スポンサーリンク

【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる

パドレス @ マイアミ戦

 現地2022年8月15日、東海岸への遠征中のパドレスは、この日からマイアミに南下してマーリンズとの3ゲームシリーズ。

 直前のナショナルズとの3ゲームシリーズをなんとか2勝1敗で勝ち越したものの、ダルビッシュ投手登板日に落したのが痛かったです。アニバル・サンチェスも好投しましたが、あと1推しできればもう少し楽な展開になったのにとは思いますが、これはもう致し方ありません。

 今度はサンディエゴでナショナルズと当たりますので、その時はダルビッシュ投手への援護もお忘れなくというところです。

San Diego Padres at Washington Nationals Box Score, August 13, 2022 | Baseball-Reference.com
Washington Nationals beat San Diego Padres (4-3). Aug 13, 2022, Attendance: 33661, Time of Game: 3:31. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score,...

 そしてシリーズのオープニングとなったこの日は、マーリンズがサンディー・アルカンタラ、パドレスはジョー・マスグローブという顔合わせ。力のある右腕同士の投げあいで注目が集まりましたが、サンディー・アルカンタラがすごみを見せました。

サンディー・アルカンタラ、7回をスコアレス

 サンディー・アルカンタラは2回を終了して、パドレス打線から4三振を奪う好調ぶりで、これはパドレス先発のジョー・マスグローブにもプレッシャーを与えたと思います。

 4回表に2アウトからソトが四球で出塁し、マチャードがシングルで続き、スコアリング・ポジションにランナーを進められましたが、ジョシュ・ベルには90mph後半のファストボールで追い込んで、最後はチェンジアップで見送り三振。肝心なところはギアをグンと上げてきますね。

 その後もアルカンタラは危なげない投球を披露。7回、108球を投げ、被安打4、スコアレス、与四球2、奪三振7という内容でした。

2022 NL サイ・ヤングがまた近づく投球

 サンディー・アルカンタラはこの日の投球を終え、173.0 IP。これは両リーグを通じてダントツのトップ。2位がフィリーズのアーロン・ノラで152.2 IP。

 ゲームログはご覧の通り。

#DateOppRsltInngs勝/敗
1Apr 8@SFGL,5-6GS-5
2Apr 14PHIW,4-3GS-7W(1-0)
3Apr 20STLL,0-2GS-8
4Apr 26@WSNW,5-2GS-6W(2-0)
5May 1SEAL,3-7GS-6L(2-1)
6May 6@SDPL,2-3GS-5L(2-2)
7May 11@ARIW,11-3GS-7
8May 16WSNW,8-2GS-8W(3-2)
9May 22ATLW,4-3CGW(4-2)
10May 28@ATLW,4-1GS-8W(5-2)
11Jun 2SFGW,3-0GS-7W(6-2)
12Jun 8WSNW,2-1GS-9
13Jun 13@PHIL,2-3GS-8
14Jun 19@NYMW,6-2GS-8W(7-2)
15Jun 24NYML,3-5GS-7L(7-3)
16Jun 29@STLW,4-3CGW(8-3)
17Jul 5LAAW,2-1GS-8W(9-3)
18Jul 10@NYMW,2-0GS-7
19Jul 15PHIL,1-2GS-8L(9-4)
20Jul 24@PITW,6-5GS-6
21Jul 29NYML,4-6GS-5
22Aug 3CINW,3-0SHOW(10-4)
23Aug 10@PHIL,3-4GS-8L(10-5)
24Aug 15SDPW, 3-0GS-7W(11-5)
サンディー・アルカンタラのピッチングログ(現地2022年8月15日時点)

 とりわけすごいのが、5イニング未満がないということ。さすがに敗戦投手になった時には5イニングで退いてはいますが、たとえ敗戦がついた日の登板でもその投球内容の良さで僅差のゲームに仕上げています。まとめるとこのような感じに。

  • 5イニング未満はなし
  • 6イニング以上:
    • 19試合連続(2試合目から20試合目まで)
    • 計21試合
  • 7イニング以上( = 6イニング以上の登板と重複):
    • 13試合連続(7試合目から19試合目まで)
    • 計18試合
  • 8イニング以上:12試合
  • コンプリート・ゲーム(完投):3試合(シャットアウトの1試合も含む)
  • シャットアウト(完封):1試合

 そしてこの日の登板で11勝目(11勝5敗)。

 ERA 1.92はMLBでバーランダーの1.85に次ぐ2位。ナ・リーグではトップです。

 奪三振数152はMLBで9位、ナ・リーグでは4位。三振の数が増えれば、球数も増えるので、イニング数にも影響がある中、この数はやはりすごいですね。

 ドジャースのトニー・ゴンソリン、ブレーブスのカイル・ライトはそれぞれ14勝を上げていますが、サンディー・アルカンタラの投球内容はかなりサイ・ヤング賞に近いですね。

打線も援護

 アルカンタラの好投に応えるべく、打線も援護しました。2回にJ.J.ブレディーが先制のソロHRを放ってはずは1-0。このイニングはミゲル・ロハス、ジェイコブ・スターリングスもシングルでつなぎ、ルーウィン・ディアスが犠牲フライを放って、追加点。2-0と援護しました。

ジュリクソン・プロファー、チームメイトから怒られる 

 マイアミが先制したとは言え、スコアは2-0。パドレス先発のジョー・マスグローブも好投していたのですが、追加点はマイアミに入りました。

 それがこのシーン。

 6回裏、1アウトからミゲル・ロハスが左中間に大きな当たりを放ち、2塁打のつもりで2塁に到達しようとしたその時、なんとLFのジュリクソン・プロファーが2塁を回れとジェスチャー。3塁でアウトにする自信があったのでしょう。それを見たロハスが走塁のスピードをアップ。プロファーの送球もストライクではあったのですが、挑発しておいて結果、セーフに。三塁打となってしまいました。

 そしてその次のジェイコブ・スターリングがCF前シングルを放ち、ロハスが生還。マイアミが3-0とリードを拡げたのでした。

 僅差のゲームでしかも、第1打席でこのコンビで連打を放っていたにもかかわずこのプレー。さらに言うとマイアミのマウンドは深いイニングまで投げるサンディー・アルカンタラですから、余計な失点は避けないといけない状況。

 チェンジになってダグアウトに帰ったあと、プロファーはマチャード、マスグローブ、そしてソトから怒られます。当たり前です。マスグローブはやるせなかったでしょうね。マチャードの雷があの程度で済んでラッキーと言わざるを得ません。

 ゲームの方は、3-0でマイアミが勝利しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました