スポンサーリンク

【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮

一部明らかになったミーティングの中身

 マイアミ・マーリンズは今季は投手力が充実。シクスト・サンチェスは故障で欠いてはいるものの、エースのサンディー・アルカンタラをはじめ、左腕のトレバー・ロジャース、そしてとくに筆者は大好きなのですが、パブロ・ロペスがいいですね。

 とは言え、4月後半から5月半ばまではNLイースト2位に入っていたのですが、それ以降は4位となかなか浮き上がることがありませんでした。

 しかし、ここに来て、現地6月7日以降は10日のアストロズ戦も含めて4連勝。しかも爆発力があり、良いリズムに入ってきました。その理由ですが、どうやら現地7日のナショナルズ戦の前に行われた90分のミーティングがきっかけになったようです。

7日の90分のミーティング

 完全非公開で行われた7日のゲーム前のミーティング。スケジュールがタイトなMLBのクラブが全員揃ってゲーム前に90分もミーティングをすることはまずありません。

 これはよほどクラブ内に大きな出来事があったのだと誰もが思った訳です。それから3日が過ぎ、中身が一部明らかになってきました。

ジャズ・チズムに批判

 その中身をジョン・ヘイマンさんが記事を書かれているのですが(New York Post)、どうやらジャズ・チズムに関するトピックだったようです。 

 ただ、クリアーでない部分も多いです。キム・アングGMも口をミーティングの中身については口を固く閉ざしています。

 漏れてくるところからの推測となり、そこは本人の名誉にも関わるので可能か限り事実関係をたどると、下記の点は明らかに。

Chisholm turned ut to be the subject for criticism in the team meeting, according to sources, as teammates apparently aren’t always as enamored as fans who love the style and sizzle.

 「情報筋によると、チームメイトは必ずしもスタイルとシズル感を愛するファンほど夢中になっていないようで、チズムはチームミーティングで批判の対象になったことが判明したそうです。」

 「シズル感」などが書かれてわかりにくいですが、ファンなら好きな選手の一挙手一投足に夢中になるものの、チームメイトはファンのようにチズムに夢中になっていない。少なくともチームメイトはチズムの所作などがあまりあまりお気に召していないようです。誤解を招くことを恐れずに書くなら、「浮いてる??」。あくまで筆者の推測です。これ以上は控えます。

チズム=ロッドマン?

One person, who suggested teammates may be “jealous,” said, “Jazz is like Dennis Rodman. He will always be a lightning rod. But he works and plays hard.”

 「ある人は(ヘイマンさん)に、チズムのチームメイトが “嫉妬している “かもしれない、と示唆した。その関係者は、チズムをデニス・ロッドマンのようだとし、まるで避雷針のようだとしながらも、『ハードに働き、ハードにプレーする存在だと指摘した。」

 確かに活躍は認めると。しかし、ちょっと目立ち方が気に食わん。そのような雰囲気にしか感じられませんね。

チズム、さらに発奮

 このミーティングの後、マーリンズは上記の通り、4連勝。特にチズムは一弾と発奮し、ミーティング直後の7日のナショナルズ戦では2HR、7RBI。8日はノーヒットながら1RUNをマーク。さらに、9日はマルチヒットを計上。10日のアストロズ戦でも2HR、3RBIで勝利に貢献しました。

 当のチズムはもう開き直っており、どこ吹く風で文句を言わせないくらいに活躍しております。 

 これはマーリンズ内の嫉妬ということであれば、チズムへ順風が吹きそうです。

 バハマ出身のチズム。まだまだ色々と進化中ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました