スポンサーリンク

【MLB2022オープニング】大谷選手、1番P-DHで出場!9SOを上げるも、F・バルデスが勝利をもぎ取る

大谷ルールでオープニング

 現地2022年4月7日、MLBの2022シーズンが開幕。

 エンゼルスは強者アストロズをアナハイムに迎えてのオープニングで、前年に怪我で出場できなかったマイク・トラウト、アンソニー・レンドンをスタメンに連ねる布陣で、初勝利を目指して戦いました。

スタメン

 エンゼルスの1-3番はかなり強いメンバーが入っていますね。

アストロズエンゼルス
アルトゥーベ-2B
ブラントリー – DH
ブレグマン- 3B
アルバレス-LF
グリエル-1B
タッカー-RF
ペーニャ-SS
マコーミック-CF
マルドナード-C
【P】F・バルデス
大谷翔平-P&DH
トラウト-CF
レンドン-3B
マット・ダフィー-2B
アデル-LF
ウォルシュ-1B
スタッシ-C
マーシュ-RF
フレッチャー-SS

コレアの跡にジェレミー・ペーニャ

 一方のアストロズはSSに、カルロス・コレアの抜けたSSには、24才のジェレミー・ペーニャが入りました。右投げ右打ち。2018年のアストロズ3巡目指名のSSです。

Jeremy Peña Stats, Fantasy & News
Jeremy Peña Stats, Fantasy & News

大谷選手、安心の投球

 ファースト・ピッチを投げることになった大谷選手。初球はひっかかってボールとなりましたが、いきなり99.8mphを出していました。

 先頭打者のホセ・アルトゥーベはスプリットで見逃し三振。次打者のマイケル・ブラントリーには初球を叩かれ、LF前シングルを許すも、アレックス・ブレグマンをSSゴロに打ち取って、2アウト。SSにはデービッド・フレッチャーが入っています。

 その後、ヨルダン・アルバレスに四球を出したものの、ユリ・グリエルを1Bポップフライに仕留め、無失点で切り抜けました。1回は19球。

 大谷選手は、3回表2アウトから、マイケル・ブラントリーに二塁打、アレックス・ブレグマンにLF前シングルを許し、1点を先制されたものの、失点はこの1点のみ。

 5回表に、先頭のチャズ・マコーミックに二塁打を許し、2アウトまでこぎつけたところで、この日、2安打されているマイケル・ブラントリーを迎えたところで、降板。4.2イニング、80球を投げ、被安打4、失点1、与四球1、奪三振9と見ていて安心出来る投球を披露しました。

 スプリングトレーニングが短く、調整が難しかったと思いますが、バッチリ仕上げてきましたね。

大谷ルール適用

 そして降板後も、新ルールを使い、DHとしてゲームに残りました。

アーロン・ループも登板

 大谷選手が降板後は、アーロン・ループが登板。5回2アウトからマイケル・ブラントリーを三振。6回もマウンドに上がり、ブレグマン、アルバレスと打ち取ったところで降板。1.0イニングをピシャリと抑え、エンゼルスは早速、補強の効果を見せました。

ライアン・テペラ、全てHR性の当たりを許す

 オースティン・ウォーレン、ホセ・キハーダとリレーしたエンゼルス。8回にはホワイソックスからFAとなり補強したライアン・テペラをマウンドにあげますが、そのライアン・テペラは8回の代わりばな、アレックス・ブレグマンとヨルダン・アルバレスに2者連続HRを許し、アストロズに追加点。0-3のスコアに拡げられます。

 その後はグリエル、タッカー、ペーニャと抑えたのですが、いずれもHR性の深い当たりを許す、かなり危ない投球。

 筆者はライアン・テペラのフォームが好きなので、頑張ってもらいたいのですが、今少し、チューンナップが必要かもしれません。

フランバー・バルデスが抜群の投球

 大谷選手以上によかったのがアストロズのフランバー・バルデス。当初はジャスティン・バーランダーも見込まれていたのですが、トミージョン手術明けの初戦になるため、ここはアストロズが回避しました。エンゼルスにとってはバーランダーの方がむしろ与しやすかったかもしれません。

 これはてこずりそうと思っていたのですが、予想以上に手こずりましたね。

 フランバー・バルデスは7回途中の6.2イニング、84球を投げ、被安打がたったの2。与四球1,与死球1で、奪三振が6。

 大谷、トラウト、レンドンの3人には、トラウトに1安打を許したのみ。

 2回1アウトから7回まで打者15人連続を打ち取る離れ業を見せました。

 左腕でファストボールを95mphも計測するだけでも相当打ちにくいと思うのですが、彼の場合、78mphほどのカーブが抜群です。それにチェンジアップですね。これが85−88mphほど。まるで全盛期のヨハン・サンタナを見るような投球でした。一見、速く見えないのが余計に良いですね。

 良いメンバーで臨んだエンゼルスでしたが、8回にフィル・メイトンから1点を奪うのが精一杯。しかもこれはヨルダン・アルバレスの打球判断ミス。

Houston Astros at Los Angeles Angels Box Score, April 7, 2022 | Baseball-Reference.com
Houston Astros beat Los Angeles Angels (3-1). Apr 7, 2022, Attendance: 44723, Time of Game: 3:15. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play...

 トラウトとレンドンを要しても良い投手はなかなか打てないということですね。

 エンゼルスはペナントを狙うには戦力的には今季が最適です。どう戦うのか、注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました