スポンサーリンク

【MLB】デレク・ジーターがマーリンズCEOを退任へ

ジーターは2017年に就任

 現地2022年2月28日、突然の大きなニュースが入ってきましたね。マイアミ・マーリンズとデレク・ジーターが、離別を発表。CEOであったデレク・ジーターは即座にその職を退任し、株式も手放すことを表明。つまり、もう完全にマーリンズの編成及び経営からは手を引くということになりました。

ジーターの声明

 ジーターの声明は以下の通りです。

“Today I am announcing that the Miami Marlins and I are officially ending our relationship and I will no longer serve as CEO nor as a shareholder in the Club.

We had a vision five years ago to turn the Marlins franchise around, and as CEO, I have been proud to put my name and reputation on the line to make our plan a reality. Through hard work, trust and accountability, we transformed every aspect of the franchise, reshaping the workforce, and developing a long-term strategic plan for success.That said, the vision for the future of the franchise is different than the one I signed up to lead.

Now is the right time for me to step aside as a new season begins.My family and I would like to thank our incredible staff, Marlins fans, Marlins players, and the greater Miami community for welcoming us with open arms and making us feel at home.

The organization is stronger today than it was five years ago, and I am thankful and grateful to have been a part of this team.”

「今日、私はマイアミ・マーリンズと正式に関係を終了し、今後CEOもクラブの株主も務めないことを発表します。

私たちは5年前、マーリンズ・フランチャイズを立て直すというビジョンを持ち、それ以降、CEOとして、私の名前や評判を賭けて、その計画を実現するべく全力を尽くしてきました。私たちは、努力と信頼と責任をもって、フランチャイズのあらゆる面を変革し、戦力を再構築し、成功のための長期戦略計画を策定しました。

とはいえ、フランチャイズの将来のビジョンは、私が契約したときのものとは異なっています。新しいシーズンが始まる今こそ、私が身を引くべき適切なタイミングだと信じています。

私たち家族は、素晴らしいスタッフ、マーリンズ・ファン、マーリンズの選手たち、そして私たちを温かく迎えてくれたマイアミの大きなコミュニティーに感謝したいと思います。組織は5年前よりも今日の方が強くなっており、このチームの一員であったことに感謝、感激しています。」

ビジョンの対立

 CBSスポーツなどは、「将来のビジョンが、契約時と異なる」というのは表向きの表現で、突然の退任は、組織内の不和であると示唆しています。ただ、その不和の要因となったのは、やはりビジョンの違いではないかと筆者などは推測しています。

 ジーターは2017年、ブルース・シャーマンのオーナーグループの一員としてマーリンズに加入。ジェフリー・ロリアから12億ドルでクラブを買収。さらに、ジーターはフランチャイズの4%の株式を保有しており、サラリーは$5Mドル/年。ジーターとマーリンズとの契約は2022年以降に満了することになっていました。

側近にはNYY関係者も

 デレク・ジーターはCEOとして、2017年以降、マーリンズのフロントオフィスや運営に大きな影響を及ぼしてきました。ジーターの側近には女性初のGMとなったアング・キムさんや、選手育成のゲーリー・デンボらがいます。さらに現場のコーチングやスタッフにも、元ヤンキースの選手や関係者が多くいます。マーリンズはそこをどうするのかは明らかにしていませんが、たぶんそのまま活用するのではないかと思われますが、彼女、彼らはちょっとやりにくくなりますね。最大の理解者がいなくなった訳ですから。

支出を嫌うオーナー・グループとの対立

 New York Postのジョエル・シャーマンさんの情報ではジーターはロックアウト後に追加で$10Mから$15Mの資金を選手獲得の資金として使えると見込んでいたものの、それに反対され、不可になってしまった。本気でマイアミを盛り上げようとしていたジーターがCEOを辞める決断をした中心的な理由はそれだと指摘しています。

 そういった背景からも今後GMのアング・キムさんも編成に苦戦することが予想されます。

CBA交渉にも影響が?

 この件に関し、メッツのフランシスコ・リンドールらは、ジーターの動きとそのタイミングを賞賛し、支出を嫌うオーナーに元選手が付き合わないという考えで賛同しています。

 CBA交渉にもなんらかの風を吹かせるかわかりませんね。

スター放出のマーリンズ

 2017年にジーターとシャーマンが就任した直後、マーリンズはサラリーシェッドを実施。クリスチャン・イェリッチ、マーセル・オズーナ、JT・リアルミュート、そしてジャンカルロ・スタントンといったトップクラスの才能を手放してきました。

 筆者はジーターはえぐいなと思っていたのですが、そうではなく、対立していた経営陣の判断が大きかったと見ていいと思います。

 ジーターはマーリンズの予算と、支出に不満を持っていたようですね。つまりはビジョンに野球への情熱があったかどうか?というところではないでしょうか。

 HOFはきっとまた別の形で野球界に貢献してくれるとは思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました