スポンサーリンク

【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒

エンゼルス、好調レイズを圧倒する打撃力

 現地2022年5月9日、レイズ@エンゼルスの好調なクラブ同士の3ゲームシリーズが始まりました。レイズがAL東地区2位の18勝11敗、エンゼルスがAL西地区首位で19勝11敗(ゲーム開始前の成績)。

 レイズが左腕のジェフリー・スプリングス、エンゼルスが、”Thor(ソー)”こと、ノア・シンダーガードの先発。序盤3回はジェフリー・スプリングスの方が安定した投球を見せ、ノア・シンダーガードがなんとか凌いできたという投球でしたが、4回表、ついにノア・シンダーガードが失点しました。

ゲームの流れ

 つまり、両クラブともにスコアレスながら、押し気味にすすめていたレイズがついにゲーム中盤均衡をやぶったという流れでした。

 ところが一旦、均衡が破れると、それがたとえ相手クラブの得点であろうと、怒涛のように自軍も得点してしまうというのが野球でよく見られる流れ。

 この日、エンゼルスはレイズの先制点により、攻撃陣に火が点きました。

4回以降のゲームの流れ
  • 4回表(TBR)
    R・アロウザリナがRFへソロHR 【TBR 1 @ 0 LAA】

    N・シンダーガードは2アウトから失点

  • 4回裏(LAA)
    J・ウォルシュが逆転の3ランHR 【TBR 1 @ 3 LAA】

    1アウトから、M・トラウト、大谷が連続ヒットでチャンスメイク

  • 6回表(TBR)
    LAA、シンダーガード→テペラのリレーがうまく機能

    N・シンダーガードが6回1アウトを奪ったところでライアン・テペラに交替。このスイッチがうまく機能し、裏の攻撃につながる

  • 6回裏(LAA)
    トラウト、大谷のBack to Back HR 【TBR 1 @ 6 LAA】

    レイズは5回から登板のビークスが2イニング目。

    先頭のマーシュがシングル→トラウトが2ランHR→大谷が左中間へソロHR

  • 7回表(TBR)
    A・ループが右打者に苦戦 【TBR 3 @ 6 LAA】

    R・テペラがM・ズニーノ、B・ロウを連続三振で2アウトを奪うも、W・フランコにシングル、Y・ディアスに四球を与え、左打者を迎えたことで、LAAはA・ループにスイッチ。しかし、TBRはPHに右打者のH・ラミレスを起用。CF前シングルを許し、1失点。つづくスイッチ・ヒッティングのテイラー・ウォールズの打球をタイラー・ウェイドがトンネル。2失点目。しかし、キアマイアーのPH、フランシスコ・メヒアを抑え、チェンジ。

  • 7回裏(LAA)
    大谷選手がLFへグランドスラム 【TBR 3 @ 11 LAA】

    レイズの投手はカルビン・ファウチャーにスイッチ。

    チャド・ウォーラックがシングル→A・ベラスケスが四球→B・マーシュがシングルを放ち、ノーアウト満塁。M・トラウトが四球で歩き、押出で1点を追加。
    満塁が続き、大谷に!ややインコースのスライダーをLFブルペンに放り込む、技ありのHRがグランドスラムに。

  • 8回表(TBR)
    ジミー・ハーゲットが3人で打ち取る【TBR 3 @ 11 LAA】

    大量得点直後のイニングをハーゲットが3人できっちり抑えました。

  • 8回裏(LAA)
    2本のダブルが出るも無得点【TBR 3 @ 11 LAA】

    T・ウェイド、A・ベラスケスにダブルが出るも、得点ならず

  • 9回表(LAA)
    カイル・バラクローが登板【TBR 3 @ 11 LAA】

    余裕の出来たLAAはカイル・バラクローに9回を任せ、逃げ切りに成功

エンゼルスの攻撃力

 エンゼルスの攻撃力はご覧のように波状攻撃です。何段構えだ?というくらいに打つ選手が後から後から出てくるという具合。レッドソックスや阪神のゲームを見ている筆者にとっては羨ましい限りです。

 クラブの得点数がこのゲームを終えて150に。これはア・リーグはもちろんのこと、両リーグを合わせても最多です。2位がNL中地区のブルワーズで143です。MLB最少得点はタイガースの78。いずれも現地2022年5月9日のゲームを終えた時点での成績です。

大谷へのフリーパスを渡さない打線

 今年のジャッキー・ロビンソン・デーでエンゼルスのジョー・マッドン監督は、満塁でコーリー・シーガーにフリーパスを与えました。

 ケビン・キャッシュ監督も大谷選手にグランドスラムを打たれる前にひょっとしたら、その考えが頭をよぎったかもしれません。しかし、大谷選手と勝負し、結果はグランドスラムに。

 勝負を選んだ背景には、1つはリードされている状況であったこと、そして大谷選手の後ろにアンソニー・レンドンとジャレッド・ウォルシュがいたことが挙げられます。2021年は怪我人ばかりで、このような効果を期待できませんでしたが、今季はこういうことでプレッシャーをかけられるので、強いですね!

大谷選手のグランドスラムはキャリア初 

 7回に技ありのグランドスラムを見せた大谷選手は、なんとプロでのキャリアでは初の出来事となりました。

 ちなみにマルチHRを放ったのは今季は2度め。通算で8度めです。

 そして通算HR数を99本としました。

トラウト、ティム・サーモン超え

 4回に今季7号となる2ランHRを放ったマイク・トラウトは、このHRでエンゼル・スタジアムでのHR記録を塗り替えました。これまではティム・サーモン(1992-2006)の160HRが最多でしたが、トラウトの161に変わりました。これから何本まで伸ばすのでしょうかね?

 エンゼルス、今はまだまだ貯金を作っておきたい時期です。やがて厳しい局面は訪れますから、今はがんがん攻めていきましょう。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました