スポンサーリンク

【MLB移籍2020】マーリンズ、ヘスス・アギラルをウェーバーでクレーム!ビヤーとともに攻撃力アップ

マーリンズ、アギラルとビヤーをゲット

 現地2019年12月2日の情報になりますが、マイアミ・マーリンズがノンテンダーデッドラインの日にヘスス・アギラルとジョナサン・ビヤーの2人を獲得しています。

 ジョナサン・ビヤーはトレードでの獲得。こちらの記事に詳細を記載しています。

ヘスス・アギラルの獲得

 ヘスス・アギラル(Jesús Aguilar )の獲得に関してです。ヘスス・アギラルは2019年のトレードデッドラインでブルワーズから右腕のジェイク・ファリアとのトレードで獲得。

 2019シーズンの成績はブルワーズとレイズを合わせて打率.236、OBP .325、SLG .389、HR 12、RBI 50、OPS+ 87。レイズに移籍後は打率 .261、OBP .336、SLG .424、HR 4、RBI 16。

レイズからDFA 

 2020シーズンに30才となるヘスス・アギラルの2020年1月時点でのMLSは3.082。今オフは調停イヤーでした。2019年はブルワーズと$0.6375Mでの契約で合意していましたが、今オフは調停により$2.5Mのサラリーアップが予想されていました。

 $2.5Mはレイズにとっては代わりの選手との天秤にかけざるを得ないサラリー。よって、レイズは現地2019年11月27日にヘスス・アギラルをDFAとして40manロスターのスペースを空け、レッズから27才で1年めを迎えた1B兼OFのブライアン・オグレイディ(Brian O’Grady)を獲得していました。

 そしてアウトライト・ウェーバーにかけたところ、マーリンズが12月2日にクレームオフ(獲得)したという経緯です。

MIAは実質ノンテンダーFAも実行した形

 前日のノンテンダーFAのリストの記事ではマーリンズは「なし」と記載させていただいていますが、アギラルとビヤーを獲得したことで、SSとCFを守れるJT・リドル(JT Riddle)と右腕のタイロン・ゲレーロ(Tayron Guerrero)をDFAにして40manロスターのスペースを空けています。タイロン・ゲレーロはまだ手続き中ですが、JT・リドルに関してはDFA直後にFAとなっていますので、実質的にはノンテンダーを実行したようなものです。

マーリンズのプラン

 マーリンズの内野と言えば、元カブスのスターリン・カストロがすぐに思い浮かびますが、彼は今オフにFAとなり離脱は決定的。そして今回2人の内野手を獲得したわけですが、シフトを見てみます。

アギラルは1B

 ヘスス・アギラルはもう1B起用で決定。2019年、1Bを守ることが多く、打率.281を上げたギャレット・クーパー(Garrett Cooper)は登録も1BとRFとなっていることから外野での起用が多くなりそうです。

ビヤーは未知の3Bというプラン

 問題はジョナサン・ビヤーです。彼はオリオールズでは2BもしくはSSを守っていましたが、マーリンズではどうやら3B起用というプランが考慮されている模様です。

2Bにディアス、SSにロハス

 2019年のマーリンズの2Bはスターリン・カストロでしたが、2020年は23才で左打ちのイサン・ディアス(Isan Diaz)が起用されます。2019年でルーキー・ステータスは超え、1年を通じて268打席を経験させ、いわば投資してきました。2020年がフルシーズンでの最初の年になります。

 そしてSSには実績十分のミゲル・ロハス(Miguel Rojas)がおります。よってビヤーは3Bでの起用ということが考慮されています。

ブライアン・アンダーソンはOFの可能性

 ただ、2019年の3Bは26才の右打者で、WAR 3.8を叩き出したブライアン・アンダーソン(Brian Anderson)が守りました。よって、彼との競争ということにもなりそうですが、アンダーソンをOFで起用するのか、あるいはビヤーをOFで起用するのか、これはスプリングトレーニングで試す項目としてリストアップされていることでしょう。

 攻撃力を考えた場合、外野の中心は2019シーズンに打率.276、HR 11、RBI 50の成績を出したハロルド・ラミレス(Harold Ramirez)になると思います。彼はRFを中心に守りました。CFは25才のルイス・ブリンソン(Lewis Brinson)だったのですが、2019年は打率.173でした。

 ほかにユーティリティのジョン・ベルティ(Jon Berti)もいますし、2020年のマーリンズはいい攻撃力を備えることとなりました。

敗れたとは言え、マーリンズの外野陣が活躍したゲームのリンクです

 ぜひともジョーダン・ヤマモトを支援してもらいたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました