スポンサーリンク

【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!

前日23時終了→13時半デーゲーム先発

 現地2022年5月5日、フェンウェイ・パークではエンゼルス@レッドソックスの3ゲームシリーズの最終戦が行われ、予告先発通り、大谷選手がマウンドに上がりました。今季5度目の先発です。前回登板は4月27日のガーディアンズ戦で、その後鼠径部を傷めましたので、中7日を空けての登板となりました。

 前日のナイト・ゲームはほぼ11時PMに終了(ローカル時間で7時10分PMスタートのゲームは延長までもつれ、結果、3時間42分の試合時間に)。選手たちがスタジアムを出たのは日付が変わってからになったでしょう。Game3で先発した大谷選手はこのような環境の中でのスタートでした。尋常ではないですね。

トラウト欠場

 レッドソックス戦で大谷選手登板ということで、エンゼルスは盤石の布陣で臨むかと思われましたが、マイク・トラウトが欠場となりました。トラウトは怪我ではなく、休養ということで次のナショナルズ戦から出場予定。レッドソックスは当たりが出ていないキケ・ヘルナンデスを外し、フランチー・コルデロを起用しました。

エンゼルスレッドソックス
1. ウォード RF
2. フレッチャー 2B
3. 大谷 DH
4. レンドン 3B
5. ウォルシュ 1B
6. スタッシ C
7. メイフィールド LF
8. マーシュ CF
9. ベラスケス SS
P. 大谷
1. ストーリー SS
2. デバース 3B
3. ボガーツ SS
4. J.D. DH
5. ベルドゥーゴ LF
6. コルデロ RF
7. ダルベック 1B
8. JBJ CF
9. プラウェッキ C
P. リッチ・ヒル
現地2022年5月5日、スタメン

 冷静に見て、今のエンゼルスは非常に強いです。この日はトラウトが欠場しましたが、大谷→レンドン→ウォルシュが続くだけでも相当怖い打線です。トラウトがいたら、どれだけ迫力があったことか。リードオフのウォードも素晴らしい活躍を継続しており、さらにマーシュ、スタッシも得点の欲しいところで打つケースが多いです。そして、悪球打ちのフレッチャーが戻ってきました。ハイボールが通用しません。そして、守備での貢献度が打撃以上に価値をもたらしているベラスケス。言ってみれば、とても良いサイクルに入っているのが今のエンゼルス。スペックそのものを出力出来ているようないいサイクルですね。

スコア以上に緊迫した展開 

 すでに大きなニュースにもなっているこのゲームは大谷選手の大勝利のようなゲームで、レッドソックス目線で行けば、なんと悲惨な敗戦!というスコア。しかし、実はスコア以上に非常に緊迫した展開が続きました。

 6イニングまではスコアレスが継続。エンゼルスが序盤にリードして大谷選手が5回で降板という楽な展開ではなかったのです。

リッチ・ヒル、5回1ヒッター

 緊迫した展開となった理由はレッドソックス先発のリッチ・ヒルがそのエンゼルス打線を苦しめた点にあります。リッチ・ヒルは、立ち上がりの3イニングをパーフェクト。

 リッチ・ヒルは5回、68球を投げて、1ヒッター、6奪三振の素晴らしい投球内容でした。

 打たれた1安打は4回表に、大谷選手がCFへ放った大きなシングル。これはあと数センチでブルペンに入るHR性の当たりでもありました。シングルになったのは、前のランナーのテイラー・ウォードが落球に気づくのが遅れ、タッチアップのタイミングでスタートを切ったため。足止めを食らったわけですね。名手ジャッキーも、太陽が重なってしまいました。

デバースでギアを上げた大谷選手

 現時点でのレッドソックス打線は、ラファエル・デバースとザンダー・ボガーツの2人をマークしておけばなんとかなるというのが冷静な見方です。96mph近辺のボールに普通に対応しているのはこの2人くらい。後は振り遅れ気味。

 大谷投手は、立ち上がりから冷静な投球。これはスタッシのリードも良かったと思います。見応えがあったのは、ラファエル・デバースとの対戦。第1打席ではバックドア気味のアウトコースへのカーブをうまく使って三振。ただ、これは振り逃げになりました。

 デバースとの2回目の対戦も、同じような攻め方となりましたが、さすがのデバースは、第2打席ではLF前にうまく弾き返し、バックドアに即座に対応。

 見応えがあったのが5回裏の第3打席。2アウトながら、スコアリング・ポジションにランナーを置いてというシチュエーション。ここで大谷選手のギアが上がりました。100.3mph → 99mph → 80.6mph(カーブ) → 99.6mph(ファウル)と、100mph近辺のファストボールを連発。最後は91.9mph のスプリットが懐に決まり、見逃し三振。これは見応えがありました。

 大谷選手は6イニング目も辛抱が続きます。というのも、6回表は、レッドソックスはリッチ・ヒルからタナー・ハウクへスイッチし、三者連続三振に斬って取り、流れを作りそうな投球をしたからです。

 大谷選手は7回表にようやく2点の援護を受け、その裏のレッドソックスの攻撃を抑え、降板。

 7回、99球を投げ、被安打6、スコアレス、奪三振11、与四球なしという素晴らしい投球を披露しました。

殊勲はレンドンが選んだ四球

  ハウクが7点を奪われたのですが、上述の通り、6イニング目は三者連続三振を奪うなど、ボールも切れていました。では、なぜ7回に先取点を奪われ、8回に崩れたのか?と言えば、7回表のアンソニー・レンドンの四球にあったと見て良いように思います。

 先頭の大谷選手がCFフライに倒れて1アウトとなった後、アンソニー・レンドンも簡単に追い込まれます。ただし、タイミングがあったファウルで2ストライクとなっただけ。レンドンは、ハウクの持ち球である4シーム、スライダー、スプリットといずれもいい内容のファウルで対応。いずれも捉えていたのです。2ストライク後のボール3つも、ハウクとすれば、目先を変えたコースで4シーム、スライダー、シンカーと投げ分けたのですが、レンドンはきっちり見切っての選球。

 こうなるとハウクとすれば、投げるボールが無くなってしまい、むしろハウクが追い込まれた状況に。結果、9球を費やし、最後はスライダーがアウトコースにはずれて四球。

 この後、ジャレッド・ウォルシュにはスライダーをうまくRFポール際に放り込まれ、2点の先制を許してしまいました。

 そして8回はその影響か、コントロールに精度を欠き、4球を挟んで4連打などで3失点。

 後を継いだカッター・クロフォードは、ジャレッド・ウォルシュをいいコースで詰まらせたものの、オープンスペースに打球が飛ぶという不運もあって、計5失点でゲームが決まりました。

  エンゼルスが8-0のスコアで大勝。大谷選手に3勝目がついたのでした。

JBJがただ一人大谷選手に対応

 打撃にはあまり期待が持てないジャッキー・ブラッドリー・Jr.ですが、どうも大谷選手に合うようで、この日は大谷選手から3打数2安打と元気の良いところを見せました。

 守備のいいジャッキーがCFで太陽が目に入り、落球(これは記録はヒット)。しかし、打撃でこれだけ貢献するとは思いませんでした。

 レッドソックスは6月にもエンゼルスと対戦があります。今度はエンゼルス・スタジアムでの4連戦。その時までにはチーム力が上がり、火花の散るような対戦になることを願ってやみません。

 なお、大谷選手は降板後もDHとして残り、打撃では4打数2安打、1RBI。

敵目線で見ると、さらにわかるその凄み

 先発投手で100mphという強いボールを投げ、代名詞となるウィニングショットを持ち、しかも四球が0というのはもはやリーグのトップクラスの投手です。また、いつスタンドに持っていかれるかもしれない長打力のあるバッター・・・・それを一人でやっているのが大谷選手で、対戦相手目線でそれを見た時にその凄さがさらにわかったようなゲームでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました