スポンサーリンク

【MLB】大谷選手の2021シーズンが終了。最終戦で46号、100RBIも達成

最終戦で1本!

 現地2021年10月3日、ベーブ・ルース以来100年間もやってこなかった二刀流の活躍をしてきた大谷選手の2021シーズンが終了しました。

 その最終戦では、マッドン監督も少しでも打席が回り、そしてエンゼルスにも勝機が来るように1番DHで起用しました。

第一打席で46号!

 マリナーズ先発は左腕のタイラー・アンダーソン。菊池投手は、ILではなかったのですが、最終戦でも投げることはありませんでした。

 パワー・ピッチャーではなく、半速球でボールを動かしてくるタイプの左腕ですが、立ち上がり、ボールが甘いところを大谷選手は見逃しませんでした。3球目のカットボールが真ん中高めに来たところをフルスイング。これがラインドライブでライトスタンドに入るリードオフHRに。

 大谷選手はこのHRで今季46号。9月のHRはこれで4本目。やはり警戒されましたので、ペースは落ちました。9月21日のアストロズ戦でのHR以来10試合空いてしまいましたね。

100 RBIを達成

 このHRで大谷選手は、今季100RBIを達成。今季はまず最後までヘルシーに二刀流を貫いてもらいたかったというのがありました。そんな中でHRキングを狙えるところまで行きました。46という数字だけでやはりハッとするものがありますね。

 そしてできれば達成して欲しかったのが100RBI。これを最終戦で達成したのは、ファンへの挨拶のような気もします。

 この日は、HR→申告敬遠→三振→申告敬遠→三振で3打数1安打、1 RBI。

2021年のスタッツ

投手

 今季の投手としての成績はご覧の通り。

試合数IPW-LERERAHRBBSOBB9SO9
23130.19-2463.1815441563.010.8

 大谷投手は残念ながら、二桁勝利はなりませんでしたが、10勝以上を上げた投手はア・リーグでは28人しかおらず、両リーグ通じても54名のみです。1クラブで2名も出ていない割合です。それを打者と平行しながら、やっていたのですから大変なことをやっていのはこれだけでもわかります。

打者 

 打者としての主要な成績はご覧の通り

HRAv.RBISLGSBBBIBBXBHISO
46.257100.59226962080.335
MLB3位86位18位4位8位5位2位2位1位
AL3位45位13位2位5位3位1位2位1位

 46HRはご承知の通り、MLBトップ3の数字。そして100RBIはア・リーグでは上に12名しかおらず、ミッチ・ハニガーと同じ数字です。これを10勝に挑もうかという投手がやってのけた訳ですね。

登板翌日にもスタメン

 HRのペースが落ちたのは技術的にも原因があったでしょうが、普通は疲れが出て試合に出るどころではないと思います。下手をすれば、腰など痛め、故障するケースも。

 通常、投手は早い人で中4日でどんどん投げますが、もちろん登板翌日は体を休めるゆとりがあります。ところが大谷選手は、ずっと出続けていたわけですから、疲れが出て当然です。

 それでも投打にわたり、上記の成績を出してきたわけですから、想像を絶する凄さなのがわかります。

気遣いもあったはず

 DHのあるア・リーグで登板日にDHを解除して登板していた大谷選手は、かなり気も遣ったのではないか?とも想像します。23試合分、一人の枠が無くなるわけですから、それを気にする選手も当然いたでしょう。おそらく、視野の広い大谷選手はそこも考慮して結果にこだわり続けたとも思います。

 これがメディアもファンも厳しい東海岸のクラブなら、二刀流は出来なかったかもしれませんね。大谷選手の記事はまた改めて書きたいと思います。

 とにもかくにも、大谷選手は日本に明るい話題を提供し続けてくれました。

 その意味でも感謝の気持ちを送りたいです。今シーズン、お疲れ様でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました