズ: 80-69

 大谷選手の二桁勝利への挑戦ですが、この日は相当頑張ったので、次回登板は明日以降のコンディション次第ではないでしょうか。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました